(※)

鳥取池緑地 桜の園

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:大阪府阪南市・標高約147m
  • 利用料:無料(4月~11月・7日前までに要予約)
  • ※窓口申請時は要印鑑・郵送申請も可能
  • 受 付:阪南市役所生涯学習部 生涯学習推進室
  • 地 面:芝地の区画サイト(ダム下流・林間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1.5分
  • 炊事場:あり(屋根付き)・飲用不可
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:汲取式・身体障害者用あり
  • 春はお花見キャンプも可能
  • 「大阪府緑の百選」に選ばれている場所です
  • 郵送申請時は返信用の封筒を要同封

※2019年 9月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。

個人的な主観で紹介しているので、当時の情報が変わっていたり、間違っている事もございますが何卒ご了承ください。

以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

鳥取池緑地 桜の園

【テントサイト全景】

キャンプ場は阪南市の南部に位置する鳥取池のそばにあります。ダムの下流、右岸側。 県道257号線から向かう場合、まず石田交差点を南へ曲がります。 そして、国道26号線の高架下を抜けて、川沿いの道を2.4kmほど進むと採石場があります。 そこから更にダートの道を1.5kmほど進んだ場所が目的地です。 紀泉アルプスの麓にある桜の名所で、「大阪府緑の百選」に選ばれている場所です。 春には多くのお花見客も訪れています。

テントサイトはフリーサイトのような区画サイトで、6区画あります。 焚火サークルのある広場から階段を少し登った場所にサイトスペースがある。 サイトは木陰の多い平坦地ですが、広くはない。 春はお花見キャンプも可能です。 市街地からは、それほど離れていませんが、とても静かな場所です。 利用する際には利用日の7日前までに予約が必要で、受付場所もしくは郵送でのみ受け付けてもらえます。 なお、申請時には印鑑が必要。

鳥取池緑地 桜の園のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は中央の広場にあります。

木造角柱のある屋根の高い建物です。 内部には洗い場とカマドがあり、両サイドのカマドが壁代わりにもなっている。

コンクリート製のシンクが炊事棟の中央にあります。

蛇口は片面に5か所、洗い場は両面にあるので計10か所の蛇口が使える。

蛇口が横ひねりタイプの自閉式水栓になっているので、洗い物をする際は少々使いづらいかもしれない。

なお、「蛇口の水は飲料水ではありませんので、決して飲まないようにしてください。」との事です。

洗い場のそばにコンクリート製のテーブルがあるので、調理作業はしやすいでしょう。

鳥取池緑地 桜の園の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

コンクリート製の四連カマドが、両サイドの壁際に設置されています。

格子状のグリルが設置された小さなカマドなので少人数でも使い易そうです。

キャンプ場の周辺は森になっているので、薪代わりになる落ち木は比較的に多い。 薪集めは楽にできそうな環境です。

ちなみにデイキャンプで火気を使用するだけでも利用申請が必要です。

鳥取池緑地 桜の園のかまど

【お手洗い】

トイレはキャンプ場の入口にあります。

木調の鉄筋コンクリート造りの建物で、内装の壁は白壁で床は土間コンになっています。

汲み取り式のトイレですが、身体障害者用のトイレも併設されています。

少々老朽化している雰囲気ですが、比較的に綺麗です。

なお、予備のトイレットペーパーも完備されています。

室内照明は夜遅くには自動で消灯するようです。

鳥取池緑地 桜の園のトイレ

【あずまや】

東屋はテントサイトの奥にあります。

テントを張る際は4番・5番・6番の区画サイトが東屋に近くて便利に利用できそうです。

東屋の中央に木調のコンクリート製テーブルとベンチが設置されています。

雨の日には快適に過ごせそうです。

この東屋は南側の木陰になる場所にあります。 東屋を利用しなくてもテントサイトは日陰が多いので風が吹いていれば涼しい。

鳥取池緑地 桜の園の東屋

【焚き火サークル】

広場の中央には焚き火サークルがあります。

このキャンプ場で火気が使用できるのは、かまど及びキャンプファイヤー場と指定されているので、ここでなら焚き火が可能です。

鳥取池緑地 桜の園の焚き火サークル

【テントサイト2】

テントサイトはキャンプ場南側の一段高くなった細長い敷地にあります。

全部で6区画のサイトスペースがあります。

サイトから中央の広場を見下ろせる場所なのでロケーションは良い。

北側に開けている場所なので、日中を通して木陰になっています。 標高は低いですが風が吹いていると涼しい。

桜の咲く季節は、お花見キャンプも楽しめる。

なお、令和2年4月から管理運営が、委託事業者である市民団体(桜の園の会)が行っているようです。

飛び込みの当日利用が出来ないのは難点ですが、近くに在住の方ならば手軽に行けそうですね。

鳥取池緑地 桜の園のテントサイト2

【キャンプ場への道】

キャンプ場は採石場の辺りからダートの道に変わります。

路面は締まった砂利地なので二輪駆動の自動車でも問題なく走行可能ですが、離合困難な箇所が多い。

軽自動車同士でも擦れ違いのに苦労するので要注意です。

特に週末は利用者が多いのでスピードを出して走行すると危険です。

鳥取池緑地 桜の園のキャンプ場への道

【駐車場】

駐車場は舗装された地面になっています。

駐車場からサイトまでは120~150メートルほどの距離があります。

駐車場もテントサイトのように細長い敷地なので、入口から離れた駐車スペースに停める程にサイトまでの距離が離れます。

キャリーカートを持参して運ぶこともできますが、サイト下の階段までです。

なので、荷物が多いと少々苦労するかも知れません。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから9.2kmほど離れた場所にある 泉南市立若松湯 で日帰り入浴ができます。

鳥取池緑地 桜の園の駐車場

【2019年9月の情報】

お昼休憩に訪れました。 秋の連休中という事もあり、多くのキャンパーが滞在されていました。

キャンプされている方だけでなく、登山者も多いようで狭いダートの林道で2回ほどスレスレで離合しました。

市街地から近いという事もあり、意外と交通量が多い事に少々驚きました。 このダートはバイクとの離合でも狭い場所があるので、要注意です。

キャンプ場の手前には河原へ降りることができる場所もありますが、水質はそれほど綺麗ではありません。 木陰も多い川なので、水遊びはどうかなって感じです。

水道の水は飲用が不可なので飲料水は各自で用意が必要ですね。

今度は桜の咲く時期にも来てみたい。

2019年9月の鳥取池緑地 桜の園

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

鳥取池緑地 桜の園
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。