(※)

志和海岸

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県高岡郡四万十町・標高約4m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:不明
  • 地 面:草地・砂地のフリーサイト(海岸・漁港近く)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:なし・水道あり
  • かまど:なし
  • トイレ:簡易水洗式
  • 漁港のすぐそばにあるキャンプ適地
  • 漁港の湾内にある砂浜なので波が穏やか
  • フラットな草地で海のロケーションも良い
  • 無料の冷水シャワーあり

※2019年 3月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

志和海岸

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

海岸は四万十町の北部、太平洋に面した場所にあります。 西側から向かう場合は県道326号線で峠を越えて。北側から向かう場合は県道25号線で海沿いのルートを。 志和の海岸は、その昔は仁井田郷で取れた米や炭、薪、魚などの物資を船で高知へ運ぶ、海の玄関口として栄えたそうです。 現在は志和漁港から橋を渡った志和川の対岸に小さな集落が広がっています。 キャンプ適地の周囲には漁港や畑があり、少し離れた場所に数軒の民家があるだけです。 ただ、漁港なので船のエンジン音は時折、聞こえてきます。

テントサイトとして利用出来そうな場所は、砂浜の手前にある一番左側と一番右側の草地。 右側にある草地は漁船の出入口のそばなので早朝・夕方は少々騒々しいかも。 車両を横付けできる場所なので、オートキャンプも可能です。砂浜でもテント設営はできますが、斜面の場所が多い。

志和海岸のサイト全景

【水道施設】

水道施設は砂浜の手前にあります。

立水栓タイプの水道で蛇口に長いホースが接続されています。海岸で水遊びして、ちょっと足を洗いたい時には便利ですね。

蛇口の水が飲用できるかどうかは不明ですが、ここで洗い物ができます。

雨天でなければ、すぐ横のコンクリート地面にマナ板を置いて調理作業もできます。

志和海岸の水道施設

【シャワー施設】

立水栓とシャワー施設は一緒になっています。

シャワーは露天タイプで、シャワーヘッドが3か所。

シーズンオフでも水が出ましたので、一年を通して利用が可能と思われます。

隣に小さな部屋がありましたので、中をのぞいてみたら色々と道具が置かれていました。 ここは以前、更衣室だったのではないかと思います。

志和海岸のシャワー施設

【お手洗い】

トイレは海岸の入口にあります。

古そうな外観の木造建物ですが、中は最近改装されたばかりような感じで、とても綺麗でした。 腰壁、床ともにコンクリートのモルタル仕上げ。

洋式便座が設置された水洗式に近い簡易水洗式のトイレです。

取り付けられたトイレットペーパーホルダーも新品でしたが、肝心のトイレットペーパーは備え付けられていませんでした。

トイレの入口には目隠し兼用の大きな観光案内の看板が立てられています。

志和海岸のトイレ

【東側のキャンプ適地】

砂浜に向いて右手側へ50メートルほど行くと、フラットな草地があります。

海側は車が落ちないように車止めのロープが張られています。

ここはトイレから少し離れた場所にあるので、車の往来が比較的に少なくて静かです。

ただ、漁港から外海にでる水路のそばなので、漁船のエンジン音は聞こえてくるでしょう。

志和海岸の東側のキャンプ適地

【志和海岸】

志和海岸は太平洋に面した美しい海岸です。

キャンプ適地のある漁港内の砂浜と西側にある広い砂浜とは志和川で隔てられています。

志和川の水量はあまりなく、河口は水たまりの様になっています。

志和海岸

【志和漁港】

キャンプ適地のすぐ裏側には小さな漁港があります。

昼間でも船の往来はありますが、それほどエンジン音は気になりません。

毎年冬に開催される「志和ふるさとまつり」ではイセエビの半身が入ったイセエビ汁が大人気で長蛇の列ができるそうです。 豪華伊勢海老汁が500円らしい。 他にも新鮮な魚や貝、特製天ぷら、米豚なども人気なようです。

是非、冬にも訪れてみたい。

志和漁港

【漁港入口】

キャンプ適地のある砂浜は漁港の湾内入口にあります。

志和川の右岸側には昭和の初期に作られた石積みの防波堤が今でも残っています。

船が通行していない時は波が穏やかなので、小さな子供でも安心して海水浴を楽しむことができます。

志和海岸の漁港入口

【駐車場】

駐車場と砂浜との境目には車止めの丸太が置かれています。

駐車スペースは広いので車両を横付けしてキャンプができますが、トイレの周辺の地面は斜面になっています。 両端にある草地は平坦地なので、そちらの方でテント設営する方が良いでしょう。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから33kmほど離れた場所にある 四万十源流の里 で日帰り入浴ができます。

近場に格安で利用できる日帰り入浴はありませんが、黒潮本陣などのいくつか温泉施設があります。

志和海岸の駐車場

【2019年 3月の情報】

キャンプをしている人は誰もいませんでしたが、仕事のお昼休みに訪れたと思われる営業マンの方が一人、車内でお弁当を食べていました。

ここはロケーションの良い場所なので海を見ながら浜辺でピクニックをするのにも最適なところです。

事前に調べていた情報では、トイレが汲取式だったはずでしたが、綺麗な簡易水洗式に改装されていました。

トイレの入口には目隠しにもなる大きな観光案内の看板が設置されています。 看板には周辺の観光情報やダイビング、磯釣りの問合せ先電話番号も記載されています。

2019年 3月の志和海岸

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

志和海岸
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。