夏のキャンプ場(ホタル キャンプ)

ほたる鑑賞は初夏から夏にかけて日本の風物詩のひとつですね。

昔はホタル見物に出かけて蛍を捕まえて持ち帰った事もあります。
でも蛍は捕まえても一晩で死んでしまいます。

今、ホタルは絶滅の危機の状態にありますので子孫を残してもらう為にも持ち帰らないで見るだけにしておきましょう。

テントサイトで照明を暗くしてホタルを眺めながら過ごすのはとっても幻想的ですよ。

スポンサーリンク

【メニュー】


キャンプ場でのテント生活

ホタルキャンプの時期

ホタルの出現する期間はとても短いので、下調べが必要です。

可能であれば、夜にキャンプ場へ下見に行って確認をしておくとホタルに出会う確率が高くなると思います。
しかし、気温が下がるとホタルは活動しなくなるのでキャンプ当日にはホタルを見ることができない場合もあります。

源氏蛍(ゲンジボタル)であれば5月下~6月下ごろ、平家蛍(ヘイケボタル)であれば6月下~8月頃まで見ることができます。

そして、ホタルは日没してから約2時間後の夜20時頃になると沢のあちこちで光を放ちながら乱舞を始めます。
曇っていて湿度が高く、蒸し暑く風のない夜が狙い目です。

蛍の乱舞:ホタル キャンプ

ホタルをたくさん見ることが出来るキャンプ場の近くでは、ホタルまつりを開催しているところもあります。

タイミングが合えばコンサートや美味しい屋台なども楽しめますね。

キャンプ場でホタルまつり


ホタル鑑賞のできるキャンプ場

ホタルが見れると言われているキャンプ場でもホタルの出現時期を外してしまうとホタルを見ることはできません。

あまりにもホタルを期待をしすぎると、ガッカリすることもあります。
なのでホタルが見れたらラッキーというように考え方を変えれば、あまりガッカリしなくても済みますね。

乳待坊公園いこいの広場キャンプ場:ホタル キャンプ

虫除けスプレーが必需品

ホタルが現れる小川は流れのゆるやかで綺麗なところですね。
そういう場所には蚊やブヨなどの害虫も多くいます。

虫除けスプレーでしっかり防虫対策をしてからホタル鑑賞をしましょう。
蚊取り線香はホタルにも害を及ぼす恐れがあるので、ホタルに近づけないように心がけたいですね。

蚊取り線香は要注意:ホタル キャンプ

マムシに注意

ホタルが生息している川には他にも沢山の生き物が生活しています。

ヘビの餌となるカエルや昆虫なども生息しています。

暗い茂みで、うっかりとヘビを踏みつけてしまうかも知れません。
特に毒蛇のマムシだったら大変です。

足元が暗いとヘビがいても分かりませんので、なるべく茂みには近づかないようにした方が無難です。

特にホタルを追いかけて遊ぶ小さなお子さんのいるキャンパーは注意が必要です。

マムシに注意:ホタル キャンプ

夜間の照明

足元を照らす為に懐中電灯は必要ですが、ホタルは敏感ですので過度の照明やカメラのフラッシュは厳禁です。

なるべく、灯かりは足元だけを照らすようにしましょう。

そして、炊事棟の電灯は明るいのでホタルの出没する時間帯はなるべく消灯しておくとホタルの明かりをより楽しむことができます。

足元だけを照らす:ホタル キャンプ

テントにホタルがやってきたので、中に入れてみました。

テントの中で光るホタルを見つめていると何故か不思議な気分になります。

テントの中で光るホタル


スポンサーリンク

無料のキャンプ場の多くは管理人が不在の場所が多く、突然の災害や犯罪に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。
携帯電話の電波が届かない場所や周囲に民家のないところもあります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
スマホや携帯ラジオなど利用して天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災・防犯対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。

 

スポンサーリンク


関連記事



無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。