北山キャンプ場

【北山キャンプ場】

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:佐賀県佐賀市富士町(標高約380m)
  • 利用料:無料(要予約)
  • 受 付:現地・管理棟
  • 地 面:区画された土と板場(林間・湖畔)
  • 駐車場からサイトまで:歩いて2分
  • (荷物搬入時はテントサイトまで車の乗り入れが可)
  • 炊事場:屋根付き
  • かまど:炊事場と併設
  • トイレ:簡易水洗・身体障害者用あり
  • 管理人さんが常駐しています
  • 雪の季節はタイヤの滑り止めが必要

※2017年 7月の情報

スポンサーリンク


キャンプ場の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【施設の詳細について】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

北山キャンプ場

【テントサイト全景】

キャンプ場は佐賀市富士町の北部にある北山ダム湖の湖畔に造られています。湖の中に南西から突き出た半島の北側にあります。 夏は涼しく、秋は紅葉が美しく、冬は雪中キャンプと一年中楽しめる静かな環境のキャンプ場です。

杉木立の中に板場のサイトや区画サイトが点在していてバリエーションが豊富。土質地面の区画サイトは広めなので、大きなテントでも問題なく張ることができます。 ハンモックを吊って楽しむのも良さそうです。

荷物の搬入時はサイトのそばまで車を乗り入れる事ができます。

北山キャンプ場の区画サイト

【炊事棟】

広くて快適な炊事棟がキャンプ場内に3ヶ所もあります。

流し台はコンクリート製で、蛇口の水は井戸水なので要煮沸です。 ただ、テーブルが無いので調理時には少々、不便です。

炊事棟の照明のスイッチは電源ボックス内にあり、天井照明は管理人さんが翌朝来るまで一晩中点灯しています。

北山キャンプ場の炊事場

【カマド】

カマドはキャンプ場内にある炊事棟によって多少の形状は違いますが、耐火レンガを使った立派なカマドです。

頑丈なグリルや様々な大きさの焼き網も用意されています。

カマドを使った際は、炭の残りを持ち帰らなければなりません。

北山キャンプ場のカマド

【トイレ】

トイレは簡易水洗ですが、きれいに管理されています。

幼児用に低い位置に手洗いもあって便利です。

身体障害者用トイレも利用が可能です。

北山キャンプ場のトイレ

【北山湖】

キャンプ場に隣接している北山湖と北山ダム湖はリアス式海岸のように入り組んだ形をしており、北山湖の周囲に整備されたサイクリングロードは6kmの距離があります。

サイクリングロードはテントサイトのすぐそばにあるので、ランニングされている方も数多く見かけました。

冬の北山湖

【アスレチック】

キャンプ場内にはアスレチック遊具もあるので、サイクリングをしたりアスレチック遊具で汗を流したりして楽しむこともできます。

(2017年7月)残念ながら、キャンプ場内にあるすべての木製遊具は老朽化して使用禁止になっていました。水上歩行ネットも半分水没しています…

北山キャンプ場のアスレチック

【管理棟】

この建物の裏側に管理人室がありますので、利用時はそこで受付用紙に記入します。

とても区画サイトの多いキャンプ場ですが連休中は、それを上回る利用者がいますので早めに予約をしないと利用ができない場合があります。

どんなに雪降っていても日中は管理人さんが常駐していますので安心です。

北山キャンプ場の管理棟

【テントサイト2】

一番手前にあるテントサイトは段々畑のようになっています。近くにトイレと炊事棟があるので便利ですね。あと東屋のある広場にも近いです。

板張りの区画サイトは山の斜面に造られていますので、少々坂道を登らなければなりません。区画が狭いのでソロキャンプ向きですが見晴らしはイイです。

北山キャンプ場の管理棟

【2011年2月の情報】

積雪時の午前中に行く場合はキャンプ場入口の峠が凍結して急斜面なのでスタッドレスで四輪駆動の自動車でもチェーンを装着した方が無難です。管理人さんの四駆の軽トラックが下り坂で滑って止まらなくなり、フロント部分をぶつけてボコボコになっていましたので…

雪の日は利用者もおらず、静かに雪中キャンプを楽しめます。

2011年2月の北山キャンプ場

【2017年7月の情報】

海の日の連休は予約でいっぱいだったので、その前日に利用しました。

連休前は利用者が少なかったので、テントサイトに車を横付けしても構わないと管理人さんの許可を頂きました。 平日はオートキャンプ状態で荷物の搬入が楽なのでおすすめです。

今回利用した炊事棟のすぐそばのサイトは夜間に炊事棟の照明が明るかったので便利でした。

2017年7月の北山キャンプ場

【上空からの写真】

キャンプ場上空からのグーグル衛星画像です。




スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク


関連記事



無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。