保木公園キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:福岡県うきは市浮羽町(標高約46m)
  • 利用料:無料(要予約・FAX可)
  • 受 付:うきは市役所住環境建設課
  • 地 面:芝のフリーサイト(河川敷・林間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)10秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:ぼっとん
  • 列車が鉄橋で川を渡る風景は抜群にイイです
  • 桜の木が低いので桜の中でキャンプしている気分!
  • 花見の時期は公園内が夜間ライトアップされます

※初回2014年3月に訪問

保木公園キャンプ場

野営地の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は、うきは市東部の浮羽町にあり大分県との県境に位置しています。国道210号線の「保木交差点」から50メートルほど東へ行った場所に公園への進入路があります。ファッションホテル入口の小さな看板が目印。 公園は筑後川沿いに整備されており、静かな場所で川の見晴らしがとても良く気持ちのイイ場所です。

公園内で一段高くなった丘のような高台に芝の広場があり、そこがテントサイトに適しています。ほかにもトイレの近くにある芝地がサイトとして利用できます。 普段は草が茂っている事が多いようですが、イベントがあるときには綺麗に草刈りされているようです。

キャンプ場の利用時には、うきは市役所へ利用申請が必要です。

保木公園キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は公園の東側にあります。

シンプルなコンクリート造りの炊事棟で、壁がなくて吹きさらしですが屋根が広いので雨の日でも濡れにくいです。 雨天時にはテーブルやイスを炊事棟内に持ち込むと快適に使えそうです。

桜の咲く時期には、ライトアップ照明があるので夜間でも炊事棟内が明るいです。

保木公園キャンプ場の炊事場

【洗い場】

シンクはコンクリート製で両側から洗い場を利用できます。テーブル等はありません。蛇口の水は上水道のようです。

キャンプ場利用の際には事前に市役所へ予約の電話を入れ、市のH.P.からダウンロードした「市立公園利用許可申請書」に必要事項を記入してFAXで送信すればオッケーです。

桜の咲く時期の週末はイベントが開催されていて、キャンプができないことがあるかもしれません。事前にご確認ください。

保木公園キャンプ場の炊事場

【お手洗い】

トイレは公園の一番東側にあります。

男女兼用のぼっとんトイレです。お花見シーズンのためかトイレは綺麗に清掃がされていました。トイレットペーパーも完備されています。

以前は公園入口にもトイレ(鉄筋コンクリート造り)がありましたが、今は取り壊されて撤去されています。

保木公園キャンプ場のトイレ

【あずまや】

公園の西側には東屋があります。

テーブルはありませんが、ゆったりできる木製のベンチがあります。お昼寝をするには最適ですね。

ただ、この公園でくつろげる施設はこの東屋しかないので、お昼時間にはたくさんの人が訪れます。キャンプ利用者だけで独占しないように譲り合って利用したいですね。

この公園の桜は枝が低く張り出しているので、近くにテントを張れば桜の花を間近で楽しむ事ができるのでお花見キャンプには最適です。

保木公園キャンプ場の東屋

【藤棚】

トイレのある芝地の広場には藤棚があります。ここは、お花見のシーズンでも夜間照明がされていませんので夜は、それほど明るくなくて比較的に眠りやすい場所です。

通常、この広場の入口には車止めのチェーンがありますので車の進入はできません。

ただし、この場所はお花見シーズンの週末には臨時駐車場として使われることもあるので注意してください。

保木公園キャンプ場前のテントサイト2

【筑後川】

テントサイトからは風光明媚な筑後川の景色を眺める事もできます。

筑後川は九州最大の川で日本三大暴れ川のひとつにも数えられており、昔から水害の多い河川ですが普段は流れも穏やかです。

筑後川に架かる沈下橋とその奥に見えるトラス橋(久大本線筑後川橋りょう)、その鉄橋を走るレトロなクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の撮影スポットとしても人気です。

ちなみにキャンプ場から、この沈下橋を渡ると大分県日田市になります。橋には欄干がありませんので、通行時は川に落ちないようにご注意くださいね。

保木公園キャンプ場前の筑後川

【駐車スペース】

この公園には駐車場として決められた場所はありませんが、高台の芝広場の周囲に駐車スペースが点在しています。

高台の芝広場の周囲には車一台分の幅の未舗装道路が通っており、離合スペースもたくさんあります。車の通行に邪魔にならないような場所に駐車します。

高台の広場の北東角側に比較的に広いスペースがあり、そこがサイトからも近くて荷物の搬入に便利です。 デコボコ路面のダートなので、オンロードバイクの方はご注意ください。

あと、キャンプ場から4kmほど離れた場所にある夜明薬湯温泉、 もしくは9kmほど離れた場所にあるうきは市 ゆうゆうセンター ふれあい荘 で日帰り入浴が可能です。

保木公園キャンプ場前の筑後川

【2014年4月の情報】

ここは毎月一度、老人会の草刈りがあるようでたくさんのご年配の方が綺麗に清掃されていました
平日の日中は4~5組の花見客でにぎわっていました。

夜は8時を過ぎると花見客はいなくなり、とても静かに過ごすことができました。

桜のライトアップ照明はとても明るく、朝まで点灯していたのでランタン要らずで過ごせましたね。

ライトアップされた桜満開の保木公園キャンプ場

【2018年3月の情報】

ちょうど桜の花が満開でした。まだ花は散り始めておらず、夜桜がとても綺麗でした。満月と桜のコラボも美しい。

金曜日の夜でしたが花見客も一組しかおらず、このロケーションをほぼ貸し切り状態で楽しめました。

このキャンプ場も昨年の豪雨災害で浸水の被害を受けたようで、いまだに炊事棟の地面は土砂が堆積した状態になっています。 でも水道施設は問題なく使用ができました。

高台の広場は雨の日でも洪水の影響を受けにくいと思われますが、周囲が浸水すると脱出できなくなる可能性がありますので豪雨時は早めの撤収が望ましいですね。

2018年3月の保木公園キャンプ場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。