波当津海水浴場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:大分県佐伯市(標高約4m)
  • 利用料:無料(夏季は駐車場が有料)
  • 受 付:佐伯市役所蒲江振興局 地域振興課
  • 地 面:裸地のフリーサイト(海岸・林間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗・洋式便座あり
  • とても美しい浜で、水の透明度も高い
  • テントサイトは松林の中で木陰が多い
  • 美しい砂浜でのテント設営も可能です

※2018年1月の情報

波当津海水浴場

野営地の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は大分県の最南端にある波当津海水浴場の一角に造られています。東九州自動車道(無料区間)の蒲江波当津ICからは2kmほどの距離です。 この浜は「日本の白砂青松百選」にも選ばれているほど美しい砂浜で海の透明度も高くとても綺麗です。 波が穏やかで遠浅の浜なので夏には多くの家族連れで賑わうようです。

テントサイトは所々に草地のある裸地のフリーサイトです。松林の中にあるので木陰が多くて涼しい。目の前に広がる透き通るような青い海を見ながら過ごす時間は格別です。 夏場は駐車場が有料になり、炊事場の近くまで車の乗り入れが可能なようですが、冬場は海水浴場の入口に車止めのロープが貼られ、コーンも置かれています。なので車両は進入できません。

波当津海水浴場のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟にはコンクリート製のきれいなシンクが設置されています。シンクとシンクの間はテーブルスペースにもなっているので調理時にも便利に使えます。

蛇口の水は上水道のようですが、1月に訪れた時には水道の元栓が止められており、使用はできませんでした。

その代わりにトイレの前にある立水栓は水が出るので利用が可能です。

波当津海水浴場の炊事棟

【水場兼シャワー】

炊事棟から60メートルほど奥へ行ったところにも水場があります。

この水場には屋外シャワーも設置されているので海水浴をした後に自由に水を浴びることもできます。

波当津海水浴場の水場兼シャワー

【お手洗い】

トイレは海水浴場の入口にあります。

洋式便座が設置されたとても綺麗な水洗トイレで暖房便座やウォシュレット、トイレットペーパーが完備されています。

入口には立水栓があるので、水の確保も可能です。

あと、海岸の東側にもトイレがありますが冬季の間は閉鎖されています。

波当津海水浴場のトイレ

【あずまや】

海水浴場の入口から海に向う道の途中に東屋があります。テーブルや丸太のベンチがあり、とても広くて開放的なので過ごしやすい。

入口には野菜の直売所もあり、シーズン中は10:00~17:00まで開いているようです。キャンプの食材として新鮮な野菜が購入できますね。

波当津海水浴場の東屋

【サイト前の砂浜】

天気が良いと青い海と白い砂浜のコントラストがとても美しい。水の透明度が高いので堤防の上からでもお魚が良く見えます。

この浜の砂は付近のサンゴ礁が砕けた粒子が砂となったものでサンゴ礁の砂浜とも呼ばれているそうです。大分市以南のリアス式海岸の中では唯一の白砂の海岸です。

海岸の南側には波の浸食でできた洞窟があり、時折洞窟の奥から波が打ち寄せてきます。

波当津海水浴場のサイト前の砂浜

【更衣室・シャワールーム】

入口にあるトイレの建物内に男女別に更衣室と無料のシャワルームがあります。

とても綺麗に管理されていますので、夏は利用者が多いのでしょうね。

波当津海水浴場の更衣室・シャワールーム

【駐車場】

7月中旬から8月の間は駐車場が有料になります。1日につき、バイク200円、軽・普通車500円なので、一泊二日の場合はその金額の倍になります。

駐車料金は浜の清掃・台風時の片付け・ハマユウの植栽運動などに使われているそうです。

駐車場から炊事棟までは80メートルほどの距離です。

波当津海水浴場の駐車場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。