(※)

一枚岩自然公園キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:和歌山県東牟婁郡古座川町・標高約20m
  • 利用料:無料(舗装されたサイトは有料・要受付)
  • 受 付:道の駅一枚岩 一枚岩鹿鳴館
  • 地 面:砂利地のフリーサイト(河原・山間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)20秒
  • 炊事場:なし(有料サイト利用者は蛇口栓あり)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 目の前にそびえる巨大な一枚岩が大迫力
  • 河原のサイトなので極厚マット?が必要
  • 道の駅に隣接しているので便利
  • 有料サイトも舗装地面なのでペグ打ちは不可

※2019年 9月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。

個人的な主観で紹介しているので、当時の情報が変わっていたり、間違っている事もございますが何卒ご了承ください。

以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

一枚岩自然公園キャンプ場

【テントサイト全景】

キャンプ場は古座川町の南部を流れる古座川の河川敷にあります。上流から見て右岸側。 県道38号線で東から向かう場合、まず国道371号線と交わる三叉路を右へ曲がります。 そして、2.5kmほど進むと右手に「道の駅 一枚岩」があります。 そこから更に250mほど進んだ先に河原へ降りる入口がある。 川を挟んだ対岸には巨大な岩壁がそそり立っています。 岩壁は「古座川の一枚岩」と名付けられており、国の天然記念物に指定されています。 流れる川も綺麗なので、夏は川遊びに訪れる家族連れも多い。

河川敷がキャンプ場になっています。 川面から高い位置にある舗装された場所は有料サイトになっていますが、河原でキャンプをする場合は無料です。 フリーサイトですが、ごつごつした石が転がる地面なので整地が必要。 そして、大雨の時は河川が増水する事があるので、テントが張れない場合もある。 利用時には国道沿いにある一枚岩鹿鳴館で受付が必要です。

一枚岩自然公園キャンプ場のサイト全景

【洗い場】

無料サイトを利用する場合は水道が利用できませんが、川の水を利用することができます。

綺麗な川なので、夏は川で泳いでいる方も多いと思います。

食器を洗う際は、キッチンペーパーやウエス等であらかじめ汚れを落としてから下流の方で、すすぎ洗いをすれば迷惑はかからないでしょう。

キッチンペーパー等の紙ごみは燃やして灰にしてしまえば、ゴミも減ります。

ちなみに周辺で流木等は見当たらなかったので、薪は各自で用意した方が良いと思います。

一枚岩自然公園キャンプ場の洗い場

【公園の立水栓】

河原へ降りる車道入口から100メートルほど上流へ行った場所に小さな公園があります。

その公園内に立水栓があります。

蛇口の飲用に関しては何の表示もありませんでしたが、水飲み場兼用タイプの立水栓なので、飲用は可能と思われます。

飲料水を確保するには便利です。

一枚岩自然公園キャンプ場の近くにある公園の立水栓

【お手洗い】

トイレは道の駅と河原へ降りる車道入口から50メートルほど上流へ行った場所にあります。

どちらのトイレも腰壁や床がタイル貼りで清潔的な印象です。 ウォシュレット付きの洋式便座が設置された、とても綺麗な水洗式トイレです。

身体障害者用のトイレも併設されており、予備のトイレットペーパーもある。

照明はセンサー式のスイッチで自動点灯するので明るく、夜でも安心。

テントを張る場所によっては、車道入口のトイレの方が近い場合もある。

一枚岩自然公園キャンプ場のトイレ

【一枚岩鹿鳴館】

9:00~17:00までは一枚岩鹿鳴館でキャンプ場の受付をしてもらえます。

有料サイトの利用料金は大人(高校生以上)一人一泊1,000円。 サイトは6区画あります。

受付をすると蛇口栓を貸してもらえるので、炊事場の水道を利用することができます。

そして、河原の砂利地でキャンプをする場合は無料で利用ができます。

一枚岩自然公園キャンプ場の上にある一枚岩鹿鳴館

【有料テントサイト】

有料テントサイトは地面がアスファルト舗装されています。

なのでペグは打てませんが、張り綱を固定するための石がサイトの周囲に置かれています。

川面からは高い位置にあるので、雨が降った時でも安心してキャンプができる利点はあります。

一枚岩自然公園キャンプ場の有料テントサイト

【キャンプ場の入口】

キャンプ場の入口は道の駅から川の上流側へ250メートルほど行った場所にあります。

入口にある「河川敷広場」と書かれた案内看板が目印。

道路はすべて舗装されているので、オンロードバイクの方でも安心して走行できます。

一枚岩自然公園キャンプ場の入口

【古座川】

古座川は大塔山を源に古座町、串本町を抜けて熊野灘へと流れ込んでいる二級河川の川です。

キャンプ場のある場所は中流域にありますが、水がとても綺麗です。

目の前に巨大な一枚岩がそびえたっているロケーションも迫力がある。

パワースポット的な風景の中でキャンプするもの楽しいでしょう。

ただ、河原はかなりゴツゴツした石の地面なので、整地としっかりしたマットは必要です。

一枚岩自然公園キャンプ場の横を流れる古座川

【駐車場】

駐車場は有料サイトの手前にあります。

こちらも舗装された地面です。

若干の傾斜地ですが、車中泊でも快適に過ごせそうです。

駐車場から、すぐ下に降りた場所は河原なのでサイトスペースまでは最短で20メートルほどの距離です。

なので、それほど荷物の搬入に苦労することはないと思います。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから6.8kmほど離れた場所にある 美女湯温泉 で日帰り入浴ができます。

一枚岩自然公園キャンプ場の駐車場

【2019年9月の情報】

まだ時刻は16時前でしたが、河原はすでに日陰になっていました。

ここは谷間になっているので、日が沈むのが早いです。

道の駅にはドライブ休憩に立ち寄っている車がありましたが、キャンプ場には誰もいませんでした。

あと、河原の無料サイトは石ゴツゴツの地面ですが、ロケーションはとても良い。

中流域の割には川が綺麗なので、夏は川遊びに訪れる人も多いのでしょうね。

2019年9月の一枚岩自然公園キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

一枚岩自然公園キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。