円山公園 ふれあいの森キャンプ場

円山公園 ふれあいの森キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:鹿児島県肝属郡東串良町(標高約8m)
  • 利用料:無料(要受付・電話連絡で可)
  • 受 付:東串良町役場
  • 地 面:裸地、芝地のフリーサイト(林間・海近く)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)30秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事場に併設
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 松林の林間にありますが比較的に日当たりは良い
  • 海から350メートルほど内陸にあるので静か
  • キャンプ場内の松林を大伐採工事中でした
  • 場所によっては車両横付けでテント設営可能

※2018年1月の情報

円山公園 ふれあいの森キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

経路を読み込み中…

目的地点を読み込み中…

【テントサイト全景】

キャンプ場は肝属川の河口北側にあり、長さ16kmにもおよぶ柏原海岸の南端に位置しています。この海岸線は白砂青松の景勝地で、広大な砂丘地には毎年春になるとにルーピンの花が咲き乱れ、多くの観光客が訪れる場所でもあります。

テントサイトは海岸線から350メートルほど内陸の松林の中にあります。所々が芝地になった場所もありますが全体的には裸地のフリーサイトです。 炊事棟の周辺は少し開けているので日当たりが良く、適度に木陰もあります。

訪問時は支障木伐採工事中(平成30年3月10日まで)で重機を使って大規模に森の中を伐採していました。森の中に不法廃棄されていた多くのゴミも一か所に集められていました。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟には管理室らしき部屋が併設されていますが管理人さんは常駐していないようです。

コンクリート製のシンクが設置されており、蛇口の水は上水道のようです。足洗い場もありました。

炊事棟の中央には大きな木製テーブルもあります。

設備は少々老朽化していましたが比較的にきれいでした。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

耐火レンガで組まれた縦長のカマドで熱効率が良さそうです。グリル等は設置されていませんでしたがカマドには破損もなく使用頻度は少ないような感じです。 そして、消し炭も残っておらず綺麗に清掃管理されています。

炊事棟の周囲にはU字溝の露天式カマドもあります。

松林の中なので枯れ枝がたくさん落ちています。焚き火の際には楽に薪集めをすることができると思います。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレは炊事棟から少々遠く、一度道路に出てから150メートルほど海側へ行ったところにあります。漁港に近いので漁師の方も頻繁に利用されているようです。

水洗式の綺麗なトイレで照明もセンサー式で自動点灯します。

身体障害者用トイレも併設しています。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場のトイレ

【炊事棟近くの遊具】

炊事棟の近くには木製のアスレチック遊具があります。しかし一見すると立派な板場の区画サイトのようにも見えます。

雨の日などで地面のコンディションが悪い時には、ここでテントの撤収作業をすると荷物が汚れなくで良さそうです。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場の東屋

【あずまや】

東屋は道路を挟んだ向かい側の円山公園側にあります。

最近、改装したばかりのような感じの綺麗な休憩所でした。

流線型のお洒落なベンチが設置してあり、モダンな雰囲気です。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場の東屋

【遊具】

円山公園側にあるターザンロープ等の遊具も最近出来たばかりのような設備です。

ここもキャンプ場と同じく工事車両が頻繁に出入りしており、入り口には「津波避難施設整備工事」と書かれた看板が立てられていました。 平成30年3月16日まで工事をするらしいので、更に遊具が増えるのではないでしょうか。

公園内には相撲場や児童館、プール等もあるようです。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場の遊具

【駐車場】

ラミネートされたA4サイズの紙が貼られた松の木のある一区画がキャンプ場の駐車場となっています。

この駐車区画は神武天皇御出航碑の観光スポットの駐車場と兼用になっています。一応、駐車場はありますが、場所によっては車を横付けしてテントを設営することもできます。

あと、キャンプ場から9kmほど離れた場所にある日帰り温泉施設の 高山温泉ドームさくら温泉 串良温泉センターで入浴が可能です。

円山公園 ふれあいの森キャンプ場の駐車場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

衛星画像を読み込み中…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。