古竜湖キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:山形県山形市(標高約495m)
  • 利用料:無料(7月中~9月中・要予約)
  • 受 付:山形市商工観光部観光物産課
  • 地 面:土質の区画&フリーサイト(林間・湖畔)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:あり(屋根あり)
  • かまど:あり(屋根あり)
  • トイレ:ぼっとん
  • 芝地のサイトからは湖の眺めが良い
  • 炊事場の水は夏は冷たいです
  • 無料のバンガローが利用できます
  • ペット禁止

※2017年 9月の情報

古竜湖キャンプ場

キャンプ場の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は山形市の市街地南東部にある古竜湖の湖畔に整備されています。周辺に民家は無く静かな環境で、深い森に囲まれています。夜になれば星空のきれいに見える場所としても知られています。

テントサイトは林間に30か所の区画サイトが整備されています。区画サイトは平坦な裸地ですが、湖畔には広い芝地のフリーサイトもあります。 宿泊は2泊3日を限度として、月2回までとなっています。

このキャンプ場では無料で借りる事が出来るバンガローの方が人気です。

古竜湖キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

屋根の広い炊事棟が湖のそばにあります。

中央にコンクリート製の流し台があり、蛇口からは絶えず水が流れています。蛇口は無くて配管から直接水が出続けているという方が正しい。

水は山からの湧き水らしく、水質を飲用に保つ為に汲み出し続けているそうです。なので水温は冷たくて美味しいとの評判です。スイカなどの果物やビールやジュースを冷やすのにも便利ですね。

洗い場の両サイドにはステンレス天板のテーブルが置いてあり、湖を眺めながら調理もできます。

古竜湖キャンプ場の炊事棟

【かまど】

炊事棟の奥にはカマド棟があります。

U字溝のカマドがいくつも設置されており、大きめのグリルもあります。消炭も残っておらず、とてもきれいに清掃管理されています。

カマド棟にはたくさんのベンチが設置されていますので使い勝手も良いです。

古竜湖キャンプ場のかまど

【お手洗い】

トイレはぼっとん式ですが、管理人さんが常駐されていますので意外ときれいです。

トイレットペーパーも完備されています。

古竜湖キャンプ場のトイレ

【管理棟】

キャンプ場の開設期間中は管理人さんが24時間常駐されています。

このキャンプ場で人気なのは無料で宿泊できるケビン(6~8人用×1棟)とバンガロー(3~4人用×12棟) です。バンガローも管理棟と同じタイプの建物です。

開設期間の1ヶ月前から予約が可能で、もしバンガローに空きがあれば前日予約でも泊まる事が可能なようです。

古竜湖キャンプ場の管理棟

【コンポスト】

炊事棟のそばにはコンポストが置いてあります。

生ゴミに限っては、このコンポストに捨てる事ができます。

その他のゴミはすべて持ち帰りしなければなりません。

古竜湖キャンプ場のコンポスト

【古竜湖】

キャンプ場の目の前には大きな湖があります。

湖の近くにテント設営すれば、なかなか感じの良いロケーションです。

ちなみに、この湖では魚釣りが禁止されています。

古竜湖キャンプ場の前にある古竜湖

【駐車場】

原則として荷物の搬入搬出時以外は、キャンプ場内に車を駐車できません。

ただし、山手側にある6棟のバンガロー利用者は乗り入れが可能なようです。

そしてキャンプ場から東へ7kmほどの距離に蔵王温泉があり、下湯共同浴場上湯共同浴場川原湯共同浴場の3か所で日帰り入浴が可能です。

古竜湖キャンプ場の駐車場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。