つるいキャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:北海道阿寒郡鶴居村(標高約31m)
  • 利用料:無料
  • 問合せ:鶴居村教育委員会
  • 地 面:芝のフリーサイト(川沿い・林間)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:あり(屋根付き)
  • トイレ:水洗・身体障害者用あり
  • 長期滞在者の多いキャンプ場です
  • 車中泊の旅人も多いです
  • ドカシーで覆われたテントも多数
つるいキャンプ場

キャンプ場の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は鶴居村市街地の北部を流れる茂雪裡川の南岸にあります。町に近くて買い出しにも便利な場所なので多くの長期滞在者がいます。比較的に霧が多い場所なので、夏場でも涼しいです。

テントサイトは芝地のフリーサイトで車の乗り入れも可能です。キャンプ場に入ってすぐの場所はキャンピングカーでの利用者が多く、反対側の木陰が多いサイトでは主にテント泊の利用者が滞在しています。

キャンプ場から車で3分ほどの距離にある民宿つるいもしくはグリーンパークつるい温泉で日帰り入浴が可能です。

つるいキャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

シンクはコンクリート製で利用者が多い割には狭く、蛇口は5か所。水は上水道のようです。

水道施設の裏側にはジュースの自動販売機が設置されています。

つるいキャンプ場の炊事棟

【かまど】

キャンプ場の奥まったところには、カマド棟があります。U字溝で作られた長~いカマドで両サイドにはベンチがずらっと並べられています。

グリル等はありませんが、コンクリート製のフタがいくつかありました。

周囲には焚き火用に大きな薪がたくさん集められており、夜にはキャンプ場の利用者達が集まって宴会が繰り広げられています。

つるいキャンプ場のかまど

【お手洗い】

ここにはバリアフリー多目的トイレが設置されており、トイレ入口には身体障害者用の駐車スペースが設けられています。

トイレは水洗式でトイレットペーパーも完備されています。

つるいキャンプ場のお手洗い

【あずまや】

キャンプ場には小さな東屋があります。

ベンチとテーブルがありますので、ここで読書をしたり、旅の情報交換をするのも楽しいですね。

つるいキャンプ場のあずまや

【灰捨て場】

キャンプ場の中央部には灰捨て場があります。

焚き火をした後は、ここで消炭や灰を処分できます。

つるいキャンプ場の灰捨て場

【茂雪裡川】

キャンプ場のそばを流れる茂雪裡川の対岸には鶴居運動広場があり、有料施設のロングコース道東一のゴーカート、カルガモ自転車、スワンボートなどの遊具施設があり、手ぶらでバーベキューも楽しむこともできます。

このキャンプ場は阿寒湖や釧路に近く、道東観光のベース地としても使い勝手がよいです。

つるいキャンプ場前の茂雪裡川

【2012年9月の情報】

明らかに長期滞在者が多そうなキャンプ場です。最近はこういったキャンプ場が無くなってきているので懐かしく感じますね。

比較的に真夏でも涼しい地域なので過ごしやすいのは分かりますが、何故この場所に多くの旅人が長期滞在しているのか謎です。何か良いアルバイトでもあるのでしょうか?

2012年9月のつるいキャンプ場

【2017年8月の情報】

バイクの利用者が少なく、車で旅をしている年配の方が多く滞在しているのが目につきました。

ブルーシートでバイク小屋やリビングを作っている方も少なく、キャンピングカーが多い。

時代の流れでしょうか、若者より年配者の旅人の方が多いような印象です。

2017年8月のつるいキャンプ場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。