大津谷公園キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:岐阜県揖斐郡池田町(標高約142m)
  • 利用料:無料
  • 問合せ:池田町役場産業課
  • 地 面:砂利・芝地のフリーサイト(河川敷・山間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:あり(屋根あり)
  • かまど:あり(屋根あり)
  • トイレ:水洗・身体障害者用あり
  • テントサイトが広範囲に点在しています
  • 川の谷間に濃尾平野の街並みが見えます
  • シーズン中は所狭しとテントだらけになります

※2017年 9月の情報

大津谷公園キャンプ場

野営地の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は池田町の西部を流れる大津谷川沿いに整備されています。春はお花見、夏は水遊び、秋は紅葉散策が楽しめる場所なので週末には多くの人が訪れます。 大津谷川の谷間からは濃尾平野の街並みも見える気持ちの良い場所なので、日帰りでバーベキューを楽しむ団体さんも多い。

川の上流には段々畑状に芝の平坦地が整備されており、フリーサイトとして利用できます。下流側には砂利の地面のフリーサイトが林間にあります。 公園内にサイトや駐車場が広範囲に点在しているので、場所選びには少々迷います。シーズン中は、この広いサイトがテントでいっぱいになるほど混雑します。

大津谷公園キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は上流の芝地のサイトに2か所。下流の砂利地のサイトに1か所あります。

シンクはコンクリート製でシンクの両サイドはテーブルスペースになっています。蛇口の水は上水道のようです。

蛇口の数が多いので、利用者が多くてもそれほど込み合う事もないようです。

大津谷公園キャンプ場の炊事棟

【かまど】

芝地のサイトにある炊事棟には洗い場しかありませんが、下流の砂利地のサイトにある炊事棟にはコンクリート製のカマドがあります。

他にも有料ですが東屋タイプのバーベキューコーナーも設置されています。

なお、キャンプ場内では直火の焚き火や花火は禁止されています。

大津谷公園キャンプ場のかまど

【お手洗い】

トイレは公園内に4か所あります。

身体障害者用トイレも併設されたトイレもあり。すべて水洗式です。

トイレットペーパーも完備されています。

大津谷公園キャンプ場のトイレ

【あずまや】

キャンプ場内には東屋がいくつかあります。

一番川上にある東屋はとても広く、屋根の下にはテーブルやベンチも設置されていません。ゴザやグランドシートなど敷いて自由に使う事ができます。

大津谷公園キャンプ場のあずまや

【テントサイト2】

下流の砂利地のフリーサイトは地面が少々固いですが、木陰が多く過ごしやすい場所です。

みなさん、芝地のサイトに集中してテント設営されるようなので、砂利地のサイトの方が比較的に空いているようです。

そして、南岸の道路わきには駐車スペースを確保できる場所もありますので荷物の搬入にも便利。

大津谷公園キャンプ場のテントサイト2

【大津谷川】

キャンプ場のそばを流れる大津谷川は急な斜面ですが水深は浅い場所が多く、小さな子供の水遊びには適しています。

大規模な砂防堰堤工事がされているところを見ると、大雨の日には水害が発生していた川だったのではないかと思われます。

堰堤との間は平坦な場所になっているので、川の流れも穏やかです。そして、川の谷間から見える濃尾平野の景色も気持ちが良い。夜は夜景も美しいようです。

大津谷公園キャンプ場の前を流れる大津谷川

【ステージ】

キャンプ場の一番下にある広場にはステージがあります。 大きなステージなので雨の日の避難にも利用できそうですね。

公園内に駐車場は3か所ありますが、他にも駐車ができるスペースもあります。ただし、自転車も含めて公園内には車両の乗り入れは禁止されています。

あと、キャンプ場の周辺にある日帰り入浴施設は以下になります。
道の駅 池田温泉 新館(約5km)
道の駅 池田温泉 本館(約5km)
おおの温泉(約11km)

大津谷公園キャンプ場のステージ

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。