面河鉄砲石川キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:愛媛県上浮穴郡久万高原町・標高約727m
  • 利用料:無料(4月~11月)
  • 問合せ:渓泉亭面河茶屋
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:裸地の区画サイト(林間・沢沿)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)4分
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗式
  • 面河渓の鉄砲石川ルート遊歩道沿いにあります
  • 林間内にあるので木陰が多くて涼しい
  • 山の中ですが施設が充実しています
  • 目の前を流れる川が蒼く見えるほど透明

※2019年 4月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

面河鉄砲石川キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は久万高原町の北東部を流れる面河川の支流、鉄砲石川沿いにあります。上流から見て左岸側。 県道12号線から向かう場合、分岐入口に面河渓の看板とゲートがあります。そこから駐車場までは川沿いに2kmほどの距離。 駐車場からキャンプ場までは280mほど歩きます。 面河渓は滑らかな岩肌の奇岩、断崖がそびえる国指定の名勝地です。その岩の間を流れる渓流も澄んだ水で美しい。 透明度が高いので深い川底もはっきりと見えるほど。

テントサイトは林間内にある木陰の多い裸地の区画サイト。区画は8か所ですが、区画外でも張れそうな平坦地もあります。 面河渓へ続く遊歩道の途中にあるので、日中は休憩に立ち寄るハイカーの方も多いでしょう。 駐車場からは距離がありますが道は舗装されています。 周辺に民家はなく、とても静かな場所です。 西日本最高峰の石鎚山への登山ベースにも最適。

面河鉄砲石川キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事場はキャンプ場の北側にあります。

大きな木造の建物です。壁が高いので風雨が強い日でも安心して利用できます。

4か所ある壁の内、3か所にコンクリート製のシンクが設置されています。シンクには6か所の蛇口、計18か所の蛇口があります。 飲用に関しては何の表示もありませんでしたので、飲用は可能と思われます。

炊事棟の中央には調理作業用のテーブルもあります。 コンクリート製の天板なので、キャンプ用ストーブでの調理も安心してテーブル上で行えます。

天井照明が明るいので夜間でも便利です。

面河鉄砲石川キャンプ場の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

耐火レンガで組まれた、幅広タイプのカマドです。 ここなら雨の日でも焚火が楽しめます。

四連カマドですが、一か所は掃除道具置き場になっているので、実質使用できるのは3か所。

グリルも二段式なっていて、揃っています。消し炭や灰なども全く残っておらず、とても綺麗でした。

ここは森の中のキャンプ場なので薪集めには苦労しないでしょう。周囲には、たくさんの落ち木が転がっていました。

面河鉄砲石川キャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレはキャンプ場に入ってすぐの場所にあります。

ログハウスのような外観の建物です。内装の壁はペンキ仕上げで、床にはグレー色のミニタイルが貼られています。 山の中ですが、綺麗な水洗式のトイレになっていました。

照明も明るいので、夜間の使用でも安心です。

面河鉄砲石川キャンプ場のトイレ

【トンネル】

駐車場からキャンプ場に向かってしばらく歩いて行くとワイルドなトンネルが現れます。

キャンプ場はこのトンネルを抜けた先にです。

トンネル内は真っ暗なので少々スリルがあります。

面河鉄砲石川キャンプ場のトンネル

【露天カマド】

炊事棟の近くに露天のカマドもあります。

レンガで組まれたカマドです。 少々、老朽化していますが、充分に使えます。

鉄筋製のグリルが炊事棟の壁の外に立てかけられて置かれていますので、使用時はそれを利用すると良いでしょう。

このキャンプ場では焚き火が禁止されていますが、このカマドでなら問題ないでしょう。

面河鉄砲石川キャンプ場の露天カマド

【サイト2】

区画サイト以外にもテントが張れそうなスペースがあります。

日当たりが良い場所もあるので、季節に応じてテン場を決めることができるのも良い。

面河鉄砲石川キャンプ場のサイト2

【鉄砲石川】

鉄砲石川は石鎚山を源流に発し、キャンプ場のすぐ下流で面河川と合流します。 そして高知県側では仁淀川と名前を変え土佐湾へと流れ出ています。

岩肌が白くて綺麗なので、川の水の透明度が高い。

キャンプ場から川沿いに遊歩道が続いており、奇岩怪石の名所を見て回ることができます。

これほど綺麗な川なので、夏場は川遊びに来る家族連れも多い事でしょう。

面河鉄砲石川キャンプ場の前を流れる鉄砲石川

【駐車場】

駐車場はキャンプ場から280メートルほど離れています。

遊歩道の入口には車止めのチェーンが張られているので、ここから先は自動車やバイクは侵入できません。 チャリダーの方なら行けるかも。

道路は緩やかな坂道になっていますが舗装されているので、キャリアカートを使えば荷物の多い方でも問題ないでしょう。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから26kmほど離れた場所にある 国民宿舎 古岩屋荘 で日帰り入浴ができます。

面河鉄砲石川キャンプ場の駐車場

【2019年 4月の情報】

平日のお昼ごろに訪問しました。

駐車場には数台の車が停まっていましたが、キャンプ場には誰もいませんでした。 おそらく、みなさんは上流にある面河渓を散策されているのでしょう。

キャンプ場は4月からオープンしたばかりなので、炊事棟が綺麗に清掃されていました。 キャンプ場の横を流れる川の水が、あまりにも透明過ぎて、ちょっと感動します。

あと、駐車場の下にある国民宿舎の撤去工事をされているようで、工事車両が頻繁に通行していました。 道が狭いので、大型ダンプとの離合が大変でした。

2019年 4月の面河鉄砲石川キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

面河鉄砲石川キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。