冬のキャンプ場(雪中キャンプ)

キャンプと言えば夏!寒い冬にキャンプなどしたくない。
ましてや雪の降っている日なんかに。

と思われている方は多いのではないでしょうか?

確かに、夏のキャンプでは道具を軽量化できるし風や陽射しを肌で感じて大自然の解放感を満喫することができます。

ただマイナス面は、どこのキャンプ場も混雑している、暑くて汗をかく、サンダル履きなのでテントの中が砂だらけ、虫に刺されるなど。

スポンサーリンク

その点、冬のキャンプ場は利用者が少なくて貸し切り状態になる事も多いです。
そして、体が汗でベタベタになることもなく虫もいないので虫嫌いの女性の方でも快適なキャンプを楽しむことができます。
汗をかきながら、虫と戦う焚き火よりも、冬の焚き火の方が炎の暖かさをありがたく感じることができるのも利点ですね。

冬のテント生活では体温を温存する防寒着を着用し、マットやシュラフの防寒対策さえしっかりとできていれば、それほど厳しいものではありません。

冷たい風を遮断するタープや冬用のシュラフの中は暖かく、一歩テントの外へ出れば白銀の世界!
雪の上で眠るという非日常的な体験をすることができるのも雪中キャンプの魅力です。

空調の効いた暖かい部屋から離れて、冬のキャンプで寒いという不便さを改めて考えて直し、いかに工夫して快適に過ごすか。
そんな不便さを工夫をする楽しさに変える事ができるかが冬のキャンプでは求められると思います。

最近は、キャンプ用の防寒製品も高性能になり冬キャンプの情報や路面の凍結情報もインターネットやライブカメラで簡単に調べることのできる世の中になりました。

そして、冬の間もオープンしているキャンプ場も増えてきたのでスタッドレスタイヤ、滑り止めチェーンを用意して雪のキャンプを楽しめるようになりました。

このページでは、巨大なタープの中に暖房用石油ストーブや薪ストーブを持ち込んだ超暖かい冬キャンプではなく、身軽で質素な雪中キャンプをご紹介しています。

なので暖房器具でタープ内が暑すぎるほどの快適さはありませんが、地面の雪が融けてドロドロ状態になることもなく快適に過ごせます。

【メニュー】


キャンプ場でのテント生活

スタッドレスタイヤ&タイヤチェーンで雪道走行

雪中キャンプが楽しめるキャンプ場は山林の中にある場合が多く、急斜面の道路が続いていたりします。

ノーマルタイヤでタイヤチェーンを装着する場合はFF(フロントエンジン・フロントドライブ)が有利です。
舵取りの出来る前輪にエンジンの重量がかかるので雪道にタイヤチェーンのグリップがしっかりと効き、操縦が可能になります。
しかし、下り坂の場合は前輪しかグリップ力が効かないので要注意です。

四輪駆動の自動車でスタッドレスタイヤを装着の場合は、タイヤの性能にもよりますが圧雪凍結路面の登り坂でもグングン登ることができると思います。
でも二輪駆動の自動車の場合は急な登り坂に弱く、スタッドレスタイヤでも駆動輪の片輪が滑るとスタックして走行不能になったりします。

そんな時は、金属製のタイヤチェーンを装着すればFR(フロントエンジン・リアドライブ)の二輪駆動でも格段にグリップ力をアップさせることができます。

普通のスピードで乾燥路面を走行するとすぐに切れたりする金属チェーンですが、雪道になってから装着すると金属への負担がすくなくとても長持ちします。

スタッドレスタイヤとタイヤチェーン:雪中キャンプ



雪を踏み固める

雪の上にテントを設営する前に、テントサイトをしっかりと足で雪を踏み固めましょう。

地面がしっかり踏み固められていないと、雪面が沈んでポールが下がりタープやフライシートがたるんでしまいます。

そんな時に突風に吹かれるとポールが折れたり、タープの生地が破れたりすることにもなりかねません。

そして踏み固めた地面が斜面になっていると、とても寝にくいです。
なるべく、斜面にならないようにするとよいでしょう。

雪を踏み固める:雪中キャンプ

グランドシートを敷く

断熱性のある素材のシートをテントの下に敷くとテント内の結露を最小限に防ぐことができます。

中でも幅広の銀マットのグレードアップ版の極厚銀マットがおすすめです。

雪の上 → グランドシート → 極厚銀マット → テントフロア → インナーシート → マット → シュラフ
上記のような組み合わせがベストではないでしょうか。

グランドシート:雪中キャンプ


雪の上にテント設営する

いよいよテント設営です。

雪の中では通常のペグではあまり効果がでないので、平ペグや竹製のペグを雪に埋めて踏み固めたりして張り綱を張ります。

あと、雪上にペグを放置すると降り積もる雪で必ず行方不明になってしまうので必ずケースや収納袋に入れるように心がけます。
目印に目立つ色のヒモをペグに結び付けておいてもいいですね。

そして、ベンチレーションのあるテントでしたらフライシートと地面の隙間を雪で塞ぐことでテント内に風で粉雪が入り込むのを防ぐことができます。
その場合は、ベンチレーションの換気を確認して酸欠には気をつけましょう。
二酸化炭素は下部に溜まりますので、寝る時はフライシートを少しだけ開けておく(雪で塞がれない程度に)と安心です。

あと、出入り口が吹き流しタイプのテントでしたら問題ないのですが、ほとんどのテントの出入り口はファスナーだと思います。
ファスナーが凍結するとテントから出られなくなるので、撥水スプレー等を利用してファスナーに水滴が付着して凍りつかないようにしておきます。

テント設営:雪中キャンプ
雪景色:雪中キャンプ

タープを張ってリビングスペースを作る

更にタープを張ると風雪を防ぎ、リビングスペースも確保が可能です。

タープを二つ使えばリビングスペース内を締め切ることもできます。
その場合はポールにかなり付加がかかるので、強度のあるポールを使うことをおすすめします。

俗に爆弾低気圧と呼ばれる寒気がやってきている時は、台風並みの強風が吹くことが予想されます。

防風雪の予報が出ているときにタープを設営する時は、かなり注意をしなければなりません。
タープどころかテントも飛ばされる可能性があります。

夜中に深々と積もるドカ雪にタープが潰される可能性もあるので、積雪で危険な場合はいつでもタープを撤収できる準備が必要です。

あと、冬は枯れ枝が多いので枝に積もった雪と一緒に折れて落下することがあるので、なるべく木の下にテントを張らない方が良いです。
枝の上に降り積もった雪が定期的にドサドサとテントの上に降ってきて、夜はとてもうるさくて眠れませんし…

タープ:雪中キャンプ

写真のように2枚のタープを向かい合わせにワンポールで設営するとモノポール風のテントみたいになります。タープとの間に若干隙間が発生するので工夫が必要です。
使用タープ:Hilleberg Tarp20 & snow peak Penta Shield

ヒルバーグタープ20とスノーピーク ペンタ 前面:雪中キャンプ
ヒルバーグタープ20とスノーピーク ペンタ 背面:雪中キャンプ

液体燃料のキャンプ用ストーブが暖房代わり

最近はマナスルヒーターのようにキャンプ用ストーブに乗せてセットするだけで暖房用ヒーターとして使えるような軽量でコンパクトなアイテムもあります。

ガス式のヒーターも暖かくて快適ですね。

しかし氷点下の状況では、ガス式のストーブではパワー不足を感じる事もありますので液体燃料式が威力を発揮します。

そして、ストーブ点火の際にガスライターを利用する場合も氷点下では炎が出ないので、常時ポケットに入れて暖めておくかマッチを利用します。

下の写真に写っているキャンプ用のストーブはOPTIMUS No.85 NOVA+という液体燃料式のものです。

マルチ燃料式ですが燃料に灯油を使っているので、コストパフォーマンスも大変優れています。

ちょっとした実験として、普通の石油ストーブの燃焼筒を乗せて暖房代わりに使ってみました。

薪ストーブや武井バーナー等と比べると暖かさは劣りますが、手持ちの分離型ストーブで軽量に持ち運びする事ができます。

ストーブ:雪中キャンプ

その後、知人から数種類の壊れた石油ストーブの燃焼筒をもらったので再度、実験してみました。

石油ストーブの燃焼筒:雪中キャンプ

ガラス部分を取り外して軽量化し、ゴトクがあたる部分に切れ込みを入れてみました。

燃焼筒に切れ込みを入れる:雪中キャンプ

ゴトクにピッタリとはまっているので、安定感が増しています。

燃焼筒が赤く熱せられる:雪中キャンプ

この燃焼筒が一番効率よく燃焼しており、火力を上げるととても暖かかったです。

ヒーターを雪の上で直接使用するとストーブの熱で地面の雪が解けて傾き、火傷や火災などの事故になる可能性があり大変危険なので熱の影響を受けない台が必要です。

そして、不安定な場所や換気の悪い場所での使用、小さなお子さんがいる状況での使用、燃料タンクの加熱による爆発の可能性がある使用等では命を落とすような重大な事故に繋がる危険を伴いますので自己責任の元で実験してください。

あと、液体燃料のストーブはメインテナンスを怠るといざという時に故障して使えなかったりすることがあるので、予備のパーツや予備ストーブの準備も必要です。

燃焼筒をボトルケースに収納

そして、百円ショップで見つけたステンレスボトルケースを買って収納ケースにしてみました。
サイズもぴったり!

クッション材入りの生地なのでパッキングの際の傷付き防止や汚れ防止にもなります。

ジッパー式の燃焼筒をボトルケースに収納する

ジッパー式のケースなので、使用の際の出し入れも簡単です。

プレヒート:雪中キャンプ

あと、タンク一体型のストーブは輻射熱で燃料が加熱する危険がありますので、本体と燃料ボトルが燃料ホースで分離されているタンク分離型のキャンプ用ストーブで使用した方が危険が少ないです。

その際、タープ内で火気を使う場合は必ず換気に心がけ、一酸化炭素中毒や酸欠に気をつけてください。
間違っても火気をつけたまま絶対に眠らないように。

最近は、ネットショップで一酸化炭素警報機が手軽な値段で販売されていますので、私はそれを購入して使っています。

事故を防ぐには念には念を入れてください!



氷点下での火の確保

雪中キャンプでの冷え込んだ朝。

さあ、寒いのでライターでストーブを着火しようとしたら…

ライターに火がつかない…

通常、気温が氷点下になると使い捨てのガスライターでは火が点きません。

安い使い捨てのガスライターに使用されているブタンガスの沸点は-0.5℃くらいなのですが、実際には0℃前後で火が点かなくなります。

なので、あらかじめガスライターをズボンのポケットの中へ入れて温めておくことをおすすめします。

もしくは、充填可能なガスライターにもっと低い温度でも気化するイソブタンやプロパンが混合したガスを使うと気温が低くても使えるようになります。

プレヒートが必要な液体燃料のストーブは火口が伸び縮みするチャッカマンタイプのライターが便利です。

ストーブ:雪中キャンプでは新富士バーナーのライターが便利


他の方法でファイヤースチール(ファイヤースターター)を使う方法もあります。

ストライカーと呼ばれる金属片とマグネシウムの丸棒をこすり合わせる事で、火花が散る仕組みになっています。

ストーブ:雪中キャンプではファイヤースチールが便利

使い方に慣れればファイヤースチールを使って氷点下でも着火が可能です。

マッチのようにゴミも出ませんし、安いものになれば500円前後でネットショップに売っているので常備しておくと安心です。

ファイヤースチールで一発着火


湯たんぽを使って暖を取る

眠る時は安全の為に必ず、すべての火器類を消火します。

氷点下の夜でも厳冬期用のダウンシュラフと断熱性の高いマットを使用していれば問題なく安眠できますが、他にも暖かく眠る方法として湯たんぽを使うのがおすすめです。

ストーブを使って暖を取っている時にお湯を沸かしておけば、眠る時にすぐに湯たんぽを使うことができます。

湯たんぽの材質の種類も色々あり、柔らかくて肌触りの良いゴム製、軽量で強度のある樹脂製、直火の可能な金属製などがあります。

ケース付きのゴム製湯たんぽ:雪中キャンプ
ゴム製湯たんぽ:雪中キャンプ


湯たんぽは容量が多いほど朝まで暖かさが持続しますので翌朝に暖かいお湯で顔を洗ったり、食器の洗い物をすることもできます。

ただ、ゴム製の湯たんぽに限っては肌触りが良くて快適なのですが中のお湯がゴム臭くなっているので、洗い物にはおすすめできません。
翌朝に湯たんぽのお湯を使いたい場合はゴム製は避けた方が無難ですね。

熱湯を扱うので使用する際は火傷には気をつけてください。

金属製湯たんぽ:雪中キャンプ

下の写真の金属製湯たんぽは、直火が可能で容量が3.4リットルあるので朝までポカポカが持続します。

でも、カバーをしていても湯たんぽ本体はとても熱いので、湯たんぽが足に当たらないようにいつも奥の方へ追いやっています。

金属製湯たんぽをオプティマスで沸かす:雪中キャンプ

そして、湯たんぽを沸かしている間に雪で湿った手袋や靴下を乾かすことも出来ます。

金属製湯たんぽで乾かす:雪中キャンプ


オールシーズン用のマットとシュラフを用意する

オールシーズン対応のテントでもテント自体で断熱をする事はできないので、朝の気温は外気温とほとんど変わらない状況になると思われます。

雪中用フライシート対応のテントもありますが、あくまでも雪の中でトラブルに合わないようにしたものがほとんどです。

ファスナーを使わない吹流しの出入り口であったり、雪の吹き込みを防ぐ為にスカートが付いていたり、雪に埋もれても酸欠にならないようにベンチレーターが多数ついたものであったりします。

なので、雪中キャンプでは厳冬季用のシュラフと地面からの冷気をしっかり断熱できるマットが必要になります。

冬用のシュラフを選ぶ時には、各メーカーが表示している快適温度とか使用限界温度とかを参考にされると思いますが、あくまでもテスト条件の良い環境で出された数値です。

テントの中に人がいて湿度の高くなっている状態だとシュラフ内の羽毛の湿気が上がり、急激に保温能力が落ちてしまうことも考えられます。
前室内で煮炊きなどした場合はフライシートにビッショリと結露してしまい、かなりの高湿度状態です。

ダウンシュラフの性能を維持する為には、ゴアテックスなどの透湿防水素材のシュラフカバーを併用することをお勧めします。

あと、氷点下の状況で眠っているとダウンシュラフから出ている顔部分が寒くて痛くなり、つい寝袋に頭ごとすっぽり被ってしまう事があります。

うっかりダウンシュラフの中で呼吸をしてしまうと自分の呼気に含まれる水蒸気で羽毛の湿度が上がって急激に寝袋の保温能力が落ちてしまい、シュラフの表生地も結露が発生して凍り付いたりします。

その為、バラクラバや目だし帽を被って顔面の寒さをしのぐ事をおススメします。ニット帽とネックウォーマーを使って防寒対策をしてもいいですね。

ナンガ オーロラ900:雪中キャンプ

雪上で眠る場合のマットは内部で熱対流の起こりやすいビーチマットタイプの一層式エアーマットの利用は避けます。

ウレタンがマット内に入って厚みのある自動膨張式マットや折り畳み式のウレタンマット、エアーマットの場合は熱対流を起さない多層式のオールシーズン対応のものを利用します。

薄いマットを雪の上で使用した場合は翌朝、マットの下が結露してびっしょりと濡れてしまいます。
その前に、背中が寒くて眠れないと思いますが…

サーマレスト トレイルプロ:雪中キャンプ

テントの中での行動着にダウンジャケットやダウンパンツ、ダウンシューズ等を利用して体温が下がらないように保ちます。

ウェア類が貧弱だと、寒くてシュラフから外へ出られなくなってしまいますので…

ナンガ スーパーライトダウンパンツ:雪中キャンプ

飲料水を確保する

冬のキャンプ場は水道管が破裂するのを防止するために、炊事場の水道元栓を閉めている所が多いので飲料水も用意しておきましょう。

その際は、持参した飲料水を凍らせない為にクーラーボックスを活用します。
夏とは逆の使い方ですね。

水洗トイレの場合は閉鎖されていることもあります。

飲料水を確保:雪中キャンプ

そして、食器の洗い物の際は雪を使って水を節約します。

米を炊く時は、とぎ水の必要のない無洗米がおすすめ。

雪を溶かして水を確保:雪中キャンプ

雪中キャンプで持って行くと便利なアイテム

【保温ボトル】

キャンプ用ストーブを暖房代わりに点火している間にお湯を沸かして保温ボトルへ入れておけば、いざという時にすぐにお湯を使うことができて便利です。

私が使っている保温ボトルは容量が2Lあるので、夜に熱湯を入れておけば朝でも熱いお湯を使うことが出来ています。
朝起きてすぐに暖かい飲み物を頂くことができるのはありがたいです。
あと、保温ボトルは湯たんぽと同じく容量が多いほど温度を一定にキープすることが出来るようです。

お湯はテントを撤収する時にカチコチに凍り付いてしまったペグ周りや結露が凍って固着してしまったポールの連結部を融かすのにも役立ちますよ。

象印ステンレスボトルTUFF2リットル


【防水ゴム手袋】

雪の中で何か作業をする場合、手袋無しではかなりつらいものがありますよね。

吹雪の中でタイヤチェーンを装着したり、テントのペグを打ち付けたり、食器を雪で洗ったり。
何かと細かい作業が多いので、厚手の雪用グローブでは役に立たないこともあります。

軍手や薄手の皮手袋では融けた雪ですぐに濡れてしまい、冷たさで手が痺れてきます…

そんな時には、ホームセンターで売っている薄い作業用のゴム手袋が便利です。

ニトリルゴム製の防水手袋

今お使いの軍手や皮手袋の上から装着するだけで、防水手袋に早変わりします。

雪中キャンプで便利な防水ゴム手袋


【ショベル】

車が雪道でスタックした時やテントサイトの整地に利用できます。
アルミ製のものが軽くて丈夫なのでおすすめです。

ショベル:雪中キャンプ


【スパイク長靴】

釣り具屋さんで売っていたスパイク長靴がとても重宝しています。
濡れた岩場でも滑らないようような磯釣り用の長靴なので、雪道などは確実にグリップしてくれます。

雪の中はもちろん、凍った所や雪が融けてドロドロになってしまったぬかるみにも活躍します。

厚手の靴下等を着用していれば蒸れる事もなく、快適に過ごせます。

あと、雪が長靴の中に入って濡れてしまうことが考えられるので、予備の靴下をいくつか用意しておくと安心です。

スパイク長靴:雪中キャンプ


【目だし帽(バラクラバ)】

風雪が強い時には、耳や顔に雪が当たると冷たくて痛くなってきます。

就寝時に使えば、顔面の防寒にも役立ちます。

特に耳は冷えやすいので、頭部をすっぽりと覆うことのできるバラクラバがおすすめです。

3WAYタイプであればネックウォーマーとしても使えたり、天候に応じて使い分けができるので便利です。

目だし帽(バラクラバ):雪中キャンプ


【プラスティック製のソリ】

手軽な雪遊び定番のソリですが、持って良くとけっこう楽しいです。
また、駐車場からキャンプ道具や荷物をソリに載せて運ぶ時にも使うことができますのでとっても便利です。
軽くて価格も安く、お手ごろです。

プラスティック製のソリ:雪中キャンプ


他にも雪中キャンプを楽しむ方法として薪ストーブをタープ内に設置して暖かく雪中キャンプする方法もあります。
薪の用意をしなければなりませんが、こちらはとても快適な雪中キャンプを楽しむ事ができます。

自作のロケットストーブを使った冬のキャンプ場(ロケットストーブ)のページで紹介しておりますのでご参考になさってください。




スポンサーリンク

無料のキャンプ場の多くは管理人が不在の場所が多く、突然の災害や犯罪に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。
携帯電話の電波が届かない場所や周囲に民家のないところもあります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
スマホや携帯ラジオなど利用して天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災・防犯対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。

 

スポンサーリンク


関連記事



無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。