龍岡キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:愛媛県今治市玉川町・標高約157m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:今治市役所玉川支所住民サービス課
  • 地 面:裸地のフリーサイト(ダム湖畔・山間)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 小学校の跡地を利用したキャンプ場です
  • 駐車場と兼用になったフリーサイト
  • 春には多くのお花見客が訪れます
  • サイトの奥に行くと静かな場所があります

※2019年 3月の情報

スポンサーリンク

【施設について】

このページの情報は訪問当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

龍岡キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は今治市の南西部に位置する玉川ダム湖の湖畔にあります。ここは今治市の中心街を流れる蒼社川の上流域になります。 玉川ダム湖ではカヌーの練習をしたり、バスフィッシングを楽しむ方が多く訪れます。 春には玉川湖の周辺に植えられている約1500本の桜が咲き、多くのお花見客を楽しませてくれます。

入口から入ってすぐの場所にあるテントサイトは、固く締まった土の地面のフリーサイトです。 ここは湖を利用する方が駐車スペースとして使っていることが多く、日中は車の出入りが多い。 湖へ入るゲートから奥へ行くと木陰の多い草地があり、こちらの方が落ち着く環境です。 でも利用者が多いと少々狭いので、ケムシのいる夏以外は桜の木周辺のベンチが並んでいる辺りが良さそう。 ちなみに、ここから湖の向こう側に見える公園でもキャンプ適地として使えるようです。

龍岡キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事場は道路側にあります。

少々老朽化したコンクリート製のシンクで正面側に蛇口が6か所、裏側に7か所。両面合わせて13か所の蛇口があります。 そのうちの一つにはビニールホースが繋がれているので、足を洗う事もできます。蛇口の水は上水道のようです。

シンクの隣にはコンクリート製のテーブルがありますので、ここで調理が可能です。 大きなテーブルなので大人数でバーベキューする時でも大量の食材を置くことができます。

龍岡キャンプ場の炊事場

【立水栓】

湖へ入るゲートの反対側には立水栓があります。

奥のサイトでキャンプをする場合はここの水場を利用する方が近くて便利です。

長いホースがありましたので、ここでボートなどを洗ったりするのではないでしょうか。

龍岡キャンプ場の炊事棟

【お手洗い】

トイレは立水栓がある場所から階段を上がった場所にある大きな建物の一階にあります。 案内標識があるので、すぐにわかると思います。

洋式便座が設置されたピカピカの水洗トイレです。

内装は白く塗られたコンクリート壁で明るく、床面はタイル貼りでとても清潔感があります。

身体障害者用トイレも併設されており、予備のトイレットペーパーも完備されています。

奥のサイトからだと少々遠い。

龍岡キャンプ場のトイレ

【桜の木の下のベンチ】

桜の木の下にはベンチがずらりと並んでいます。 テント設営・撤収時の荷物置き場としても丁度良い。

この辺は草地になっている場所もあり、テントサイトとして利用するとロケーションが良い。

桜の咲く時期は、お花見キャンプも可能です。 さくら祭りと書かれた立て看板と一緒に提灯が桜の木に吊り下げられていたので、キャンプしながら夜桜も楽しめそうですね。

ただ、夏には桜の木に大量のケムシが出現するので、その時期は避けたい。

龍岡キャンプ場の桜の木の下のベンチ

【キャンプ場の入口】

キャンプ場の入口には看板らしきものは見当たらないので、注意しておかないと通り過ぎてしまいます。

国道317号線を南側から向かう場合は湖沿いの道が途切れる手前の右側にあります。

北側から向かう場合は「玉川湖畔の里」を右手に過ぎてすぐ左側。北側からの進入路は鋭角に曲がらなければならないので、大型車両で来られる場合は要注意。

龍岡キャンプ場の入口

【玉川湖】

玉川ダムは昭和46年3月に完成した多目的ダムです。

このダムを造るにあたり、この周辺の集落は湖の底へ沈んだようです。

このキャンプ場は旧龍岡小学校の跡地でテントサイトは校庭だったと思われます。 旧木造校舎はダムに沈んでいるようで、たまに水が引くと校舎のコンクリート基礎が姿を現すらしい。

天気が良いと湖の景色が綺麗で、気持ちがイイ。

龍岡キャンプ場の前にある玉川湖

【玉川湖畔の里】

キャンプ場の前を通る国道を挟んだ向かい側には道の駅のような産地直売所があります。

新鮮な野菜等はここで購入が可能なのでキャンプの食材確保には便利です。 休日には多くの人が訪れていました。

営業時間は9時~17時で定休日は月曜日です。

龍岡キャンプ場から道を挟んだ向かい側にある玉川湖畔の里

【駐車場】

ここは駐車場兼テントサイトなので、どこでテントを張っても車両の横付けが可能です。

湖の向かい側にある公園でもキャンプができるらしいですが、車両は横付けできないようです。

あと、キャンプ場から5kmほどの離れた場所にある 鈍川せせらぎ交流館で日帰り入浴ができます。

龍岡キャンプ場の駐車場

【2019年 3月の情報】

まだ桜は三分咲きというところでしたが、桜まつりの提灯の準備は出来ていました。桜の木の下では、一足早いお花見を楽しんでいる家族連れもいました。

手前のサイトには湖畔に数台の車がありましたが、バス釣りをしている人たちの車のようです。 湖でボートの練習をしている人は見当たりません。

サイトの一番奥に二組のグループがキャンプをされていました。このキャンプ場は、桜の木の周辺か一番奥が静かで過ごしやすそうです。

以前は汲み取り式のトイレがあったようですが、現在は坂の上の大きな建物の一階にとても綺麗な水洗トイレができています。

2019年 3月の龍岡キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

龍岡キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。

スポンサーリンク