(※)

直方オートキャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:福岡県直方市・標高約7m
  • 利用料:無料(要予約・受付場所で受付)
  • 受 付:Googleで探す
  • ※キャンプ場へ入る為に車止めチェーンの鍵を借ります
  • 地 面:芝地の区画サイト(河川敷・市街地)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり・水栓キーが必要(屋根なし)
  • かまど:なし
  • トイレ:移動式簡易水洗トイレ
  • 町に近く、買出しにも便利
  • 消防署に近いので救急車や消防車等の騒音あり
  • 昭和レトロなアーケードが徒歩圏内にある

※初回2013年12月に訪問

経路を読み込み中…

上の青いボタンを押すと、現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

OSがアンドロイド(Android OS)の方はgoogle mapが自動で立ち上がるか、ブラウザで表示されます。 右の「iphoneで表示」ボタンを押してもリダイレクトされるので同様に表示されます。

OSがアイ オーエス(iOS)の方はマップ(Apple)が立ち上がります。 iphoneユーザーの方でgoogle mapアプリを使いたい方は、左の「androidで表示」ボタンを押して下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプの予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

※クリックするとLINEが起動します。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。

個人的な主観で紹介しているので、当時の情報が変わっていたり、間違っている事もございますが何卒ご了承ください。

以前は無料で利用できたキャンプ地が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ利用をする前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

直方オートキャンプ場

【テントサイト全景】

キャンプ場は直方市の中心街、市役所のすぐ前を流れる遠賀川の河川敷にある。 市街地なので朝夕の通勤ラッシュ時は土手沿いの道で渋滞している車からの視線を感じる… でも歩いて商店街へ買い出しに行ける便利なロケーションなので旅人キャンパーには楽しめる場所ではないかと思う。 広い河川敷は直方リバーサイドパークとしても整備されており、昼間はウォーキングや犬の散歩をしている人が数多く通りかかる環境だ。

テントサイトは区画されたオートサイトになっているが、サイトスペースに境界線がないので、ほぼフリーサイト状態でテント設営が可能になっている。 地面の土は粘土質で柔らかくペグハンマーなしで打ち込みができる。ちなみに大雨が降ると増水して危険なので早めに撤収を。 受付時にお借りした鍵を使って入口のチェーンを開けてサイトへ車両を乗り入れさせることができる。

直方オートキャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事場は道路側の土手下にある。

立水栓が5か所に並んだシンプルな露天の水道施設だ。

蛇口下の地面はレンガ貼りなので水はけは良いが、洗い物をする際は水はねに注意したい。

折り畳み式のバケツ等があると便利だと思う。

蛇口の水は水圧があるので水道水のようだ。

ちなみに炊事場に近いサイトは10番、11番、14番あたり。

直方オートキャンプ場の炊事場

【炊事場の水栓】

水道は全てキー式横水栓になっているので共用水栓鍵がないと使用ができない。

キャンプ場の利用申請をすると、車止めチェーンを外す鍵と一緒に炊事場の水栓鍵も貸してもらえるので水道を自由に使うことができる。

このキャンプ場では芝生保護の為、直火でのバーベキューは禁止されている。

また、芝生内に車両の乗り入れも禁止だ。

芝生を荒らした場合は警察に被害届が提出されるそうなので要注意。

そして、申請者の責任において復旧してくださいとの事なので気を付けたい。

直方オートキャンプ場の炊事場水栓

【お手洗い】

トイレは炊事場の隣にある。

移動式の簡易水洗トイレだ。

トイレ内は仮設トイレよりは少々広く、トイレットペーパーも完備されている。

足踏み式の水洗ではなく、ボタン式になっている。でもボタンが少々固い…

夜間は電灯も点灯しているので安心だ。

6月初旬から10月末ごろまでの出水期は河川が氾濫してテントサイトが浸水することがあるのでトイレが土手上に移設されることもある。

直方オートキャンプ場のトイレ

【管理事務所】

直方市役所の4Fにある都市計画課がキャンプ場の管理をしている。

完全予約制なので事前に電話もしくは窓口で平日の8:30~17:00の時間内に予約を行う必要がある。

利用日が平日の場合は電話予約の上、当日に窓口で申請書を書くのだが、土日祭日や17時以降に到着の場合は電話予約だけでも受け付けてもらえる。

その際は夜の10時までに市役所裏口から入ってすぐの場所にある直方市役所警備員室1Fで許可書と鍵を受け取ることができる。

一人で予約できる区画は2区画まで。チューリップフェア期間中はキャンプ場の利用ができないもよう。

直方オートキャンプ場の管理事務所

【キャンプ場入口】

キャンプ場への入口は市役所から土手沿いの道へ出て、南へ800メートルほど行ったところにある。 直方市消防本部を通り過ぎて80メートルほど進んだ左側。

河川敷の駐車場に降りてから甚六橋の方へ向かって真っすぐ進むと「オートキャンプ場出入口」と書かれた車止めがある。

チェーンに施錠された南京錠を外してコの字柵を引き抜いて移動させ、車を侵入させる。

柵が少々重いので、怪我をしないように。

そして、柵を元通りに戻してチェーンを通し、南京錠でロックすればオッケー。

バイクならすり抜け抜け可能だが、自動車の場合は毎回この作業が必要になる。

直方オートキャンプ場の河川敷入口

【夜のテントサイト】

ここは市街地の中にあるキャンプ場なので夜でも賑やかだ。

河川敷から見上げると土手の上が交通量の多い道路になっていることが良くわかる。

車の音はもちろんだが、救急車やパトカー、暴走族や通行人の話声なども聞こえてくる。外灯や信号も多いので夜でも明るい。

なお、このキャンプ場では発電機の持ち込みは禁止されているのでキャンプ場から騒音を出さないように心がけたい。

サイトの12番、13番、15番あたりが道路から遠くて川に近くロケーションが良いが、若干斜面になっているところもある。

1番~4番は甚六橋に近いので夜間は橋の街灯が明るくて常夜灯代わりになる。夏の日差しが強い時は橋の下に避難することも可能だ。 しかし、トイレと炊事場が遠く、橋と道路に近いので騒音もある。

直方オートキャンプ場の夜のテントサイト

【遠賀川】

遠賀川は福岡県の筑豊地方から直方市、北九州市、中間市、遠賀郡を流れる一級河川の川だ。

春には一面に菜の花が咲いて、とても美しい。

普段は流れの穏やかな川だが大雨の際には増水して氾濫するので注意が必要だ。

川には歩行者用の小さな木造の沈下橋が架かっており、たまに橋を渡った先に子ヤギが放牧されていることもある。

雨上がりや夜露が降りた早朝は橋の上が滑りやすくなっているので小さなお子様を連れた方は要注意。

橋のふもとには「コウノトリをおどろかさないでください」と書かれた看板も立っている。

たくさんの水鳥が訪れるのでバードウォッチングを楽しむこともできるだろう。

直方オートキャンプ場の前を流れる遠賀川

【駐車場】

ここはオートキャンプ場なのでテントサイトの隣に駐車スペースを確保できる。

2台目以降は勘六橋の南側にある消防署下河川敷駐車場に駐車することになる。

テントサイトは15区画ある。

予約時に利用したいサイトをあらかじめ決めなければならない。

駐車スペースは3.5m×7mなので7mを超える大型車は入ることができない。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから8kmほど離れた場所にある 宮若市社会福祉センター で日帰り入浴が可能です。

直方オートキャンプ場の駐車場

【2013年12月の情報】

炊事場やトイレに近い9番サイトを利用。

とても寒い日だったので利用者は誰もおらず、貸し切り状態だ。

キャンプ場から歩いて行ける距離にある「古町アーケード街」を散策したりして、のんびりと過ごした。

ノスタルジックな商店街なので意外と楽しい。

ここは寒くてもウォーキングや犬の散歩に訪れる人が多い場所だ。

市街地だが、とっても広い河川敷なので、のんびりと一日を過ごすことができる。

2013年12月の直方オートキャンプ場

【2019年3月の情報】

今年は春先に雨が降ることが多くて晴れの日が少ない。

貴重な晴れの日を利用してキャンプに訪れてみた。

今回は一番端っこの15番サイト。

自分たちの他には数組の利用者がいたが適度に離れていたので、とても静かだった。

この場所は中型テントくらいまでなら平坦地に張る事ができるが、大きなテントだと斜めになる可能性がある。

でも、川に近いのでロケーションは良いと思う。

朝方は気温が冷え込んでタープの結露がバリバリに凍ったが、日中は晴れて適度に風が吹いていたこともあり、10時ごろには乾燥した。

2019年3月の直方オートキャンプ場

【2022年3月の情報】

平日に訪れたので利用者は少ないだろうと思っていたが、意外と多かった。

今回は一番南にある1番のサイトを利用した。

サイトは、どこも平坦地で広く使うことが可能だ。ペグの刺さりも大変良い。

夜になると甚六橋の街灯が仄かに明るく照らしてくれるのでライトが無くても動くことができる。

夜中にキャンプ場から散歩がてら歩いて10分ほどの距離にあるコンビニへ買い物へ出掛けてみた。 キャンプ場から歩いて買い出しができるというのも意外と楽しい。

日中、対岸の高台にある遠賀川水辺館に隣接する公園を散策しているとヤギがいることに気づいた。 ヤギは普段はここにいるようだね。

2019年3月の直方オートキャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

あと、今後もリーズナブルなキャンプ生活を楽しむためには、自分が出したゴミ(炭や残飯も)の回収はもちろんのこと、テント周辺の清掃や原状復帰を心掛けることも大事です。

直方オートキャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ地には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。