ときわ湖畔北キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:山口県宇部市・標高約24m
  • 利用料:無料(要受付・FAX可)
  • 受 付:ときわ湖水ホール
  • 地 面:裸地・芝地の区画サイト(湖畔・林間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)3.5分
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:あり(屋根なし)
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • サイトから見える湖のロケーションも良い
  • 車上荒らし注意の看板がありましたので要注意
  • 照明用電源コンセントが使えます
  • 駐車場からサイトまでが少々遠い

※初回2012年10月に訪問

スポンサーリンク


【施設について】

このページの情報は訪問当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

ときわ湖畔北キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は宇部市南部に位置する常盤湖の北東部湖畔にあります。 常盤湖は「世界かんがい施設遺産」にも登録されており、湖全体が「ときわ公園」として整備されています。 湖の南部には動物園や遊園地、博物館などがあり、休日には多くの家族連れで賑わっています。 キャンプ場がある湖の北側は、住宅街から少し離れているので比較的に静か。入口にある「ときわ公園スポーツ広場」の案内看板が目印。

テントサイトは所々が芝地になっている裸地の区画サイト。地面に埋められたレンガで区画のコーナーが仕切られています。 どこの区画もほぼ平坦地ですが4番と5番のサイトからは湖の眺めが良く、コンセントからも近いのでオススメ。周囲は森になっているので木陰も多い。 利用時は事前に電話予約をしてFAX申請するか、直接現地へ行って受付をする形になります。

ときわ湖畔北キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事場はキャンプ場の奥にあります。

シンクは露天のコンクリート造りで蛇口が両面に設置されています。そして、シンクの両サイドがテーブルとしても使えるようになっています。 露天の施設なので少々老朽化しているような印象を受けますが、排水口には残飯等も残っておらず綺麗に清掃されています。 蛇口の水は上水道のようです。

あとトイレ前の軒先にも蛇口がたくさん設置された手洗い場があるので、雨天の場合はそちらを使用すれば濡れずに洗い物をすることができます。

ときわ湖畔北キャンプ場の炊事場

【かまど】

洗い場の隣にカマド施設があります。こちらも露天の施設です。

カマドは赤レンガで組まれています。グリルが設置されていますが火床は底上げされていません。大きな焚き火でないとグリルまで届きませんが、炎は良く上がります。 壁の裏側にもカマドがあり、利用者が置いて行ったと思われる焼き網も多数ありました。

使用感のあるカマドですが、炉の中には消し炭や灰などは全く残っておらず綺麗に清掃されています。

キャンプ場の周囲は森になっており、管理人さんが伐採したと思われる間伐材が森の中に捨てられています。 薪代わりになる落ち木もたくさんありますので、シーズンオフには薪集めも可能です。ただ、湖に近いのでマムシにはご注意を。

あとトイレの前の広場には焚き火サークルもあります。

ときわ湖畔北キャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレはキャンプ場に入ってすぐ右側にあります。

床面はタイル、腰上の壁は板張りで落ち着いた雰囲気の綺麗な水洗トイレです。

身体障害者用トイレも併設されていて、予備のトイレットペーパーも完備されています。

日中でも天窓があるので比較的に明るく、昼間でもスイッチで天井照明を点灯できるのもありがたい。 そして、夜間は常備灯が自動点灯するのでトイレ周辺が明るくて安心です。

ときわ湖畔北キャンプ場のトイレ

【管理棟】

キャンプ場から「ときわ湖水ホール」までは湖畔の遊歩道を通ると2.5kmほどあるので歩くと30分ほどかかります。 途中の道をショートカットして歩いてもかなりの距離があります。

キャンプ場の利用時は事前に電話予約をしてFAX申請するか、直接ときわ湖水ホール(9:00~17:00)へ行って受付をする形になります。 FAXで申請をする際には「ときわ公園|山口県宇部市」のトップページ ⇒ 各種申請書のページから「ときわ湖畔北キャンプ場使用申込書」をダウンロードできます。

館内には入館無料の造形アート作品を展示したコーナーもあります。

なお、管理棟前にある東駐車場は有料ですが、入場後15分以内なら無料です。

ときわ湖畔北キャンプ場の管理棟

【コンセント】

キャンプ場内には2か所にコンセントボックスが設置されています。 4番のサイトと8番のサイトに近いので、コンセントを利用したい方はその周辺のサイトを利用すると便利です。その際は延長コードが必需品。

コンセントボックスの裏側にブレーカーボックスがあるので、利用する際はブレーカーを上げてから使用します。 各ボックスは雨や夜露、霧等で濡れる可能性がありますので、使用の際には安全のためにフタは閉めておいた方が良いと思います。

なお、注意書きには「このコンセントは照明器具(ライト等)専用電源として設置しています。その他電気製品のご利用はお控えください」との事です。 モラルのある使用を心がけたいですね。

ときわ湖畔北キャンプ場のコンセント

【常盤湖】

常盤湖は「日本の都市公園100選」、「さくら名所100選」、「池坊花逍遥100選」、「新日本歩く道紀行文化の道100選」と数々の百選に選定されている美しい湖です。

キャンプ場からは南西の方角に湖が見えるので、沈んでいく美しい夕陽を見ることもできます。

湖畔には遊歩道が整備されているので、朝夕には湖の周囲をウォーキングやランニングしている方もたくさんいます。 週末の日中は部活の練習をしている中学生も多くみかけます。なのでキャンプ場の入口に近いサイトは少々騒々しいかもしれません。

夏場は夜間でも遊歩道をウォーキングをされる方がいるようです。

ときわ湖畔北キャンプ場から見る常盤湖の夕景

【奥にあるサイト】

キャンプ場の一番奥にあるサイトは周囲に木陰があるので、夏場は涼しいです。

ただ、夜露で濡れたテントやタープを早く乾かしたい場合は6番のサイトより道側を利用した方が日当たりが良いのでおすすめ。

このキャンプ場は管理人さんが清掃管理を丁寧にされているので、ペグ打ち用の石ころを手に入れる事が難しい。その代わり、少し森の中に入れば、伐採された太い木や竹が転がっています。

タープポールの代わりになるような竹の棒もあり、便利でした。

ときわ湖畔北キャンプ場の奥にあるサイト

【駐車場】

キャンプ場から一番近い駐車場までは300メートルほどの距離があります。 サッカー場の駐車場に停めるのが一番近いですが、週末にサッカーの大会などがあると駐車できないこともあります。

次に近いのは野球場の西側、一番遠い駐車場は公園の入口にあります。

荷物の搬入の際に車止めのある遊歩道の入口に車を停めれば200メートルほどの距離です。

あと、キャンプ場から2kmほどの離れた場所にある 片倉温泉くぼた、 もしくは3kmほどの離れた場所にあり、夜遅くまで営業している フレスパランド カッタの湯で日帰り入浴ができます。

ときわ湖畔北キャンプ場の駐車場

【2012年10月の情報】

テントサイトは駐車場からかなり離れているので、車の騒音も聞こえず、静かな環境です。

ただ、車上荒らしが出没するとの注意を促す看板がありましたので要注意。車内の警報器はオンにしておいた方が良さそうですね。 でも駐車場が遠いので、もし鳴っても気付かない可能性の方が高いですが…

森には落ち枝もたくさんあり、焚き火を楽しむ事の出来る環境です。

2012年10月のときわ湖畔北キャンプ場

【2018年10月の情報】

金曜日の夜に利用しましたが今回も利用者はおらず、貸し切りでキャンプを楽しめました。 4番のサイトを利用したのでコンセントにも近くて便利。

夜遅くまでサッカーの練習をしている声が聞こえてきますが、10時ごろには誰もいなくなります。

湖畔の遊歩道には明け方頃からウォーキングを楽しむご年配の方が多くいるので、挨拶を交わす声が聞こえてきます。 おかげで目覚まし時計が鳴らなくても、綺麗な朝焼けを見る事もできました。

この時期、太陽が当たる時刻が遅いので夜露で濡れたタープが、なかなか乾きません。夏以外は奥のサイトより日当たりの良い場所がオススメです。

2018年10月のときわ湖畔北キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

経路を読み込み中…

現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内をグーグルマップで表示しています。

androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。