キャンプでのゴミ処理方法

一泊二日程度のソロキャンプや車中泊であれば、クーラーボックスなどにゴミを入れて家に持ち帰る事ができますが、長旅に出た場合はどうしてもゴミが溜まってしまいます。

最近はゴミを処分してくれるキャンプ場が減ってきたので、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

特にバックパッカーや自転車など車以外で旅をしているキャンパーは荷物の積載量が限られているので、ゴミが増えていくに連れてストレスも溜まっていきますよね。

スポンサーリンク

そんな、キャンプでのゴミの処理について考えてみました。

【メニュー】


キャンプ場でのテント生活

紙、木

キャンプで発生する紙や木などの主なゴミとしては、牛乳パック、紙コップ、トイレットペーパー、食品の紙箱、割り箸、焼き鳥の串、アイスクリームの棒などがあります。

牛乳パックは、キャンプの時にはまな板などとしても使える便利なアイテムなので、ゴミとして出た時は洗ってからキャンプ用品として大切に保管しておきます。

そして、ゴミの処理方法としては、牛乳パックや紙ごみは細くちぎって焚き火の時の着火剤として使用します。
その時に、割り箸や串などを燃やせば、早く薪の小枝に引火させることができます。

薪と一緒に高温で燃やしてしまえば、あっという間に灰になってしまいます。

牛乳パック、割り箸での着火風景
おきびでの炎の写真


生ごみ

キャンプで発生する生ゴミの主なものとしては、野菜くず、果物の皮、玉子の殻、肉や魚の骨などがあります。
バーベキューや自炊する上では必ず発生するゴミです。

穴を掘って土に埋めてしまうという方もおられるようですが、九州以外では嗅覚の鋭い野生の熊が生息しているので、残飯の臭いを嗅ぎ付けて炊事場に現れる事も多々あります。

酔っぱらってしまってそのまま放置してしまうと、夏場は虫が寄ってきてウジ虫が湧くこともあります。

まず、生ごみは水分が多いので焚き火にかけた焼き網の上でしっかりと乾燥させます。

その後は、焚き火の炎の中に入れてしまい灰になるまで燃やして処分します。
あと、高温の炎の中でも骨の形は最後まで残りますが、トングなどで叩くと灰と一緒に粉々になってしまいますよ。

カマドで人参、玉葱、じゃが芋、玉子の殻、リンゴ、バナナの皮を焼き網で焼く
すべて灰になった写真

白色食品トレイ

キャンプで発生する白色食品トレイの主なゴミとしては、肉や魚が入れられている容器などがあります。
バーベキューの時は大量に出てしまうゴミですね。

白色トレイのゴミも炊事場で洗った後は、乾燥させておきます。

そして、キャンプが終わった後の帰宅途中に購入した店の店頭に置いてあるリサイクル回収BOXに入れて処分します。

キャンプでのゴミ処理:肉の入った白色トレイ
キャンプでのゴミ処理:店頭リサイクルボックスへ入れる

アルミ缶

キャンプで発生するアルミ缶の主なゴミとしては、缶ビール、アルミの缶詰などがあります。
特に人数が集まるとビールの空き缶は大量に出ますね。

アルミ缶のゴミは炊事場で洗った後は、乾燥させておきます。

そして、アルミ缶も店の店頭に置いてあるリサイクル回収BOXに入れて処分します。

キャンプ場で空き缶を洗う写真
キャンプでのゴミ処理:空き缶の分別

ペットボトル


キャンプでのゴミ処理:ペットボトル
キャンプでのゴミ処理:ペットボトルの分別

ガラス瓶


キャンプでのゴミ処理:ガラスビン
キャンプでのゴミ処理:びんの処分

スチール缶


キャンプでのゴミ処理:カセットガス缶の穴あけ写真
キャンプでのゴミ処理:鉄くずのゴミ処理

プラスティック・ナイロン類


キャンプでのゴミ処理:スーパーのレジが終わってから詰め替える前の写真

スーパーで買った食品は、できるかぎりジップロックやタッパーに詰め替える。

キャンプでのゴミ処理:スーパーのレジが終わってから詰め替えた後の写真

100円ショップで売っている卵ケース(10ヶ入)を利用すると便利です。
ただ、アウトドア用ではないのでケースに入れた状態で逆さまにしたりはできませんが、重いものを卵ケースの上に重ねても丈夫にできています。

キャンプでのゴミ処理:玉子ケースに詰め替える

その他のゴミの処分方法


ゴミ捨てが可能なキャンプ場

スポンサーリンク

無料のキャンプ場の多くは管理人が不在の場所が多く、突然の災害や犯罪に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。
携帯電話の電波が届かない場所や周囲に民家のないところもあります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
スマホや携帯ラジオなど利用して天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災・防犯対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。

 

スポンサーリンク


関連記事



無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。