内田龍神海水浴場 キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:大分県国東市・標高約6m
  • 利用料:夏季以外は無料
  • 問合せ:国東市役所観光課
  • 地 面:砂地・草地のフリーサイト(砂浜・海水浴場)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 夏休み期間以外は自由にキャンプすることが可能
  • テントサイトは防風林に囲まれているので安心
  • 板張りの東屋が快適すぎる
  • 屋根付きの休憩棟で夜露を避ける事もできる

※2018年 8月の情報

スポンサーリンク


【施設について】

このページの情報は訪問当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

内田龍神海水浴場 キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は国東市の南東部にある内田龍神海水浴場内に整備されています。 大分空港からは直線距離で2kmほどしか離れていませんが、最終便は夜の10時ごろなのでそれほど飛行機の騒音は気になりません。 海岸は白い砂浜が延々と続く見晴らしの良い場所で晴れていると、とても気持ちが良い。 夏場以外は、無料で利用できるのもありがたい。国道213号線からは「内田海岸」の看板が目印。

テントサイトは一見すると草地のように見えますが、完全な砂地のフリーサイトです。 ペグ等は役に立たないので、張り綱を張る時は一工夫が必要です。テントサイトは防風林に囲まれているので強風時でも安心。 駐車場からは、ちょっと遠くなりますが北側のエリアにもテントサイトがあり、北側にある入口から車で進入されている方もいました。

内田龍神海水浴場 キャンプ場のテントサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は駐車場から60メートルほど北へ行ったところにあります。

内部に大きなコンクリート製テーブルが設置された広い炊事棟で使いやすい。

シンクも綺麗な金ゴテ仕上げのコンクリート製です。蛇口は多数あり両面から使用できます。蛇口の水は上水道のようです。

炊事棟の外には足洗い場もあるので、海で遊んだ後は便利です。

夜間の利用時も天井照明が明るくて安心。夜12時には外灯も自動で消灯します。

内田龍神海水浴場 キャンプ場の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設しています。

コンクリート製の幅広のカマドで棒状グリルが設置されています。グリルの高さが低いので使いやすそうです。

消し炭や灰もそれほどカマド内に残っておらず、綺麗でした。

薪探しの際に防風林の中で落ち木は確保できますが、海岸でも流木を拾うことができます。 海水浴シーズンが終わると砂浜に多くの流木が流れ着いてそのままゴミとして放置されているので、それらを薪代わりに利用できます。

内田龍神海水浴場 キャンプ場のカマド

【お手洗い】

海水浴場にはシャワー・トイレ・更衣室が設置された大きな鉄筋コンクリート造りの建物があります。 でも、夏のシーズン中以外は閉鎖されているので利用ができません。 その代わり、駐車場の近くにある身体障害者用のトイレを利用することができます。

このトイレは年間を通して海水浴場の公衆トイレとして使う事ができます。 入室すると自動で照明と換気扇が稼働する綺麗な水洗トイレです。とても清掃管理が行き届いています。

気密性が高いので虫などの進入はありませんが、夏場は換気扇が換気するまでは少々暑い。 床面はタイル貼り、腰上は板張りの内装で落ち着いた雰囲気。予備のトイレットペーパーも完備されています。 ただ、トイレはこの一室のみなので利用者が多いと不便かも。

内田龍神海水浴場 キャンプ場のトイレ

【管理棟】

管理棟は駐車場の海側入口にあります。

平成30年は7月13日~8月31日まで海水浴場としてオープンしていました。その期間中は管理人さんが常駐していたようです。

シーズン中の利用料金は入場料が大人300円(小学生以下無料)、貸しテント1,200円、テント持込1,000円、休憩舎使用料3,000円(一日)。 駐車場も有料で普通車300円、大型バス500円が必要ですが、海水浴場のオープン期間を外せば、それらはすべて無料になります。

大分空港が直線距離で2kmほど北へ行った場所にあり、着陸体勢で低空飛行をする飛行機が目の前を飛んでいく光景が見えるのも楽しい。

内田龍神海水浴場 キャンプ場の管理棟

【休憩棟】

キャンプ場には、海が見渡せる巨大な休憩棟があります。

かなり広いスペースなので、暴風雨でなければここでテントを張っても快適そうです。 ただ、張り綱が張れないので海風が強いと厳しいかも。

棟内の四隅にはテーブルとベンチが設置されたコーナーもあるので便利です。

注意書きに「この施設内で、焼肉・バーベキュー等をする場合は、直接地面にコンロ等を置かないでください」と書いてありましたので火気を使う際は脚高の台が必要です。

隣にある監視台からからの景色も素晴らしく、南北に続く砂浜の海岸美を堪能できます。

内田龍神海水浴場 キャンプ場の休憩棟

【あずまや】

キャンプ場には東屋が4棟あります。

手前のテントサイトには板張りの東屋が2棟、テーブルとベンチが設置された東屋が海側に1棟。 板張りの東屋は床が高いので風通しが良く、とても快適です。

利用者がいなければ、ここでのんびりと一日を過ごせます。 フェンスがあるので、ある程度のプライバシーも保てます。

ただ、朝早くは太陽の日射しが東屋内に、まともに当たるので暑い…

奥にあるテントサイトにも東屋が一棟あります。駐車場からは300メートルほど離れていますので、少々遠いですが誰も来ないので静かです。

内田龍神海水浴場 キャンプ場の川の東屋

【内田海岸】

この海岸は龍神海岸とも呼ばれ、国東半島県立自然公園内にある美しい自然海岸です。目の前の海は瀬戸内海で、天気が良いと遠くには佐田岬が見えます。

見渡す限りの長い砂浜ですが、海水浴場の前には波消しの為にテトラポッドが海の中に設置されています。

ロケーション的にはどうかと思いますが、離岸流が起こらないので安全に遊泳するには良いですね。 景色が良いので強風でなければ砂浜の高台でキャンプするものありかも。

ここから歩いて3分のところに龍神様が祭られている白石神社もあります。

内田龍神海水浴場 キャンプ場の海岸

【駐車場】

駐車場はとても広いです。駐車可能台数が40台のようですが、通路の幅があるのでそれ以上に広く感じます。

テントサイトまでは70メートルほどなのでそれほど遠くはありません。でも地元の方は、普通に海水浴場内に軽トラックで乗り入れていましたね。

問い合わせした際には、このキャンプ場は有料期間以外は自由に使って良いとの事でしたが、ゴミは必ず全てお持ち帰り下さいとの事でした。

あと、ここから6kmほどの離れた場所にある日帰り入浴施設 しお湯100馬力で日帰り入浴ができます。

内田龍神海水浴場 キャンプ場の駐車場

【2018年 9月の情報】

9月の初旬に訪れたので気温は高く、まだ海で遊ぶことは出来ました。でも水は冷たかったです。

初日は誰もキャンプしている人がおらず貸し切りの状態。二日目にはバイクのソロキャンパーが二人と車中泊されていた方が一人。 みなさん、眺めの良い海辺や休憩棟の屋根の下でキャンプされていました。広いキャンプ場なので人の気配は、ほとんど気にならないレベルでした。 連日綺麗な朝日も見る事ができて大満足です。

テントサイトには誰もおらず、夜間はほとんど東屋で過ごしていたのでとても快適。 サイトは砂地なのでペグは役に立ちません。海岸に流れ着いていた竹の棒を50センチほど地中に打ち込んでペグ代わりに使うと便利でした。

2018年 9月の内田龍神海水浴場 キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

経路を読み込み中…

現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内をグーグルマップで表示しています。

androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。