菊陽町 ふれあいの森公園

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:熊本県菊池郡菊陽町(標高約114m)
  • 利用料:無料(要受付)
  • 問合せ:菊陽町ふれあいの森研修センター
  • 受 付:現地(21時頃まで受付可能)
  • 地 面:土・芝地のフリーサイト(林間・市街地近く)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗・身体障害者用あり
  • 昼間は子供達がたくさん遊んでいる公園です
  • 住宅街や小学校に近いです
  • 炊事棟には動物除けのドアがあります
菊陽町ふれあいの森公園

野営地の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は菊陽町の北東部にある菊陽町立菊陽北小学校の北側に隣接しています。豊肥本線の原水駅からは直線距離で北へ870メートルほどです。 菊陽町の市街地よりは少し高台にあります。周囲には住宅街や小学校があるので昼間は大勢の子供達が走り回っている賑やかな公園です。 夜になると公園に訪れる人も少なく、とても静かです。

テントサイトは炊事棟のある周辺の落ち葉がきれいに掃除された土の地面のフリーサイトと丘になった場所にある芝地のフリーサイトです。 芝地の方は斜面が多いので、平坦地は少なめです。公園内には大きな樹木がたくさん植えられているので、日陰になる場所が多く過ごしやすい。

管理人さんが常駐されている夜の9時ごろまでは受付が可能です。

菊陽町ふれあいの森公園のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟には2ヶ所の門が設置されているので、野良犬やイノシシ等の動物の侵入を防ぐことができます。門の掛金はカラビナで留められているだけなので容易に開閉はできます。 ただ、この門は低いのでネコやカラスには効果がありません。

シンクは光沢のあるコンクリート製で清潔感があり、流し台の両サイドはテーブルスペースになっています。蛇口の水は上水道のようです。 蛇口がプッシュ式の自閉式水栓になっていますが水の出る時間が長めなので使用時には特に問題はありません。

夜間は炊事棟の天井照明が点灯し、公園内にある街灯も明るいです。

菊陽町ふれあいの森公園の炊事場

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

耐火レンガで組まれた幅広のカマドです。

グリルは若干変形しているものの、消し炭などまったく残っておらずとても綺麗に清掃管理がされています。

園内は綺麗に清掃されているので薪になるような木や枝は見つけづらいです。

菊陽町ふれあいの森公園のカマド

【お手洗い】

トイレは駐車場から階段を上がってすぐの場所にあります。

きれいな水洗トイレでトイレットペーパーも完備されています。 女子トイレ側の奥には身体障害者用のトイレも併設されています。

夜はトイレ内の照明が自動で点灯します。

菊陽町ふれあいの森公園のトイレ

【あずまや】

東屋は公園西側奥のこども広場にあります。

炊事棟からは少し離れた場所にあるので、キャンプをされる方はあまり利用頻度が少ないと思われます。

あと、炊事棟の近くにある木に「スズメバチ注意」の張り紙がありましたので、公園内で子供を遊ばせるときにはご注意ください。

菊陽町ふれあいの森公園の東屋

【管理棟】

公園の東側に「菊陽町ふれあいの森 研修センター」があります。ここがキャンプ場の管理事務所も兼ねています。

利用する際には建物入口を入ってすぐ右側にある窓口で利用申請書に必要事項を記入して提出します。

日帰りでバーベキューを利用する人や館内で開催されている文化教室に通う人がいるので夜の10時ごろまで管理人さんが滞在されています。夜の9時ごろまでには受付を済ませた方が良いようです。

休館日は日曜日、祝日、年末年始(12月28日~1月4日)です。

菊陽町ふれあいの森公園の管理棟

【ベンチとテーブル】

炊事棟の近くには木製のベンチとテーブルが設置されています。ここは日帰り利用の方がバーベキューをする場所でもあるので、花見や夏のシーズンは混み合う可能性があります。

芝生広場にもベンチとテーブルがあるので、近くにテントを設営すると便利に使えそうですね。

菊陽町ふれあいの森公園テントサイト内のベンチ

【駐車場】

広い駐車場が公園の一番下にあります。

駐車場から炊事棟までは70メートルほどの距離なので、それほど遠くありませんが、駐車場から階段を登ったり、芝広場の斜面を登ったりするので意外と距離があるように感じます。

あと、キャンプ場から4kmほど離れた場所にある日帰り温泉施設の 菊陽温泉・さんふれあで入浴が可能です。

菊陽町ふれあいの森公園の駐車場

【2012年 4月の情報】

花見シーズンの終盤に訪れました。

公園の桜は、ほとんど散っていましたが昼間から夕方にかけては地元の人がお花見に訪れて賑やかでした。

夜は犬の散歩やウォーキングをしている方が数人ほどが訪れていました。

2012年 4月の菊陽町ふれあいの森公園

【2016年11月の情報】

平日のお昼に訪れたので子供たちが遊んでおらず、公園内が静かでした。

あと、テントサイト奥にあるイチョウの木が黄葉していてとても綺麗でしたね。

2016年11月の菊陽町ふれあいの森公園

【2018年 1月の情報】

放射冷却現象で夜間はかなり冷え込み、翌朝には5センチほどの霜柱が地面から立ち上がっていました。

炊事棟の蛇口も凍り付いて夜間から水道が使えず、水の確保に苦労しました。トイレの水は時間をかけると何とか通水しましたが…

でも、翌日は天気が良くてとても気持ち良く過ごせました。

2018年 1月の菊陽町ふれあいの森公園

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。