雨のキャンプ場

時間的に余裕があるならば、雨の日のキャンプは基本的に移動しないことが一番です。

雨の日は、どんなにがんばってもテントを撤収する際や移動先でテントを設営する際にも濡れてしまいます。
バタバタと撤収している為にキャンプ場に大事な道具を置き忘れることも多く、注意も散漫になります。

雨の日は屋根つきの炊事場で焚き火をしたり料理をしたりテントの中で雨音を聞きながら読書したりして旅の休養を取ることができます。

スポンサーリンク

でも、雷が鳴り出したらテントの中は危険なので炊事棟へ避難します。
雷は簡単にテントを突き抜けて人間に直撃します。
そして、近くに雷が落ちた場合でも、雷が濡れた地面を伝って被害を受ける場合もあります。

車で旅をしているのであれば、マイカーへ避難するのが一番安全ですね。

【メニュー】


キャンプ場でのテント生活

雨の日のテント設営・撤収

雨の日に快適にテントを張るには、まずタープが必須になります。

最初に雨具を着てタープを設営することになるので、多少手足は濡れることになります。
テントを覆えるくらいの大きなサイズのタープがあれば快適ですね。

雨具を着てタープを張る:雨のキャンプ場

水はけが良く、周囲より若干高い場所を選んでタープを張ります。

雨が降っていても強風さえ吹かなければ、タープの下でテントを濡らさずに設営することができます。
風が強い場合はタープは低めに張るようにします。

タープの下でテントを設営:雨のキャンプ場

周囲より一段高くなっている区画サイトは水はけが良い場合が多いので雨の日もしくは降りそうな場合は、なるべくテントを区画サイトに設置する方が無難です。

一段高くなっている区画サイト:雨のキャンプ場

【雨の日のテント設営】

①まずポールを自立させてから3点支持でタープをなるべく地面に当たらないように浮かせて張ります。

タープを張る:雨のキャンプ場

①次にタープのロープを四方に緩めに張ります。

タープのロープを緩めに張る:雨のキャンプ場

①最後にタープの下でテントを設営をし、タープの張綱すべてにテンションをかけてしっかりと張ります。

タープの下でテントを設営:雨のキャンプ場

下の写真のようにタープをふたつ組み合わせれば、多少の強風でも耐えることができます。

タープを二つ使ってとんがりテント風に:雨のキャンプ場

そして、雨の日にテントを撤収する際は、
まず、テント内の荷物の片付け。

テント内の荷物の片付け:雨のキャンプ場

次に、テントの撤収。

テントの撤収:雨のキャンプ場

最後にタープの撤収して終了。

タープの撤収:雨のキャンプ場

雨の日でも完全にテントを乾燥してから撤収したいところですが、雨の日は湿度が100%です。
テントの生地が乾いているように見えても湿っている場合がほとんどです。

シルナイロン系以外のテント生地のほとんどは生地の裏側にPU加工(ポリウレタン防水加工)を施されてます。

そのポリウレタン素材は、加水分解を起こすことでも知られています。
加水分解とは水と化学変化を起こし劣化し、ボロボロと剥がれたりベタベタな粘着質に変化してしまう事です。

雨キャンプから戻ってタープやテントを湿った状態で密封して長期間放置してしまうと加水分解が進んでしまう事がありますので、なるべく早めに乾燥作業することをおすすめします。


雨の日のキャンプでの必需品

●雨具

雨具はゴアテックスの高性能レインウェアからビニール製のポンチョまで色々と種類がありますが、テントの設営時と撤収時に自分が動きやすいものが良いでしょう。
バイク旅や自転車旅では透湿防水性能の高いレインスーツを常備しておきたいですね。

コンパクトなのはポンチョタイプの雨具ですね。
下の写真のようにシルナイロン製のポンチョは収納時にはとっても小さくなり、そして強度も大変優れています。

コンパクトなポンチョ:雨のキャンプ場

●長靴

濡れた足でテントの中に入るとテント内も濡れてしまいます。
夏場はサンダル履きで濡れてもすぐ乾くので気にならない方も多いと思いますが、気温が低い日には靴下を脱がなければなりませんよね。

そして、雨が上がっても濡れた草の中を歩くと履物はびっしょりと濡れてしまうこともしばしばあります。

そんな時は長靴が便利です。

キャンプでの携帯性を考えると折り畳みできるものが良いでしょう。
価格や性能面から日本野鳥の会の長靴が大人気です。

ブーツ代わりに日常でも履かれている女性の方もいるようです。

日本野鳥の会の長靴:雨のキャンプ場

●傘

傘も折りたたみ式が良いと思います。
テントからちょっとトイレへ行く時などに雨の中へ出るときには、やはり傘が一番便利です。

雨で濡れた雨具を毎回着込むのも大変ですからね。

車移動であれば、ワンタッチ式のオートマチック傘も便利です。
ボタンひとつで開閉が可能です。


●ロールトップ式の防水バッグ

濡れてはならないものを収納する時にはロールトップ式防水バッグが便利です。

テントの中に雨が浸水した時でも防水バッグに入れておけば大事な荷物を濡らさずに済みます。

ロールトップ式の防水バッグはカヌーやカヤックでのツーリングされている方も愛用している防水性の高いバッグです。


●防水性能のあるヘッドライト

万が一の時に備えて、防水性能のあるライトを持参することをおすすめします。

夜中に突然の嵐に遭遇して避難を余儀なくされた時には無くてはならないアイテムです。
雨で地面が緩み、強風にフライシートがあおられて抜けてしまったペグを暗闇の雨の中で打ち直す時にも活躍します。

ヘッドランプは両手が使えるので荷物や子供、ペットを抱えて移動することもでき、大変便利です。


屋根付き炊事棟でのんびり

キャンプ場に屋根つきの炊事棟があれば、カマドで焚火をしながらのんびりと過ごすことができます。

炊事棟は他のキャンパーとの交流の場としても活用できる憩いの場所です。
旅人同士でカマドの焚火を囲みながらおしゃべりをしていると、あっという間に一日が過ぎてしまいますね。

屋根つきの炊事場:雨のキャンプ場

テントの中でのんびり

雨の日は一日中、テントの中でダラダラ過ごすのも快適です。
その際は、テント内は締め切らないようにしないとテント内と外の温度差ですぐに結露が発生してしまいます。
特にフロアは雨で濡れて温度が低くなっているので結露しやすく、マットの下が濡れてしまうことが多いです。

できることなら、テントフロアの内側全体を覆えるような厚手のシートを敷くとある程度の結露は防ぐことができます。

雨の日にテントで過ごす:雨のキャンプ場

資料館、博物館めぐり

キャンプ場の近くに資料館、博物館があればそこで雨の日を過ごすのも楽しいですね。

旅先で訪れた土地の歴史や文化を深く知ることができますよ。

郷土資料館は図書館と併設しているところも多く、雨の日は図書館で日記を書いたり、旅の予定を立て直したりするのもいいですね。
最近は無料でWI-FIが利用できる図書館も多くなりましたので、旅の情報収集にも役立ちます。

旭川市博物館:雨のキャンプ場

温泉や温水プールでのんびり

雨の日は温泉のはしごをしても楽しいですね。

露天風呂でのんびり過ごしたり、畳の休憩室でごろ寝したりと体も気持ちもリフレッシュできます。

あと、温水プールを利用して雨の日に運動するのもリフレッシュになりますよ。
施設によっては、ジャグジーやサウナ、温泉の内湯を備えているプールもあります。
温泉水を使ったプールを利用できれば一石二鳥ですね。

その際は競泳用の水着と帽子、ゴーグルが必要な場合が多いので携帯することをお勧めします。

杖立温泉:雨のキャンプ場


台風でのキャンプ

基本的に台風でのキャンプは避けるべきだと思います。

私も何度か台風通過時にキャンプを経験しましたが、テントの破損は覚悟しておいた方がよろしいかと思います。

ある浜辺のキャンプ場での出来事です。
キャンプ場の管理人さんから台風接近で避難警報が出たので近くの宿へ退避してくれとの勧告がありましたが、私を含め数名の貧乏ソロキャンパーはキャンプ場に残っていました。

ブルーシートでテントを覆って補強したり、張り綱を増やしたりして台風に備えていました。

次第に台風の風は強くなってきて、隙間という隙間から雨がテント内に吹き込んできます。
隙間を無くそうとテントの内側からも補強したブルーシートに大量のペグ打ちをしていたのですが、霧状になった雨が強風と一緒に進入してきます。

雨風の轟音は恐ろしいほどすさまじく強烈で、打ち付ける雨音も半端ではありません。台風が通り過ぎるまでは、まずテントから一歩も出ることができません。
ゴアテックスのシュラフカバーに入っていたのですが浸水して一晩中びしょ濡れの状態で、ほとんど眠ることは不可能でした。

翌朝、台風が去った後に周囲の様子を見ると、近くにあったはずの他の人のテントが地面ごと波にえぐり取られて流されていました。
運良くそのテントの持ち主は前日に宿へ避難されていたので無事でした。

防風林内にあるキャンプ場には木々の枝葉が散乱しており、倒木の直撃を間一髪の距離でまぬがれたキャンパーもいました。

ほとんどのキャンパーはテントが壊れて鉄筋コンクリート造りのトイレやシャワー室へ避難していたようでした。

暴風雨の際は、土砂災害でテントごと流されたり、河川氾濫で中州に取り残されたり、強風災害では車がひっくり返るほどの突風が吹くので、テントなどひとたまりもありません。
避難するタイミングを見失うと脱出不可能な状況に陥ることもあります。

運が悪ければ命を落とす可能性もあるので台風直撃の時は早めに建物内へ避難する事をお勧めします。

台風でのキャンプ



スポンサーリンク

無料のキャンプ場の多くは管理人が不在の場所が多く、突然の災害や犯罪に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。
携帯電話の電波が届かない場所や周囲に民家のないところもあります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
スマホや携帯ラジオなど利用して天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災・防犯対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。

 

スポンサーリンク


関連記事



無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。