石場ダムキャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:大分県臼杵市野津町・標高約306m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:野津土地改良区
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:草地のフリーサイト(ダム湖畔・沢沿)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)20秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗式
  • 日当たりの良い広いフリーサイトです
  • サイト以外は木陰が多く全体的に薄暗い
  • 地面は苔むした場所が多い
  • 道が狭いので悪天候時の走行は危険

※2019年 2月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

石場ダムキャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は臼杵市の南西部に位置する石場ダムの湖畔にあります。 周辺は深い森に覆われた静かな場所で民家もなく、とても静かな場所です。 湖ではバス釣りを楽しんでいる方が多かったです。 ただ、道が狭いので車の走行には充分に注意が必要です。携帯電話は圏外。 北側からのアクセス道路は舗装の状態はきれいでしたが落石箇所が多く、道が狭くてかなりの急斜面です。

テントサイトは開けた場所にある平坦地のフリーサイトですが全体的に木陰が多い。地面は苔むした所が多いので水はけは良くないと思われます。 車の乗り入れは出来ませんが広場のそばに駐車することが出来るのでテントの設営には問題ありません。 ただ、広場内には、いくつか直火の跡があったので夜間のテント設営時には要注意です。 あと、キャンプ場やダム周辺で水害の痕跡がありましたので雨天時の利用は避けた方が良さそうです。

石場ダムキャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は南側の入口から入って30メートルほど進んだ場所にあります。

炊事棟の壁はそれほど高くありませんが山の陰にあるので多少の風雨でも問題なく使用ができそうです。

シンクはコンクリート製で蛇口は4か所。そのうち一か所の蛇口にはビニールホースが取り付けられていますので炊事棟の外で足を洗う事もできます。 蛇口の水は勢い良く出ますが、飲用不可と書かれていました。

建物内の中央には調理用テーブルがあります。コンクリート製の天板なのでキャンプ用ストーブを使って調理も可能です。 そして、シンクの反対側の壁面にはベンチも設置されています。

昼間でも天井照明は点灯します。

石場ダムキャンプ場の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

耐火レンガで組まれたカマドですがグリルや火床はありません。

少々使いづらそうなカマドですが近くに沢川があり、カマドを組むのに手頃な石がゴロゴロあります。

縦長のカマドなので、大きな焚き火で調理ができそうです。

周囲の森には倒木や落ち木が沢山ありますので薪集めには困らないでしょう。

石場ダムキャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレは炊事棟の隣にあります。

小さな建物でコンクリート打ちっぱなしの内装ですが水洗式のトイレになっています。 あまり使われていないような印象を受けましたが比較的にきれいでした。

あと、予備のトイレットペーパーも完備されていました。

トイレのそばにある電柱にはLED外灯があり、周囲が木陰で薄暗かったためか昼間でも点灯していました。

石場ダムキャンプ場のトイレ

【立水栓】

キャンプ場の南側入口の道沿いには立水栓があります。

蛇口にはビニールホースが繋がれています。夏場ならここで水浴びしても気持ちよさそうですね。

石場ダムキャンプ場の立水栓

【沢川】

キャンプ場の南側入口の道路沿いには小さな沢川が流れています。

川遊びをするには、ちょっと浅すぎる川ですね。

でも、川が氾濫したような形跡があるので大雨の降った日には濁流になることが予想されます。

石場ダムキャンプ場の横を流れる沢川

【石場ダム湖】

石場ダムは旧野津町、旧三重町の田畑の灌漑用水を確保する目的として作られたダムです。

ブラックバスの釣り場ポイントとして知られているようで、多くの若者が釣りを楽しんでいました。

石場ダムキャンプ場の前にある石場ダム湖

【湖周道路】

ダムの周囲には湖周道路があります。道路の幅が狭く、落石箇所も多い。

オフロードバイクが対向側から急に現れることもあるので、走行には充分に注意が必要です。

石場ダムキャンプ場の湖周道路

【駐車スペース】

このキャンプ場には駐車場はありませんが、広場の近くに車を停めるスペースはあります。

北側の入口からも進入することが可能で、こちらも広場のそばに駐車ができます。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから13kmほど離れた場所にある ホテルますの井 で日帰り入浴ができます。

石場ダムキャンプ場の駐車スペース

【2019年2月の情報】

ダムの北側から向かう道(三国灰立林道ではない道)で行きました。 道が狭くて落石が多く、あちこちで斜面が崩れた形跡が見受けられました。 ここは携帯電話が圏外なので何かトラブルがあった場合は誰にも対応してもらえません。天気が崩れる事が予想される時の利用は避けた方が良さそうです。

問い合わせ先で「大雨の災害で水道管が破損しているので水が出ないと思います」と教えてもらいましたが、キャンプ場の炊事場の蛇口からは勢い良く水が出ました。 水洗トイレも問題なく使用が可能でした。電灯も点灯します。

現在は、水道の修理は完了しているようですね。

あと、トイレの屋根に大木が倒れて乗っかっています。トイレを利用する際は倒木で怪我をしないようにご注意ください。

2019年2月の石場ダムキャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

石場ダムキャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。