祇園滝 ふれあい広場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:宮崎県児湯郡木城町・標高約346m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:木城町役場まちづくり推進課
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:砂利地・芝地のフリーサイト(沢沿・山間)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:あり(屋根付き)
  • トイレ:汲取式
  • 道路が狭く離合困難で、落石が多く荒れています
  • 巨大な屋根付きの広場があるので雨の日でも安心
  • 炊事場の水が超冷たい
  • 駐車場の芝地は雨の日には水はけが悪い

※2018年 8月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

祇園滝 ふれあい広場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【広場全景】

野営のできる広場は木城町の北部を流れる板谷川の上流にある「祇園滝」の入口に造られています。 ここで車道は行き止まりになり周囲には民家もないので、とても静かな場所です。沢から冷たい風が吹いてくるので夏でも涼しい。 祇園滝の駐車場までは一本道なので迷う事はありませんが、道路がかなり狭くて軽自動車でも離合困難な箇所が多い。路上には沢山の落石があり、雨上がりには沢水が道路を横切って川になっている箇所も複数ありますので走行には注意が必要です。

ふれあい広場か芝地の駐車場がフリーサイトとして利用できます。芝地の駐車場は日当たりが良くて平坦地なのですが地面には苔も多く水はけが少々悪い。 ふれあい広場は砂利地ですが、巨大な開閉式の屋根の下なのでどんな天候でも気にせずキャンプができます。

祇園滝 ふれあい広場のサイト全景

【炊事棟】

広場西側の山の斜面に屋根付きの炊事場があります。

ステンレス製シンクが設置されていて横には木製の調理用テーブルもあります。蛇口の水は沢からの引水と思われ、洗い物をしていると手がしびれるほど冷たくなります。 シンクの足元には泥はね防止のスノコも設置されています。

シンクの横には、その冷たい流水を溜めている大きなコンクリート製の丸桝があるので食料や飲料を冷やすにも最適。

祇園滝 ふれあい広場の炊事棟

【かまど】

屋根付きのカマドは広場の南側にありますが、物が散乱していて長い間使われていないような印象を受けました。

コンクリートブロックで造られたバーベキューテーブルのようなカマドです。グリル代わりの鉄筋の棒がいくつかありました。

周辺を片づけて掃除すればまだ使えそうな感じです。

祇園滝 ふれあい広場のカマド

【お手洗い】

トイレは車道入口の道路沿いにあります。

昔ながらのボットン式トイレですが、清掃管理がされていて比較的に綺麗でした。

トイレットペーパーや消臭剤も完備されています。

祇園滝 ふれあい広場のトイレ

【ふれあい広場】

ふれあい広場には巨大な開閉式の屋根があります。

訪問時にはビニール製の屋根が広げられていたので日陰になっており、とても涼しかったです。

雑草対策の為か地面には一面に砂利が敷かれています。これだけ屋根が広いと少々の雨でもテントが濡れる事は無さそうですね。

祇園滝 ふれあい広場

【あずまや】

ふれあい広場の入口には小さな東屋があります。

内部には木製のテーブルとベンチが設置されています。

壁がないので雨の日は居心地が悪そうですが、ここで滝を見ながら食事をするには良さそうです。

祇園滝 ふれあい広場の東屋

【管理棟】

管理棟はふれあい広場の奥にあります。

ここには普段、管理人さんは常駐されていないようです。

巨大屋根の柱には「平成13年度水力発電施設周辺地域交付金事業」と書かれていました。

この施設全体は役場での管理ではなく、地元の組合の方たちで管理されている施設のようですので、ここで自己責任の元で野営する際には管理されている方の指示に従ってくださいとの事です。

祇園滝 ふれあい広場の管理棟

【祇園の滝】

祇園の滝は小丸川の支流の板谷川の上流にある滝です。

駐車場から遊歩道に入ってすぐの場所からは、鉤掛滝と椎尾滝が見えます。

10分程歩くと祇園の滝が見えてきます。三方を崖に囲まれた落差78mの迫力のある滝。 ただ、遊歩道には山ヒルが生息しているので厚手の靴下や長靴を履くなどして要対策を。

※現在、遊歩道は崩落しており行けないようです。

木城町の祇園の滝

【駐車場】

駐車場は道路から一段下がった場所にある芝地の広場になっています。 天気が晴れていて地面のコンディションが良ければここでのキャンプも気持ちよさそうです。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから35kmほど離れた場所にある 木城温泉館 湯らら で日帰り入浴ができます。

祇園滝 ふれあい広場の駐車場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

祇園滝 ふれあい広場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。