十神山なぎさ公園

【十神山なぎさ公園】

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:島根県安来市(標高約2m)
  • 利用料:無料(要予約)
  • 受 付:安来市役所土木建設課(平日)
  • 地 面:芝のフリーサイト(海岸・市街地近く)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)2分
  • 炊事場:屋根付き
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗・身体障害者用あり
  • 日陰はありませんが、とても見晴らしの良い場所です
  • テントサイトからは海が見渡せます
  • 市街地に近いので買い出しにも便利です
  • 国道9号線にも近く、旅の途中利用にも最適

※2017年8月の情報

スポンサーリンク


キャンプ場の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【施設の詳細について】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

十神山なぎさ公園

【テントサイト全景】

キャンプ場は、安来市北部の中海に面した海岸沿いにあります。市街地に近いですが、小高い山の裏側にあるのでとても静かな環境です。時折、海岸線の遊歩道を歩いて散歩している方が訪れるくらいです。

テントサイトは、それほど広くはありませんが芝地のフラットなフリーサイトで、どこにテントを張っても中海を見渡せる気持ちの良いサイトです。

国道9号線にも近く買い出しにも便利なので、旅の途中の宿泊場所としては最適です。

十神山なぎさ公園のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は山側にあるので風の影響を受けにくく、火を扱う時にも影響はなさそうです。

良く管理されたきれいな流し台で、蛇口の水は水道水のようです。調理用の木製テーブルも設置されています。

天井照明も明るく、コンセントもありました。

十神山なぎさ公園の炊事棟

【カマド】

カマドはコンクリート製で内側に耐火レンガが貼られています。

グリルが低い位置に設置されているので、小さな火でも調理ができそうです。

消炭も残っておらず、きれいに清掃管理がされていました。

十神山なぎさ公園のカマド

【トイレ】

トイレは最近、できたばかりのような、ピカピカのトイレでした。

もちろん水洗トイレで、洋式便座も設置されています。

身体障害者用のトイレも設置されています。

十神山なぎさ公園のトイレ

【管理棟】

管理棟は水鳥観察ハウスも兼ねており、9:30~17:00まで開館しています。

キャンプ場の利用時には、安来市役所土木建設課へ平日の17:00までに予約を入れる必要があります。

十神山なぎさ公園の管理棟

【駐車場】

小高い山を越えて坂道を下ったところに駐車場があります。

駐車場からも中海を見渡す事ができます。

テントサイトまでは、歩いて1~2分ほどです。

十神山なぎさ公園の駐車場

【中海の海岸】

テントサイトから海岸へ行くと、すぐに砂浜があります。

広い湾になった内海なので、ほとんど波もなく、とても静かです。

十神山なぎさ公園の中海の海岸場

【上空からの写真】

キャンプ場上空からのグーグル衛星画像です。




スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク


関連記事



無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。