日進湖畔キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:北海道名寄市風連町(標高約165m)
  • 利用料:無料(5月~10月)
  • 問合せ:NPO法人風連まちづくり観光
  • 地 面:芝のフリーサイト(ダム湖畔・林間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)30秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:ぼっとん
  • 御料ダムのそばにあるキャンプ場です
  • 市街地から遠いので夜は星空がきれい
  • 人気がないのでソロキャンプには最適

※2017年 8月の情報

日進湖畔キャンプ場

キャンプ場の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は名寄市の南東部、旧風連町地区にある日進湖の湖畔に造られています。北側は田園風景、南側は湖と森に囲まれています。空気が澄んでいて街からも遠いので星空もすばらしい場所です。

テントサイトは芝地のフリーサイトで、駐車場からも近く、場所によっては車両の乗り入れも可能です。ただ、全体的にあまり管理がされていない様子で、やや錆びれた感が強いです。そして、近くには墓地もあるようです。ソロで一人キャンプを楽しみたい方には向いていますね。

日進湖畔キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

レンガとコンクリートで作られた流し台が設置されています。蛇口の水は飲用が可能なようです。

利用者が少ないせいか排水口に残飯も残っておらず、きれいなシンクでした。

日進湖畔キャンプ場の炊事棟

【かまど】

流し台の背面には耐火レンガで組まれたカマドがあります。

しっかりした二段式のグリルが設置されています。グリルには盗難防止の為にチェーンが繋がれていますが高さを変える事もできますので便利です。

錆びついているものが多いですが、焼き網もありました。

日進湖畔キャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレはテントサイトの西側にあります。

ぼっとんトイレです。トイレットペーパーなどの設備はまったくありません。

日進湖畔キャンプ場のトイレ

【あずまや】

あずまやにはベンチとテーブルが設置されていますが、片側に寄せられているので半分のスペースは自由に使えます。

座り慣れたマイチェアーやテーブルを持ち込んで使ったり、雨の夜はソロテントの避難場所としても使えそうです。

日進湖畔キャンプ場のあずまや

【遊具跡】

以前はここに子供が遊べる遊具が設置されていたと思われます。

一見すると焚き火サークルかと思いますが、砂場だけが残っていました。

日進湖畔キャンプ場の遊具跡

【日進湖】

テントサイトからは湖を見渡すことはできませんが、少し歩くと御料ダムに堰き止められた日進湖を見渡すことができます。

ニジマスも釣れるらしいので、釣り好きキャンパーにはおすすめですね。

ここには約300本のエゾヤマ桜が植えられており、春にはお花見キャンプが楽しめる場所でもあります。

日進湖畔キャンプ場から見る日進湖

【ドリームタワー】

テントサイトの南側には、ひときわ目立つ巨大な記念塔がそびえ立っています。

この塔は平成3年9月に建てられた高さ17mの展望台で「ドリームタワー」と名付けられています。

今は閉鎖されている様子で中に入る事は出来ませんでした。

日進湖畔キャンプ場に隣接するサンピラーパーク

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。