明河キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:愛媛県西条市・標高約264m
  • 利用料:無料(要予約・電話で可)
  • 問合せ:西条市役所丹原総合支所総務課
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:芝地・裸地のフリーサイト(沢沿い・山間)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:なし
  • トイレ:汲取式
  • 廃校になった小学校の跡地です
  • 広いグランド跡地がテントサイト
  • 春はお花見キャンプができます
  • 綺麗な川で水遊びが可能

※2019年 4月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

明河キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は西条市の南西部を流れる鞍瀬川の上流にあります。上流から見て右岸側。 国道11号線から県道153号線に反れて8kmほど進んだ先にあります。 小さな集落内にありますが、とても静かな場所です。 以前に小学校があった場所をキャンプ場として開放されています。 旧校舎は撤去されていて、グランドがテントサイトとして利用できます。 すぐそばには綺麗な川が流れていて夏の川遊びにも最適な場所です。

テントサイトは所々に芝が生えた裸地のフリーサイト。 学校のグランドだった場所なので一面が平坦地です。 キャンプ場の予約を入れておくと入口のチェーンを外してもらえるので、車両の進入もできるようです。 グランドの周囲には桜の木が植えられているので、春にはお花見キャンプもできます。 キャンプ場の予約および申請は電話だけでも可能です。

明河キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事場はキャンプ場の入口にあります。

コンクリート製のシンクと業務用のステンレスシンクが並べて設置されています。 蛇口は全部で6か所。一つには長いビニールホースが接続されているので、足を洗ったり、水浴びしたりすることも可能です。 蛇口の水は飲用が可能なようです。

調理作業用のテーブルはありませんが、シンクの縁が広いのでマナ板は置くことができそうです。

ただ、屋根がないので雨天の日は不便ですね。

明河キャンプ場の炊事場

【テーブル&ベンチ】

グランドの川側には丸太を模したコンクリート製の丸テーブルと丸太風ベンチが設置されています。

テーブルの近くにテントを設営すれば何かと便利に使えそうです。

フェンスが近いので濡れた衣類を干すのにも利用できるでしょう。

明河キャンプ場のテーブル&ベンチ

【お手洗い】

トイレはキャンプ場の入口にあります。

仮設トイレのような雰囲気ですが常設のボットン式トイレ(中穴タイプ)です。

トイレットペーパーホルダーではなく、かごの中にトイレットペーパーとポケットティッシュが置かれていました。

明河キャンプ場のトイレ

【遊具】

小学校の遊具がそのまま残されているようです。

ブランコと鉄棒しかありませんが、この遊具があることで昔ここに小学校があった事を想像させてくれますね。

ここは谷間にあるので、午前中は道路側(ブランコがある側)が日陰になるでしょう。

明河キャンプ場の遊具

【河原へ降りる道】

河原まで車道が続いていますが行き止まりになっています。

キャンプではなく、川遊びに来られる方はここに車を駐車すると便利そうですね。

キャンプ場からは石段が整備されているので、河原へ簡単に降りる事ができます。

明河キャンプ場の河原へ降りる道

【明河小学校跡】

グランドの入口には「明河小学校」と書かれた石碑が建っています。

丹原町立明河小学校は1982年に鞍瀬小学校に統合されるまで、この場所で地元の子供たちが学んでいた場所です。

キャンプ利用時は電話でキャンプ場の利用申請をします。 その後、管理をされている地元の方に連絡が行き、キャンプ場の入口のチェーンを外してもらえるそうです。

なので、キャンプをする際は、なるべく早めに予約をして欲しいそうです。

明河キャンプ場は明河小学校跡に作られた

【鞍瀬川】

キャンプ場のすぐ隣を鞍瀬川が流れています。

鞍瀬川は国道11号線がある辺りで中山川と合流し、西条市の市街地を抜けて瀬戸内海へ流れ出ています。

とても綺麗な清流で川の底まで透き通って見える透明度です。

キャンプ場前の川は浅瀬が多くて小さな子供でも安心して川遊びさせる事ができますが、岩から飛び込みができる深みも近くにはあるようです。

明河キャンプ場の前を流れる鞍瀬川

【駐車スペース】

キャンプ場が見下ろせる場所に道路が広くなったスペースがあり、ここにも駐車できそうです。

他にもキャンプ場入口の左側に車が2台ほど駐車できるスペースもあります。

キャンプをする場合は、入口の車止めチェーンを外してもらえるので、キャンプ場の中に駐車することができます。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから20kmほど離れた場所にある ふるさと交流館 さくらの湯 で日帰り入浴ができます。

明河キャンプ場の駐車スペース

【2019年 4月の情報】

平日の夕方ごろに訪れました。

キャンプ利用者は誰もおらず、川遊びに来ている方もいませんでした。

辺りに民家がたくさんありますが、集落内で歩いている方は見かけませんでした。 とても静かな集落です。

桜が綺麗に咲いていたので、休日にはお花見に来る方が多いのかもしれません。

特に、ここは川が綺麗でしたね。夏は川遊びに来る方が多いのでしょうね。

2019年 4月の明河キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

明河キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。