長田海浜公園

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:山口県周南市(標高約5m)
  • 利用料:無料(要予約・Eメールでも可)
  • 問合せ:周南市役所経済産業部水産課
  • 地 面:土・砂・草地のフリーサイト(林間・海岸)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)30秒
  • 炊事場:なし(立水栓あり)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗・身体障害者用あり(期間外は施錠)
  • 公園内では犬の散歩禁止
  • 市街地の外れにある眺めの良い海浜公園です
  • キャンプ場らしい設備はありません
  • 住宅街の近くにありますが静かです
長田海浜公園

野営地の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

公園は周南市新南陽地区の西部を流れる夜市川の西側河口にあります。県道172号線から反れて夜市川に架かる橋を渡り、1.5kmほど下流へ行った場所です。 人工の海浜公園ですが瀬戸内の自然を残したきれいな風景で、キメの細かいサラサラの砂浜が一面に広がっています。

テントの設営が許可されているエリアは2か所。駐車場の右側エリアの樹木帯と男子トイレの西側奥にある樹木帯です。 ゆるやかな傾斜地が多いですが、平坦地もあります。園路灯は一部を除き21:30に消灯します。

利用時には直接、受付窓口で申請するか、H.P.から申請書をダウンロードして必要事項を記入し、Eメールに添付して送信します。そして後ほどメールで返信された使用承諾書を印刷して持参します。

長田海浜公園のサイト全景

【立水栓】

立水栓は西側のエリアの東屋の近くにあります。

このキャンプ場には炊事場がありませんので、唯一この立水栓が洗い場代わりになります。

泥はね防止の板が地面に置かれていました。

長田海浜公園の炊事場

【水飲み場】

東側エリアには水飲み場があるのですが、水飲み用の蛇口しかありません。

ここは駐車場から近いので荷物の搬入が楽です。キャンプで水を頻繁に使わなくても良い方には東側エリアでも問題ないと思います。

長田海浜公園のカマド

【お手洗い】

トイレは監視塔を挟んで男性用と女性用の建物に分かれています。

身体障害者用トイレとシャワー室を併設した水洗トイレです。床、壁はタイル貼りで比較的に綺麗でした。トイレットペーパーも完備されています。

海水浴場の開設期間にはシャワー室や更衣室が利用可能です。利用時間は10:00~17:00、利用料金は大人:100円、子供:50円。

冬は身体障害者用トイレのドアに外から鍵が掛けられていましたので、シーズン中以外は利用ができないようです。

長田海浜公園のトイレ

【あずまや】

東屋は西側エリアにあります。

木陰の中にある小さな東屋です。内部には石製の綺麗なベンチが設置されています。

長田海浜公園のあずまや

【藤棚】

藤棚は東側エリアと西側エリアの両方に設置されています。

冬場は屋根が葉っぱで覆われていないので日当たりが良いですが、夏場は葉が茂って日陰になるようです。

長田海浜公園の藤棚

【長田浜】

砂浜には人工的な階段護岸が整備され、花や魚の絵をレリーフしたカラーブロックの散策道が海岸に沿って設けられています。

夏だけでなく四季を通して瀬戸内海の美しさを楽しめる公園になっています。 公園の周辺は住宅街になっていますが比較的に静かな場所です。

なお、砂浜ではテントの設営が禁止されています。

長田海浜公園の砂浜

【駐車場】

駐車場は約130台分のスペースがあります。なお、7月21日~8月31日の夜21:00~翌朝9:00までは駐車場の入口が夜間閉鎖されますのでご注意ください。

東側エリアにテント設営する場合は駐車場のすぐ前がテントサイトになりますが、西側エリアでキャンプする際は駐車場から70メートルほどの距離があります。

少し離れていますが東側に隣接する親水ひろばの方にも東駐車場があります。

あと、キャンプ場から4kmほど離れた場所にある日帰り温泉施設の 老人休養ホ-ム 嶽山荘 で入浴が可能です。

長田海浜公園の駐車場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

衛星画像を読み込み中…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。