本谷公園キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:愛媛県西条市・標高約151m
  • 利用料:無料(要受付)
  • 受 付:本谷温泉館
  • 問合せ:西条市役所観光振興課
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:芝地のフリーサイト(沢沿・林間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:あり(屋根なし)
  • トイレ:水洗式
  • 美しい川を見ながら過ごせる芝地のサイト
  • サイトまでは急斜面の階段があります
  • 受付場所の本谷温泉館で日帰り入浴ができます

※2019年 4月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

本谷公園キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は西条市の東予地区市街地の郊外西部にあります。大明神川沿いにあり、上流から見て左岸側。 県道155号線から大明神川沿いの道を西へ向かって3kmほど進むと「本谷温泉」があり、キャンプ場の駐車場はその向かい側。 周辺には日帰り温泉や花見・紅葉が楽しめる公園があります。 公園内には遊具広場もあるので一年を通して家族連れや観光客も多い。 キャンプ場から見上げる赤い鉄橋の風景も情緒があります。

テントサイトは駐車場から、かなり階段を降りなければなりません。 川沿いにありますが、芝地のフリーサイトなので居心地は良い。 サイトから一段高くなった場所に炊事棟があります。 谷間になっていますが日中は日当たりも良く、川から運ばれてくる冷たい風が吹き抜けて涼しい。 歩いて行ける距離にある受付場所の「本谷温泉」で日帰り入浴ができるのもありがたい。

本谷公園キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事棟はテントサイトから一段上がった場所にあります。

一応、トタン製の屋根が付いていますが、屋根が小さいので風雨が強い時は濡れてしまいそうです。

シンクはコンクリート製で蛇口は3か所。蛇口の水は飲用に関しては何の表示もなかったので、上水道ではないかと思われます。

シンクの縁が広いので、コーナー部分にマナ板を乗せて調理作業は出来そうですが、雨の日は隣にある東屋のテーブルで自炊した方が便利でしょう。

本谷公園キャンプ場の炊事場

【かまど】

カマドは炊事場の近くにあります。

露天のコンクリート製二連カマドです。

グリルは上下二段で高さ調節できるようですが、カマド4か所でグリルは2枚しかありません。

予備のレンガやカマド用に使われていたと思われる石がありましたので、炉内に自分でカマドを組んで使っても良いでしょう。

サイトの奥に少し森があるので、そのあたりで薪は集める事ができそうですが、シーズン中は薪を持参した方が良いかも。

本谷公園キャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレは駐車場から一段下がった場所にあります。

なので、テントサイトからはかなり階段を登らなければなりません。

小さな木造建築の建物ですが、男女別の水洗式になっています。 内装の壁は白塗りで腰壁は石垣、床にはグレー色のミニタイルが貼られていて、それほど新しい設備ではないですが、とても清潔的な印象です。

予備のトイレットペーパーも完備されています。

本谷公園キャンプ場のトイレ

【あずまや】

東屋は炊事場の隣にあります。

正方形の小さな東屋がふたつ連結された形になっています。

内部には木製テーブルとベンチがあります。

東屋に壁はありませんが、背後が山の斜面になっているので、雨の日でも快適に過ごせそうです。

本谷公園キャンプ場の東屋

【管理事務所】

駐車場から道路を挟んだ向かい側にある温泉施設の「本谷温泉」がキャンプ場の受付管理をされています。

営業時間の10:00~22:00までに受付を行います。

日帰り入浴は21:30までなので、入浴をされる方はそれまでに行った方が良いですね。

本谷公園キャンプ場の管理事務所

【サイトの入口】

キャンプ場入口の駐車場から一段下がった場所に芝地のスペースがあります。

利用者が誰もいなくて、夜に到着したソロキャンパーなら、ここでゲリキャンをしたことのある方もいるのでは。

早朝出発するなら、ここでも良いかも…

本谷公園キャンプ場のサイトの入口

【大明神川】

キャンプ場の前を流れる大明神川はとても水が澄んでいて綺麗です。

この川は高縄連山を源流とし、西条市の東予地区北部を抜けて瀬戸内海に流れ出ています。

浅瀬で流れも緩やかなので、簡単に歩いて対岸へ渡ることもできます。

そして、何より川が綺麗なので小さな子供を連れた家族連れの方でも安心して川遊びが楽しめます。

テントサイトは川よりも一段高くなった場所にあるので、大雨の避難時でも慌てずに行動が取れると思います。

本谷公園キャンプ場の前を流れる大明神川

【駐車場】

駐車場は道路に面した場所にあります。

川沿いの坂道を登って来て最初の180°右カーブのところが進入口です。 本谷温泉側にも駐車場がありますが、こちらが近いです。

駐車場からサイトまでは急な坂道の階段を100メートルほど下ります。 荷物の多い方は少し大変かも知れません。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから120メートルほど離れた場所にある 本谷温泉 で日帰り入浴ができます。

歩いて行ける距離にお風呂があるので、ありがたいですね。

本谷公園キャンプ場の駐車場

【2019年 4月の情報】

平日のお昼過ぎでしたが、キャンプ利用者は誰もいませんでした。

キャンプ場の駐車場には車がたくさん停まっていましたが、多分、ここへ駐車されている方は近くにある赤い歩行者用の鉄橋を渡って本谷公園へ行かれているのでしょう。

駐車場からキャンプ場までは、かなりの急斜面なので荷物運びは重労働だと思います。 下りは良いとしても、登りの階段は荷物の少ない方でもキツイでしょう。

でも、芝地のサイトから澄んだ川が見渡せるロケーションはとても気持ちが良い。 赤い橋と青い空と桜のコラボレーションも綺麗でした。

2019年 4月の本谷公園キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

本谷公園キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。