千本高原キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:愛媛県上浮穴郡久万高原町・標高約628m
  • 利用料:無料
  • ※10名以上の団体で利用する場合は要連絡
  • 問合せ:久万高原町役場企画観光課
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:芝地・裸地のフリーサイト(山間・高原)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • サイトは広いですが中央付近は水はけが悪い
  • 春にはお花見キャンプもできます
  • トイレはウォシュレット付き

※2019年 4月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

千本高原キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は久万高原町の北部にあります。 周辺には果樹園があり、のどかな雰囲気。民家からは少し離れていて静かな環境です。時折、山の下から集落の時報や案内放送が聞こえてきます。 キャンプ場には桜の木が植えられていますが、ここは標高が高い高原なので咲く時期が他より遅い。 星も綺麗に見えます。 県道12号線から県道209号線に分岐して1kmほど北上すると左手に案内看板があります。

テントサイトは広い敷地のフリーサイトです。 所々が裸地になっている地面ですが、どこでも平坦地です。 ただ、雨が降るとサイトの中央部分が特に水はけが悪い。 サイト周囲の少し高い場所だと安心です。あと、このキャンプ場は消し炭の放置が多いので、夜間にテントを設営する時は要注意です。 炊事場やトイレの施設が新しくてとても綺麗なので女性には高評価ですね。

千本高原キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事場はトイレの隣にあります。

片面だけに壁があり、そこに洗い場が設置されています。

シンクはステンレス製で、とても綺麗です。 蛇口は4か所。蛇口の一つには長いビニールホースが取り付けられていたので、ここで足を洗う事も可能です。 蛇口の水は上水道と表示されていましたので飲用が可能です。

千本高原キャンプ場の炊事棟

【炊事棟内】

炊事棟内にカマドはなく、テーブルとベンチが置かれています。

テーブルは洗い場と近いので、ここで調理作業をしたり食事をしたりできます。

天井照明が明るいので夜間でも使いやすい。

炊事棟やトイレにキャンプの利用マナーに関する注意書きが、たくさん見受けられました。 シーズン中は多くの利用者がここへ訪れているものと思われます。

キャンプ場存続の為には生ごみは放置しない、消し炭は持って帰る、直火はしない等の基本的なマナーは守りたいですね。

千本高原キャンプ場の炊事棟内

【お手洗い】

トイレはキャンプ場の入口にあります。

とても綺麗な水洗式トイレです。

内装は全体的に白い壁紙で仕上げられていて明るく、腰壁は白い大判タイル、床は小さなグレー色のタイルが貼られています。 電灯はセンサー式スイッチで自動点灯するので、夜間でも室内がとても明るい。換気扇も自動で回るので匂いもなく快適です。

便座は洋式になっており、ウォシュレット完備です。暖房便座なので冬でも暖かい。

身体障害者用トイレも併設されており、予備のトイレットペーパーも完備されています。

千本高原キャンプ場のトイレ

【松林の中のサイト】

テントサイトの奥には松林があります。

ここは木陰も多いので過ごしやすい。

奥は森になっているので、ある程度の強風も防ぐことができます。

千本高原キャンプ場の松林の中のサイト

【サイトの中央付近】

一見するとテントサイトの中央付近は日当たりや見晴らしが良くてテントを張りたくなりますが、水はけが悪い場所が多い。 写真は雨上がりの様子を写したものです。 雨が降ると地面がドロドロ状態になります。ニ輪駆動の車が、ここにハマると恐らくスタックするでしょう。

そして、車が行き交う場所でもあるので騒々しい。

なるべく、中央付近を避けて周囲の木陰の多い場所でテント設営することをおすすめします。 木陰でも水没する箇所が多いので、周囲より少し高くなっているところが良いでしょう。

千本高原キャンプ場のサイトの中央付近

【旧炊事棟】

キャンプ場入口から車道を挟んだ向かい側に旧炊事棟があります。

現在、ここには水道施設は撤去されていて調理用テーブルと思われるものしか残っていませんが、東屋として利用できそうです。

雨の日に、ここでバーベキューをされているカップルを見かけました。

中は広いので悪天候時の避難場所としても使えそうですね。

千本高原キャンプ場の旧炊事棟

【旧炊事棟のサイト】

旧炊事棟の隣にはテントが張れそうなスペースがいくつかありました。

シーズン中でサイトが混んでいる時は、こちらでも良さそうな感じです。

日当たりが良いのか芝地が多い。

千本高原キャンプ場の旧炊事棟のサイト

【駐車スペース】

このキャンプ場は車両の乗り入れが可能なので、どこでも駐車スペースとして利用できます。

サイトの周囲には、たくさんの樹木が植えられているので夜間の移動時に車を木に激突させないようにご注意ください。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから7kmほど離れた場所にある 国民宿舎 古岩屋荘 で日帰り入浴ができます。

千本高原キャンプ場へ渡る渡船かしま

【2019年 4月の情報】

日曜日の夜に到着しましたが、3組のキャンプ利用者と一人の車中泊の方が滞在していました。 明け方は雨の予報でしたので、水はけの良さそうな場所を選んでテント設営しました。予報通り、夜中に強風と大雨。 明け方近くに目を覚ますと、なんかテント内が狭い。そして、明るくて周囲が異様に静か。

どうやら雨が雪に変わったらしく、タープにどっさりと雪が積もっていました。雪の対策はまったくしていなかったので、雪が解けるまで待機ですね。 4月の愛媛県でも、高地に行くときは雪対策を忘れずに。

翌日には、みなさん撤退したので貸し切りキャンプを楽しみました。昨日とは打って変わって満点の星空。しかし真冬並みの冷え込みです。

2019年 4月の千本高原キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

千本高原キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。