姫鶴平キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:愛媛県上浮穴郡久万高原町・標高約1288m
  • 利用料:一張500円・4月~11月
  • 問合せ:姫鶴荘
  • 地 面:芝地のフリーサイト(山間・高原)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)10秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式
  • 四国カルストにある見晴らしの良いサイト
  • シーズン中は激混みのようです
  • 風が強い場所です
  • 下側のサイトはオートキャンプが可能

※2019年 3月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になってしまう事もあります。 中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

姫鶴平キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は高知県との県境、愛媛県の五段高原にあります。 県道383号線沿いにある「姫鶴荘」の斜め向かい側にあります。 県立自然公園四国カルストの中にあり、西日本最高峰の石鎚山や四国山地を一望することができます。 天気の良い日には遠くに太平洋が見える事もあります。牧場で草を食む牛を眺めながら、のんびりと過ごせる場所です。 夜には満天の星空、日の出、雲海、夕陽ともに素晴らしいロケーション。

テントサイトは芝地のフリーサイト。炊事棟の周囲がフラットな芝地になっています。 サイトの周囲に設置されているベンチの近くが眺めが良いですね。 他にも炊事棟から少し離れた場所にも草地のフリーサイトがあります。 こちらは車両の乗り入れが可能なのでオートキャンプもできます。 ここは風力発電が設置されているほど、風の強い場所なのでしっかりとペグダウンが必要。

姫鶴平キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟はテントサイトの西側にあります。

屋根の高い木造の大きな建物です。

洗い場は東側の壁に設置されています。 シンクは着色コンクリート製で、流し台の両サイドがテーブルスペースになっています。 蛇口は6か所。蛇口の水は飲用が可能なようです。

風の強い場所ですが、炊事棟の壁が高いのでシンクのテーブルスペースで風の弱いキャンプストーブでも調理ができそうです。

姫鶴平キャンプ場の炊事棟

【足洗い場】

炊事棟のシンクが設置されている壁の裏側(外側)にも水道施設があります。

こちらにはシンクと足洗い場があります。

すぐ近くに木製のテーブルとベンチがありますので、晴れていればこちらで自炊をしても便利でしょう。

テーブルの近くにテント設営をすれば、もっと便利に使えますね。

姫鶴平キャンプ場の足洗い場

【お手洗い】

トイレは姫鶴荘にあります。炊事棟からは120メートルほどの距離です。

木造の建物で内装は板張り、床は土間コンのようです。

水洗式のトイレです。

姫鶴平キャンプ場のトイレ

【管理棟】

キャンプ場を管理されている「姫鶴荘」は4月~11月まで営業されています。

キャンプ場の利用料金は1泊1団体500円。

ここはレストランも併設されているので食事をとることもできます。営業時間は11:00~15:00まで。 名物のアマゴを使った料理もあるようです。

敷地内のトイレのそばには土佐(高知県)と伊予(愛媛県)との境界線があるのも面白い。

姫鶴平キャンプ場の管理棟

【あずまや】

テントサイトの東側にあずまやがあります。

風通しの良い小さな東屋なので暴風雨の避難場所にはなりませんが、ここからの見晴らしは良い。 東屋の壁の内側にベンチが設置されています。

夏の日差しが強い時は、ここからグルグル回る風力発電の風車を見ながら、のんびりと過ごすのも良いでしょう。

姫鶴平キャンプ場の東屋

【上側のサイト】

このキャンプ場は上段のサイトと下段のサイトに分かれています。

上段のサイトは敷地内に車両の乗り入れができませんが、トイレに近い。

駐車場から一番離れた炊事棟の裏側にテントを設営したとしても駐車場からの距離は50メートルほどの距離。 荷物の少ない方でしたら問題ない距離だと思います。

見晴らしの良いテントサイトなので、シーズン中は激混みのようです。

姫鶴平キャンプ場の上側のサイト

【下側のサイト】

下側のサイトは上側のサイトから見下ろせる場所にあります。上側のサイトからは車道を通って300メートルほどの距離。

こちらのサイトは車両の乗り入れがオッケーなのでオートキャンプができます。 上側のサイトより広いので、広めのプライベートスペースを確保できる可能性があります。

ただ、トイレまでは少々遠い。 遊歩道を通って行けば250メートルほどの距離。

姫鶴平キャンプ場の下側のサイト

【駐車場】

駐車場はテントサイトに隣接しています。

すぐそばにテント設営をすれば荷物の搬入も楽でしょう。

荷物の多い方は、下側のサイトを利用した方が便利だと思います。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから21kmほど離れた場所にある 雲の上のホテル で日帰り入浴ができます。

姫鶴平キャンプ場の駐車場

【2019年 3月の情報】

明日から4月が始まるというタイミングでしたので、キャンプ場を管理されている「姫鶴荘」もまだオープンしていませんでした。 炊事棟の蛇口もすべて取り外されていました。

ここは見晴らしの良い場所なので、ドライブの途中に立ち寄る車が多く、みなさん「姫鶴平」の看板の前で記念撮影をされていました。

ただ、小雪がちらついていたので真冬の寒さでした。

上側のサイトは風が強く、炊事棟以外は風除けになる場所がないので、荒天時のキャンプはつらいでしょう。 でも、見晴らしは抜群です。シーズン中は混み合うというのも納得ですね。

2019年 3月の姫鶴平キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

姫鶴平キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。