三日月野外研修センター さんさん

【三日月野外研修センター さんさん】

  • 所在地:小城市三日月町(標高約180m)
  • 利用料:200円(使用料)+200円(宿泊料)
  • ※7日以上前に要予約・第1水曜日休み
  • 受 付:小城市役所生涯学習課
  • 部 屋:ベッド(4人・8人部屋)
  • 駐車場から施設まで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:屋根付き
  • かまど:炊事場に併設
  • トイレ:水洗
  • 研修目的の為の宿泊なら誰でも利用が可能
  • 日帰りのBBQ利用なら200円のみ
  • 隣接する公園には巨大なすべり台があります

※2017年 4月の情報

スポンサーリンク


キャンプ場の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【施設の詳細について】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

三日月野外研修センター さんさん

【施設全景】

この施設は小城市北東部の旧三日月町にあります。佐賀市の高取山の麓でもあります。

ここは研修施設ですので宿泊目的だけでの利用はできませんが、研修目的でさえあれば小人数での利用も可能です。

宿泊棟は、8人用×3部屋、4人用×1部屋があり、二段ベッドの部屋になっています。布団も無料でお借りできます。

キャンプ道具は持っていないけど、野外で焚き火をして家族で自炊調理を楽しんで一夜を明かしてみたいという方にはありがたい施設です。

三日月野外研修センター さんさんの全景

【炊事棟】

炊事棟は2ヶ所あります。

コンクリート製のシンクで両サイドが調理用のテーブルとしても使えます。蛇口の水は上水道のようです。
あと管理棟の屋内にもキッチンシンクがあります。

食器やコップ、カトラリー、トレイなども無料でお借りする事ができます。

三日月野外研修センター さんさんの炊事棟

【カマド】

カマドはコンクリート製ブロックで造られています。

レンガを組み合わせてグリルの高さを変えて火加減を調節して使えるようになっています。

燃料の薪や木炭を各自用意して持参してもかましませんが、管理棟で薪は一束100円で販売しています。

三日月野外研修センター さんさんのカマド

【トイレ】

トイレはテーブルのあるウッドデッキからと屋外から出入りする事ができます。

洋式トイレが設置された、きれいな水洗トイレでした。

三日月野外研修センター さんさんのトイレ

【シャワールーム】

シャワールームはトイレの向かい側にあります。

温水シャワーを利用できます。

三日月野外研修センター さんさんのシャワールーム

【焚き火サークル】

広場は2ヶ所あり、上段の広場には焚き火サークルがあります。

広場でキャンプファイヤーをする時は消防署に届けなければならないので、事前に予約しておかなければなりません。

持参したテントを広場に設置して宿泊しても構わないそうです。なお、その場合も利用料と宿泊料は発生します。

三日月野外研修センター さんさんの焚き火サークル

【夢とロマンの丘公園】

駐車場を挟んだ向かい側には児童公園があります。

ターザンロープや全長60メートルのローラースライダーがあります。

ただ、園内の階段や遊歩道には崩れた落石が散乱しているので足元注意です。

駐車場に植えられた桜がとてもきれいなので、お花見に訪れる人も多いです。

三日月野外研修センター さんさんの夢とロマンの丘公園

【上空からの写真】

キャンプ場上空からのグーグル衛星画像です。



スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク


関連記事



無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。