(※)

徳舜瞥山麓キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:北海道伊達市大滝区・標高約477m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:伊達市役所大滝総合支所地域振興課
  • 地 面:芝地のフリーサイト(山間・草原)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:簡易水洗式
  • 日当たりの良い広い芝地
  • 分かりづらい場所にあります
  • 山の麓にある静かな場所です
  • 熊出没注意です

※初回2012年 9月に訪問

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

徳舜瞥山麓キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は伊達市にあるのですが、飛び地になっている旧大滝村の大滝区にあります。 国道453号線から向かう場合、大滝総合運動公園の入口に「徳舜瞥山登山口入口この先3.3km」と書かれた小さな看板があるのでそこを曲がり、道なりに進みます。 看板通りに3.3kmほど進むと右側に案内標識があります。そこからキャンプ場までは150mほどの距離。 登山口の入口にあるキャンプ場ですが、近くに牧場があり、それほど山奥感はありません。 ここは廃校になった小学校の跡地をキャンプ場として整備されたようで、周囲は見晴らしの良いロケーションになっています。

テントサイトは芝地のフリーサイト。 草が伸びている時もありますが、草刈りされていると気持ちの良い芝地です。 平坦地が多く、車が乗り入れできるのでオートキャンプが可能です。 広い芝地の周囲は雑木林になっているので、時間帯によっては木陰になる場所もある。

徳舜瞥山麓キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟はキャンプ場の東側にあります。

スレート風の屋根がかけられたパイプ柱の建物です。 洗い場のみがあります。

照明設備はあるのですが、点灯しないこともあります。

徳舜瞥山麓キャンプ場の炊事棟

【洗い場】

炊事場のシンクはコンクリート製で全面がタイル貼りになっています。

蛇口は12か所あり、飲用が可能なようです。

調理作業用のテーブルはありませんが、シンクが浅くて広いのでシンク内をテーブル代わりに利用できそうです。

シンクの縁が広いのでマナ板も乗るでしょう。

徳舜瞥山麓キャンプ場の洗い場

【お手洗い】

トイレはキャンプ場の西側にあります。

鉄筋コンクリ―造りの高床式の建物です。 内装の壁には淡いピンク色の大判タイル、床にはブルー色のミニタイルが貼られていています。

男女別の簡易水洗式の和式トイレで少々老朽化していますが、ガラスブロックの壁があるので昼間は明るい雰囲気。

予備のトイレットぺーパーも完備されています。

徳舜瞥山麓キャンプ場のお手洗い

【体育館跡】

トイレの近くには体育館跡のような敷地があります。

一見するとテニスコートのようにも見える。体育館跡地なら、おそらくバスケットコートではないかと思います。

ここは草が生えていないので、テントやタープの乾燥撤収時に利用すると便利そうです。

スケボーやローラースケートで遊んでも楽しいかも。

徳舜瞥山麓キャンプ場のテニスコート

【テントサイト2】

キャンプ場の北側に少し小高い場所があります。

ここは見晴らしが良い。

他にテントを張るならテニスコートの周辺か炊事棟の周辺が便利で過ごしやすいでしょう。

中央付近は車両が通行するので、落ち着かないと思います。

徳舜瞥山麓キャンプ場のテントサイト2

【キャンプ場入口】

キャンプ場の入口には小さな看板が立てられています。

看板には「徳舜瞥山 ホロホロ山 登山道入口 この先2.7km」と書かれています。

小さな看板なので見落とさないように。

キャンプ場までは、ここから入って150メートル先の左側です。

徳舜瞥山麓キャンプ場のキャンプ場入口

【向かい側の牧場】

キャンプ場から道を挟んだ向かい側に牧場が見えます。

熊が出没することもあるキャンプ場なので、近くに民家があるだけで少し心強く感じます。

周辺には牧場や農家が数軒ありますが、キャンプ場からは離れているので生活音は、ほとんど聞こえません。

とても静かなキャンプ場です。

徳舜瞥山麓キャンプ場の向かい側の牧場

【駐車スペース】

キャンプ場全体が駐車場のようなキャンプ場なので、どこでも駐車することが可能です。

このキャンプ場は車中泊で利用されている方もいます。 平坦地が多いので車中泊でも過ごしやすい

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから5.1kmほど離れた場所にある 大滝区共同浴場ふるさとの湯 で日帰り入浴ができます。

なんと入浴料金が無料の男女別内湯です。

徳舜瞥山麓キャンプ場の駐車スペース

【2012年9月の情報】

霧の立ち込める夕暮れ時に到着しました。

キャンプ場の入口に「熊出没注意!」の看板があったので、少々怖かったですが、近くに牧場があるし、キャンピングカーの利用者がいたのでちょっと安心しました。

トイレ前にある広場の芝が膝下くらいまで伸びていたので、サンダルで歩き回るとびしょ濡れになりました。折り畳みの長靴を持ってきていたので良かったです。

炊事棟のそばにある木のそばでテント設営をしていると野生のリスが出てきました。

人慣れしているのか近くで写真を撮っても逃げなかったです。

2012年9月の徳舜瞥山麓キャンプ場

【2019年8月の情報】

平日の昼休憩に訪れました。

3組のキャンパーが滞在されていました。

みなさん、それぞれ離れた場所でキャンプしていたので、プライベート空間を満喫されていました。

今回訪れて気付いたのですが、炊事棟のそばに立っていた木が折れていました。 前回は、その折れた場所にテントを張っていたので、その時に折れなく良かった…

あと、「熊出没注意!」の看板が無くなっていました。 熊注意の看板が撤去されると、気持ち的に安心できますね。

2019年8月の徳舜瞥山麓キャンプ場

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

徳舜瞥山麓キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。