白猪の滝農村公園

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:愛媛県東温市・標高約411m
  • 利用料:無料(要連絡)
  • 問合せ:東温市役所都市整備課公園係
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:草地・裸地の区画サイト(沢沿・林間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1.5分
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 木立の中にある木陰の多い区画サイト
  • 砂防ダムに巨大なイノシシが描かれている
  • 滝の音が大きいので慣れるまで気になる
  • 自動車は親水広場まで進入可能

※2019年 4月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

白猪の滝農村公園

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は東温市の南東部を流れる表川の支流、白猪谷川沿いにあります。上流から見て右岸側。 国道494号線から向かう場合、表川と白猪谷川が合流する付近に案内看板が出ています。 ここは冬の氷瀑で有名な「白猪の滝」の登り口にある公園です。 国道沿いには集落が数軒ありますが交通量は少ない。 毎年11月には「白猪の滝まつり」が開催され多くの人で賑わっています。

テントサイトは駐車場から小さな橋を渡って右に行った所にある親水公園にあります。 東屋のある広場から階段を少し登ったところの木立の中に区画サイトがある。 サイトが落ち葉で埋もれていますが、針葉樹の落ち葉なのでそれほど湿った感じはない。 オフ車なら車道側からサイトまで進入が可能です。 軽自動車なら親水公園までは進入できるので、下の草地の広場でもキャンプが可能です。 利用時は電話連絡だけで済むので簡単。

白猪の滝農村公園のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟はテントサイトにあります。

壁際にステンレス製シンクとステンレス製のテーブルが並べて設置されていますので調理作業もしやすい。 蛇口は2か所あり、飲用は可能なようです。

小さな炊事棟ですが、ベンチもあります。

スイッチで照明が点灯するので夜間は明るくて便利です。

白猪の滝農村公園の炊事棟

【立水栓】

炊事棟のそばには立水栓もあります。

炊事場が隣にあるので、ここの水場を使う機会は少ないでしょう。

この立水栓が下の親水広場にあると、もっと便利なんですがね。

白猪の滝農村公園の立水栓

【お手洗い】

トイレは駐車場にあります。テントサイトからは、かなり離れています。

鉄筋コンクリート製の建物で、内装の壁はペンキ塗りで床は土間コン。

比較的にきれいな水洗式のトイレです。

身体障害者用トイレも併設されており、予備のトイレットペーパーも完備されています。

白猪の滝農村公園のトイレ

【あずまや】

東屋は親水公園にあります。

一本柱の小さな東屋なので、荒天時の避難場所としては使えませんが、テーブルとベンチがあるので雨の日の設営や撤収作業時に利用すると便利です。

すぐそばにある草地の親水広場でもキャンプができますが、少々水はけが悪い。

そして、地面が若干斜面になっているのも少し難点ですが、目の前に滝が流れる芸術的なデザイン堤防が見えるロケーションは気持ちが良い。

白猪の滝農村公園の東屋

【最上段のサイト】

最上段にもテントサイトがあります。

案内看板で見ると3か所の区画サイトがあることになっていますが、埋もれてしまっているのかフリーサイトになっています。

ソロテントなら張れそうスペースですが、よほど混み合っていない限りは、ここでキャンプすることはないでしょう。

あと、キャンプ場の他にも周辺には快適そうな芝地の広場が点在していますが、広場には私有地が多いので親水広場以外でのキャンプはご遠慮してくださいとの事でした。

白猪の滝農村公園の最上段のサイト

【キャンプ場の入口】

キャンプ場のある親水公園の入口には車止めのポールがありますが、通常は開いているようです。

受付時に問い合わせたところ、車が通れるなら左右の岩に用心して進入しても良いと言われたので敷地内に車両を乗り入れました。

草地の広場には轍が残っていたので、車両は手前にある東屋のそばに駐車しました。 この広場は水はけが悪いので、車を乗り入れると地面がぬかるむ可能性があります。

バイクや自転車なら問題なく進入が可能です。

利用時は自分の名前と電話番号を管理先の役場に伝えるだけなので、とても簡単です。

白猪の滝農村公園のキャンプ場の入口

【白猪谷砂防堰堤】

キャンプ場の前を流れる白猪谷川は重信川水系の表川の支流の川です。

親水広場から見上げた場所にある堰堤にはコミカルなタッチのイノシシのレリーフが立体的にデザインされています。 遠くから見てもド派手な印象です。

そして、この堰堤から流れ落ちる滝の音が大きく、夜は少々うるさく感じます。 でも、この水の音に慣れてくると、次第に居心地が良くなってきます。

水辺には簡単に階段で下りることができるので水遊びもできます。 浅瀬なので小さな子供でも楽しめるでしょう。 少し上流へ行った所には小さな滝つぼが見える渓流広場もあります。

白猪の滝農村公園の白猪谷砂防堰堤

【駐車場】

駐車場からテントサイトまでは140メートルほどの距離があります。 とても広い駐車場です。

そして、駐車場の隣は「チビッコ広場」と名付けられた全面アスファルト舗装された謎の場所もあります。

親水広場まで車両を乗り入れた場合は階段を登った場所にサイトがあるので、それほど荷物の搬入には苦労はしないでしょう。 オフ車なら道路脇からサイトまで入ることもできそうです。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから20kmほど離れた場所にある ふるさと交流館 さくらの湯 で日帰り入浴ができます。

白猪の滝農村公園の駐車場

【2019年 4月の情報】

夕方の16時過ぎに現地に到着し、役場に電話して利用申請をしました。 当日の利用申請でも簡単に受け付けてもらえました。

今回はテントサイトではなく、下にある親水広場の草地でキャンプをしました。

ここは午前中は日陰になりますが、夕方は日当たりが良い。

雨上がりだったせいか、少々地面の水はけが悪かったのですが、ここからは芸術的なレリーフがデザインされた堤防が目の前に見えるのでロケーションが良い。

夜間は東屋にある外灯が点灯するので明るい。

2019年 4月の白猪の滝農村公園

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

白猪の滝農村公園
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。