(※)

下梶寄キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:大分県佐伯市鶴見・標高約5m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:佐伯市役所鶴見振興局
  • 地 面:裸地・砂利地のフリーサイト(海岸・海水浴場)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式
  • 九州最東端のキャンプ場です
  • 無料の屋外冷水シャワーがあります
  • 海水浴場は玉石の浜です
  • 東側の奥は砂利混じりの固い地面

※初回2012年 5月に訪問

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

下梶寄キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は鶴見半島の先端、九州最東端の海水浴場である下梶寄海水浴場にあります。 半島沿いの県道604号線を東へ進んで行くと「海事・渡り鳥館」と「鶴御崎灯台」との分岐路があります。 そこを左へ反れて坂道を300mほど下ると目的地。 目の前に元の間海峡と鶴見大島が見える気持ちの良いロケーションで夏は海水浴場として賑わっています。 また、イカ釣りのポイントとしても知られており、一年を通して多くの釣り人も訪れています。

駐車場の東側から奥へ進んだところにある空き地がテントサイトとして適しています。 平坦地で奥まった場所にあるので静かに過ごすことができる。 すぐそばに浄水施設があるが波の音が大きいので、それほど気にならない。 ただ、砂利混じりの固い地面なので堅強なペグが必要。 ここは九州最東端の集落ですが、半島の北側にあるので海から登る朝日は見えません。 ちなみに炊事棟の横にある芝地ではキャンプが禁止されていますのでご注意を。

下梶寄キャンプ場のテントサイト全景

【炊事場】

駐車場の手前にトイレとシャワー施設と炊事場が併設された大きな建物があります。

屋根があるので雨の日でも風が強くなければ、濡れずに洗い物ができます。

シンクはコンクリート製で蛇口は4か所。蛇口のひとつには長いビニールホースが接続されています。 蛇口の水は飲用が可能だと思われます。

調理作業用のテーブルはありませんが、シンクの縁が広いのでマナ板を置くことはできると思います。

下梶寄キャンプ場の炊事場

【屋外シャワー】

シャワー施設は炊事場の西側にあります。

露天の冷水シャワーですが、通年を通して利用が可能です。

シャワーヘッドは6か所あり、それぞれに足洗い用の蛇口が付いているので便利。

あと、向かい側に木製ドアのある更衣室も完備しています。

壁にガラスブロックが埋め込まれているので室内は明るいが、老朽化している部分が少々目に付く。

下梶寄キャンプ場の屋外シャワー

【お手洗い】

トイレは炊事場の東側にあります。

建物を外から見るとノスタルジックな石造りの灯台のような形をしています。 天窓部分がガラスになっているので日中でもトイレ室内が明るい。

内装はペンキ塗りの白壁で床には薄いグリーン色のミニタイルが貼られています。

夜間でも照明が明るくて使いやすく、比較的に綺麗な水洗式のトイレです。

男性用には和式のみですが、女性用には洋式もあるようです。

あと、トイレットペーパーも完備されています。

下梶寄キャンプ場のトイレ

【資料館】

炊事施設のある建物の南側に「海事資料館と渡り鳥館」という郷土資料館があります。

ここは少し高台になっているので見晴らしがとても良い。有料ですが、コイン式の双眼鏡も置いてある。

「喜びも悲しみも幾年月」の映画の舞台となった場所で当時、水の子灯台を守っていた方が滞在していた退息所後跡を改装して作られた建物です。

文化庁の「登録有形文化財」に指定された、貴重な建物らしい。 敷地内には〒マークの入った珍しい瓦などもある。

休館日は毎週火・水曜日、観覧料は大人:200円、小・中学生:100円、5才未満:無料。

下梶寄キャンプ場の海事資料館と渡り鳥館

【テントサイト2】

駐車場の西側には平坦地になった玉石の浜があります。

波打ち際からは少し高い場所にあるので、ここもテントサイトとして利用することが可能です。

ただ、ペグは刺さらないので張り綱は石を利用して固定する必要があります。

更にその奥へ行くと、もう一つ別の浜があります。 駐車スペースの奥にテントを張れる場所がありますが、こちらは釣りをする人たちの利用が多い。

浜は北東に開けた場所にあるので、冬場は日陰になる事が多い。 でも、冬場でも風はそれほど強くない。

下梶寄キャンプ場のテントサイト2

【キャンプ禁止エリア】

シャワー施設の隣に芝地の広場があります。

一見すると快適そうなテントサイトに見えますが、この場所ではキャンプは禁止されています。

注意書きには 「この場所は海水浴に来られる、お客様の休憩所となっておりますので、キャンプはご遠慮ください」と書かれています。

あと、ここは集落に隣接した場所なので夜の21時以降は騒がないようにして下さいとの事です。

この広場にはテーブルとベンチもあるので、ピクニックに利用しても快適な場所です。

下梶寄キャンプ場のキャンプ禁止エリア

【海水浴場】

下梶寄海水浴場は九州最東端にある海水浴場です。

遊泳期間は7月1日~8月31日まで。

この浜は流れの早い元の間海峡に面していますが、沖合にテトラポットが置かれているので波が穏やかです。

玉石の浜ですが、子供でも安心して海水浴が楽しめます。

浜に降りるコンクリート製の階段が広いので、イス替わりに腰かけて海を眺めるのにも丁度良い。 海峡の向こうにある鶴見大島を見ながら、時間を忘れてのんびりと過ごすことができます。

あと、浜の西側にある岩場の島にはアーチ状の橋が架かっているので手軽に渡る事もできます。

下梶寄キャンプ場の海水浴場

【駐車場】

駐車場は海水浴場の入口にあります。

収容台数は30台らしいですが駐車区画線はなく、かなり広い。 ここはローカルバスの方向転換所にもなっています。

夏のシーズン中だけ駐車料金が有料になる海水浴場が多い中、ここは年中無料で駐車可能。

海際には柵があるので夜間でも安心。車中泊でも快適に過ごすことができるでしょう。

他にも駐車場の両側の道沿いやバス停のそばに駐車可能なスペースもあります。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから27kmほど離れた場所にある 佐伯市保健福祉総合センター和楽、 もしくは38kmほど離れた場所にある 塩湯 天然海水風呂、 で日帰り入浴ができます。

下梶寄キャンプ場の駐車場

【2012年5月の情報】

金環日食を九州最東端で見るために訪れ、二泊しました。

ここから3.5kmほど離れた場所にある九州最東端の鶴御崎まで行きましたが、あいにくの雨混じりの曇り空でした。 なので残念ながら、車内のテレビで中継されていた晴れている関東地方の日食を見ることになりました…

二日目は雨も上がり快晴。鶴御崎は九州で一番早く日の出を見る事ができるということもあり、元旦には初日の出見物に多くの人が訪れます。 遊歩道には照明も設置される。 ちなみに、キャンプ場のある海岸は半島の北側なので、海から登る太陽をサイトから見ることはできません。

あと、佐伯周辺のすべての日帰り入浴施設はオムツを付けてる子供の利用が拒否されるので困りました。 家族が多い方は塩湯の家族風呂に入ると良いでしょう。ベビーバスも用意されています。

2012年5月の下梶寄キャンプ場

【2020年1月の情報】

正月休みに訪れました。

予想通り、キャンプ利用者は誰もおらず貸し切り状態でした。 夜は釣り人が多かったのですが、風もなく波も穏やかで、とても静かに過ごすことができました。 海に浮かぶ漁火や星空がとても綺麗。

夜中に野良猫がやって来て片付け忘れていたゴミ袋を漁られたり、早朝に漁船の音がして目を覚ます事もありましたが、海が見渡せるロケーションはとても良い。

今回は空気が乾燥していて、そよ風が吹いていたせいか結露はありませんでした。 でも、この場所は冬場になると昼過ぎても日陰になるので、結露があるとタープやフライシートの乾燥に時間がかかるかも知れませんね。 あと、階段を登ったところにある旧炊事場・バンガローの周辺が綺麗に草刈りされていまいした。立ち入り禁止のロープも無くなっていた。

2020年1月の下梶寄キャンプ場

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

下梶寄キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。