虎口池野営場

虎口池野営場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:岡山県岡山市(標高約191m)
  • 利用料:無料(要予約・電話連絡で可)
  • ※7~8月は団体さんの使用が多いので利用制限あり
  • 受 付:岡山青年クラブ
  • 地 面:土・草地の区画サイト(湖畔・山間)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根あり)
  • かまど:あり(屋根なし)
  • トイレ:汲取式
  • 児島半島の山の上にあるキャンプ場です
  • 周囲に民家はありませんのでとても静かです
  • 貝殻山から見る岡山市の夜景はすばらしい

※2017年 9月の情報

虎口池野営場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

経路を読み込み中…

目的地点を読み込み中…

【テントサイト全景】

キャンプ場は岡山市南東部の児島半島にある天目山の山頂近くに造られています。 アクセス道の県道463号線は道幅が狭く、ワインディングロードが続いているのでキャンプ場の入口をうっかり通り過ぎてしまうこともあります。 駐車場から1kmほど離れた場所には貝殻山の駐車場があり、そこからは児島湾と岡山市の市街地を見渡すことができます。そして夜景も美しい。

テントサイトは木枠で囲まれた区画サイトになっています。真砂土の地面ですが、所々に草が生えた場所もあります。 周囲には背の高い木々が生い茂っているので木陰も多い。湖畔のキャンプ場ですが、テントサイトからは池が見えません。 7月~8月は団体さんの利用が多いので、利用日と重なると使用できない事もあるそうです。なお、事前に連絡すればサイトまで車両の進入が可能です。

虎口池野営場のサイト全景

【炊事棟】

鉄筋コンクリート造りの大きな炊事棟がキャンプ場の入口にあります。

洗い場のシンクはコンクリート製で蛇口の水は飲用には適していないようです。注意書きには手洗い専用と書かれていました。

中央には調理用のテーブルがあるので便利です。そして、炊事棟内にあるカマドには大きな板が被せられていました。なので、炊事棟内のカマドは使用できませんが荷物置き場やベンチとしてなら使えそうですね。

あと、炊事棟の奥にはステンレス天板のテーブルがたくさん積まれていました。

虎口池野営場の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟の外にあります。

コンクリートブロック製のカマドで、床面にはレンガが敷かれています。そして、自分でレンガを組みなおしてカマドを作ることもできます。

グリルはありますが、カマドに取り付けられているので取り外しはできません。

虎口池野営場のかまど

【お手洗い】

トイレは昔ながらのぼっとん式です。

床面、壁面はタイル貼りですが建物が古いので、それなりに使用感があります。

訪問時にはトイレットペーパーはありませんでしたが、用意されている時もあるようです。

虎口池野営場のトイレ

【焚き火サークル】

テントサイトから100メートルほど離れた場所にはキャンプファイヤーのできる広場があります。

この広場には焚き火サークルがありますので、焚き火も楽しめます。

虎口池野営場の焚き火サークル

【あずまや】

炊事棟の隣には大きな屋根付きの休憩所があります。

屋根は折り畳み式になっており、雨の日や日差しの強い日には屋根を広げることができるようになっています。

これは雨の日には便利ですね。

虎口池野営場のあずまや

【虎口池】

キャンプ場の東側には、虎口池があります。それほど綺麗な池ではありません。

テントサイトからは直接見えないので、存在を忘れがちです。

あと、キャンプ場には小さな木製アスレチック遊具もあります。老朽化のためか使用禁止になっていましたが…

虎口池野営場の前にある池

【駐車場】

駐車場は県道463号線沿いにあります。キャンプ場の入口までは約100メートル、テントサイトまでは400メートルほどあります。道沿いの駐車場からキャンプ場まで歩くと5分ほどかかります。 通常は入口に車止めチェーンが張られていますが、利用日の数日前に電話連絡をすれば鍵を外して車両の乗り入れが可能になるそうです。

この駐車場は昔から犬捨て場としても知られており、茂みの中に捨てられた犬が数匹いました。定期的に犬好きの方から餌をもらって生き延びているようです。

あと、キャンプ場の駐車場から11kmほどの離れた場所にある銭湯 福島温泉で日帰り入浴ができます。

虎口池野営場の駐車場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

衛星画像を読み込み中…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。