(※)

遙拝八の字広場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:熊本県八代市・標高約9m
  • 利用料:無料(イベントで使用不可の時もあり)
  • 問合せ:Googleで探す
  • 地 面:芝地のフリーサイト(川沿・河川敷)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)10秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 砂利広場では直火も可能
  • イベント時はキャンプ不可の場合もある
  • 高速道路と鉄道の騒音があります
  • 市街地に近いので買い出しには便利

※初回2023年 3月に訪問

経路を読み込み中…

上の青いボタンを押すと、現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

OSがアンドロイド(Android OS)の方はgoogle mapが自動で立ち上がるか、ブラウザで表示されます。 右の「iphoneで表示」ボタンを押してもリダイレクトされるので同様に表示されます。

OSがアイ オーエス(iOS)の方はマップ(Apple)が立ち上がります。 iphoneユーザーの方でgoogle mapアプリを使いたい方は、左の「androidで表示」ボタンを押して下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプの予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

※クリックするとLINEが起動します。

【野営場所について】

ページの情報はリサーチ時に感じた個人的な主観で紹介しています。

すでに当時の情報が変わっていたり、間違っている事もございますが何卒ご了承ください。

野営可能な公園や広場も紹介していますが、ゴミ問題等でキャンプが禁止になっていたり、有料化された場所もあります。

また、水が出ない、トイレが使えない、電気が点かない、そもそも施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんやイベントと鉢合わせすることもありますので、キャンプ利用をする前にネット等で下調べしておく事をおススメします。

利用申請が必要な場所では受付をしないと炊事棟やトイレの水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

遙拝八の字広場

【広場全景】

広場は八代市を流れる球磨川の下流域にあります。 八代市街地から国道3号線で向かう場合、萩原町交差点から新萩原橋を渡って高速道路の高架下を抜けると、すぐ左側に広場が見えます。 広場の中心には高速道路の高架が通っていますが、昼間は日陰になるので過ごしやすいです。 日中は高架の日陰で家族連れがピクニックを楽しむ光景も目にします。 広場から見える球磨川には復元された「八の字堰」が見えており、アユの産卵場所にもなっているようです。

テントの設営が許可されている場所は、芝地の広場と鉄道高架の奥にある砂利地の広場です。 この広場は敷地が空いていれば無料でキャンプができますが、料金を払って占有することも可能です。 イベント開催時は利用できない場合もあるので、事前に公式H.P.で予定状況を確認した方が良いでしょう。 また、砂利地の方は車両を横付けしてオートキャンプも可能です。

遙拝八の字広場の全景

【炊事場】

炊事場は土手を上がった場所にあるトイレに併設されています。

少し屋根部分があるので、雨の日でも濡れずに使うことができます。

蛇口は4か所あり、プッシュタイプの自閉式水栓になっています。

それぞれの蛇口で水量・水が出る時間にバラつきはありますが、使い勝手は良いと思います。

水の飲用に関しては何の表示もありませんが、おそらく上水道でしょう。

夜間でも電灯が点灯しているので安心です。

遙拝八の字広場の炊事場

【砂利広場の直火】

広場にはカマドの設備はありませんが、砂利広場では公式に直火が認められています。

ただ、火気の使用に関しては以下の禁止事項があります。

禁止されている行為は「ゴミの焼却」「鉄道鉄道橋梁や堤防から20m以内の火気の使用」などです。

また、芝生広場では焚き火台を使用すれば焚き火もできます。ただ、花火は禁止されています。

遙拝八の字広場の砂利広場の直火

【お手洗い】

トイレは広場の南側駐車場から土手の階段を上った場所にあります。

鉄筋コンクリート造りの真新しい建物です。

内装は清潔感のある白いコンクリート壁で床には薄いブラウン色のタイルが貼られています。

綺麗な水洗式のトイレで予備のトイレットペーパーも完備されています。

夜間でも天井照明が明るいので使いやすいと思います。

身体障害者用トイレも設置されており、ベビーベッドやチャイルドシートもあります。

そして、こちらは洗浄便座になっています。

遙拝八の字広場のトイレ

【芝生広場B】

南九州西回り自動車道の高架橋から南側が「芝生広場A」で北側が「芝生広場B」になっています。

芝生広場Bは北側の大駐車場と隣接しているので、駐車スペースのすぐそばにテントを設営をすればオートキャンプのような状態で楽しめます。

広場Aより敷地が広い広場Bは荷物の搬入が楽な反面、利用者が多いので少々窮屈に感じますね。

地面は柔らかい粘土質なので簡単にペグが刺さりますが、河川沿いの遊歩道際に打つ場合は砂利に当たることもあります。

あと、高速道路の高架橋の真下はテント設営禁止になっており、両サイドに明かりの点灯したポールが目印になっています。

遙拝八の字広場の芝生広場B

【砂利広場C】

砂利広場の方は車両の横付けでテント設営ができるので、オートキャンプが可能です。

ただ、すぐそばに「おれんじ鉄道橋梁」が通っているので電車の騒音が聞こえます。

地面が固いので強靭なペグが必要。

こちらのサイトでは直火が可能ですが、火やカマドの後始末は必須です。

「焚火、炭の処理はルールを守り、全て持ち帰りましょう」との事。

遙拝八の字広場の砂利広場C

【足洗い場】

トイレ棟の南側には足洗い場があります。

川辺ゾーンで砂遊び、川遊びをした後は、ここで足を洗い流すことができるので便利です。

この蛇口は自閉式水栓ではないので、使い勝手も良いです。

遙拝八の字広場の足洗い場

【川辺ゾーン】

河原には誰でも簡単に降りる事が出来るようになっています。

砂地になっているので、小さいお子さんの砂遊びにも最適です。

高速道路の高架橋の下なら日陰になるので涼しく遊べます。

遙拝八の字広場の川辺ゾーン

【駐車場】

駐車場は芝生広場の北側とトイレ棟の前にあります。

広場Bでキャンプをするなら北側駐車場、広場Aでキャンプするならトイレ前の駐車場が近いです。

駐車場から車道を挟んだ場所にある広場Aでもサイトスペースまでは最短で10メートルほどの距離なので荷物の搬入には苦労しないでしょう。

砂利広場の場合はどこでも駐車可能ですが、夜間に移動する際は設営しているテントの張り綱に注意が必要です。

あと、550円以下で利用できる入浴施設は以下でご紹介。
宮原福祉センター さくら(11km)
千丁健康温泉センター パトリア千丁(7km)

遙拝八の字広場の駐車場

【2023年 3月の情報】

金曜日の利用だったので、それほど利用者は多くなくて快適に過ごせました。

今回は芝生広場Aの川沿いにテントを設営しました。

川沿いの場所は、川の流れる音が大きく聞こえます。

その為、話し声はもちろん、高速道路や鉄道の騒音も気になりませんでした。

ただ、貨物列車が通行する時はかなり長く電車の音が聞こえていました。

あと、この場所は南向きなので午前中は太陽の陽が当たります。

テントの結露が乾きやすいですが、日差しが強いとタープなしでは暑いです。

朝寝坊するなら反対側の広場Bが良いでしょうね。

2023年 3月の遙拝八の字広場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

あと、今後もリーズナブルなキャンプ生活を楽しむためには、自分が出したゴミ(炭や残飯も)の回収はもちろんのこと、テント周辺の清掃や原状復帰を心掛けることも大事です。

遙拝八の字広場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。
たびんちゅや(旅人屋)
たびんちゅや(旅人屋)
このチャンネルでは主に自作のキャンプギアを紹介しています。

無料のキャンプ地には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。