小塩ホタルの里広場キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:福岡県うきは市(標高約152m)
  • 利用料:大人200円,小学生~高校生100円,小学生未満無料
  • 受 付:うきは市小塩公民館(小塩地区自治協議会)
  • 地 面:土・芝のフリーサイト(林間・沢沿)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗
  • 名前のごとくホタルがたくさん飛んでいました
  • 木陰も多く、夏場は綺麗な川で遊ぶことができます
  • 一番上のサイトは雨の日にぬかるむので要注意
小塩ホタルの里広場キャンプ場キャンプ場

キャンプ場の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は、うきは市東部の市境に近く、山間を流れる小塩川沿いにあります。

夜は小川のせせらぎ以外は何も聞こえない、とても静かで涼しい場所です。木陰も多いので、風が吹いていると昼でも涼しく過ごせます。

テントサイトはフリーサイトで段々畑状に3段に分かれています。
真ん中のサイトだけは芝地になっていますが車両の横付けができません。
あと、一番下のサイトへは道が狭いので軽自動車以外の進入は少々きびしいです…

小塩ホタルの里広場キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

コンクリート製の清潔できれいなシンクです。木製のテーブルも設置されているので調理もしやすいです。
使いやすい丸太のイスもありました。

蛇口の水は上水道で、水栓のハンドルは長いレバー式なので使いやすく、天井照明がとても明るかったです。
ただ明るすぎるので、虫がたくさん集まってきます。

小さな炊事棟なので屋根が狭く、雨天時には雨が吹き込んできました。

小塩ホタルの里広場キャンプ場の炊事棟

【かまど】

レンガ式の縦長のカマドで、かなりの火力で薪を燃やすことが出来ます。

ホタルの出る時間帯には大勢の見物客が訪れているので、炊事棟の照明のスイッチはオフにしてホタルと焚き火の明かりを楽しみました。

小塩ホタルの里広場キャンプ場のかまど

【お手洗い】

身体者障害者用のトイレを併設していて、照明はセンサー式で自動点灯します。

トイレの施設自体は、さほど新しくはありませんでしたが水洗式のトイレでした。

小塩ホタルの里広場キャンプ場のトイレ

【ホタルまつり】

ホタルの出る時期には、対岸にある小学校でお祭りが開催されるようです。

この公園はキャンプだけでなく、ホタル見物に訪れる人も多いので夜は賑やかです。

小塩川はとても綺麗なので、夏には川遊びも楽しそうですね。

あと、下の炊事棟前にある池にはホタルの幼虫が育成中なので入らないようにと注意書きがありました。

小塩ホタルの里広場キャンプ場でホタルまつり

【最上段のサイト】

最上段のサイトは公園に入ってすぐの場所なので、アクセスしやすいのですが、雨天時には、かなりぬかるみます。

水はけの悪い場所にご注意ください。

小塩ホタルの里広場キャンプ場の最上段のサイト

【最上段のサイトの炊事棟】

最上段のサイトにもきれいな炊事棟があります。

こちらにはコンクリート製の丸テーブルとイスが設置されています。

キャンプ場の申請書は、うきは市ホームページのトップページ⇒申請書ダウンロード⇒単語で検索するのフォームで公園と入力して検索すると出てきます。

その中にある《市立公園利用許可申請書》をダウンロードして記入し、管理者へ送付します。

小塩ホタルの里広場キャンプ場の最上段のサイトにある炊事棟

【2016年5月の情報】

この施設が完成してからまだ一年も経っていないようだったので新しくてとてもきれいでした。

自分は一番下にある川辺のサイトに陣取ったので、たくさんのホタルをテントから眺めることができました。テントにも数匹のホタルが飛んできて、子供も喜んでいました。

ここを利用した時は、小塩ホタル祭りが開催される一週間前の週末でしたが、たくさんのホタル見物の人達が訪れていました。

キャンプ場の南側には照明が無いのでホタルの明かりがとてもきれいに見えます。

2016年5月の小塩ホタルの里広場キャンプ場

【2017年5月の情報】

昨年と同じ時期に訪れました。

辺りが暗くなる夕方頃には川辺にたくさんのホタルが舞っていましたが、今年は放射冷却現象で気温が急激に冷え込んだ為に夜間はホタルがあまり出没しませんでした。

あと今年はキャンプに訪れている人が多かった為か、南側の照明も明るく灯っていたのでホタルも警戒したのでしょうかね。

この時はまだ利用料無料でしたが、のちに有料化されてしまいました。

2017年5月の小塩ホタルの里広場キャンプ場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。