野坂いこいの森

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:福井県敦賀市(標高約173m)
  • 利用料:無料(4月1日~11月15日・要予約)
  • 受 付:敦賀市少年自然の家
  • 地 面:裸地の区画サイト(林間・山間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)30秒
  • 炊事場:あり(屋根あり)
  • かまど:炊事場に併設
  • トイレ:水洗・身体障害者用あり
  • 林間の区画サイトで風が吹くと涼しい
  • 第2キャンプ場からは夜景も見えます
  • 第2駐車場のすぐ下がテントサイトです
  • ペット持ち込み禁止

※2017年 9月の情報

野坂いこいの森

野営地の地図

(ズームアップして詳細表示が可能)

グーグルマップを読み込み中…

ストリートビューを読み込み中…

※ストリートビューが非表示の場合、地図右下の黄色いペグマン人形をつまんで地図上に置いてみてください

【テントサイト全景】

キャンプ場は敦賀市郊外の南西部にある敦賀市少年自然の家の敷地内に造られています。舞鶴若狭自動車からは500メートルほど離れた高台にあります。 高台にあるので見晴らしは良く、第2キャンプ場からは夜景も見ることができます。

テントサイトは第1キャンプ場を使用するようです。森の中に3m×4mの区画サイトが20区画あります。斜面にある裸地の区画サイトですがサイト面は平坦地になっています。 大きな木々の合間にある区画サイトなので日陰が多く、風が吹くと涼しい。駐車場のすぐ下がサイトですが急斜面の歩道を下りなければなりません。

利用時は当日でも構わないそうですが事前に電話連絡を入れた後、17時までに現地で要受付です。

野坂いこいの森のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は駐車場から一段登った場所にあります。すぐそばにバンガローが立ち並んでおり、キャンプ場の利用者とバンガローの利用者が共同で利用できるようになっています。

シンクはきれいなコンクリート製で蛇口の水は上水道のようです。シンクの横にはテーブルスペースもあります。

一番下にあるキャンプファイヤー場にも炊事棟があります。

野坂いこいの森の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

耐火レンガで組まれたカマドでグリルも設置されています。カマド内には消し炭も残っておらず、綺麗に清掃管理がされていました。

キャンプファイヤー場にもカマドがあり、その横に薪や廃材が置かれていますが「この木材は無断で使用しないでください」と注意書きが貼られていました。

野坂いこいの森のかまど

【お手洗い】

トイレは駐車場とキャンプファイヤー場にあります。

汚水処理制御盤が設置されていたので浄化槽式と思われますが、水洗式のきれいなトイレでした。

照明もセンサー式で自動点灯するので夜でも明るい。

キャンプファイヤー場にあるトイレは設備が新しいようで、こちらには暖房便座付きの身体障害者用トイレも併設されています。

野坂いこいの森のトイレ

【バンガロー】

カラフルな屋根のバンガローが10棟立ち並んでいます。

内部は5畳程度のフローリングだそうです。室内には照明とコンセントもあり、市内在住の青少年団体が利用する際は一棟一泊750円と格安。

でも通常は市外から利用するファミリーが多いと思いますので、その際は一棟一泊2,250円だそうです。

野坂いこいの森のバンガロー

【キャンプファイヤー場】

キャンプファイヤー場には炊事棟、テーブルとベンチ、あずまや、トイレがあります。

ここには焚き火サークルがあるのでキャンプファイヤーもできますが、その際は事前に消防署への連絡が必要になるそうです。

野坂いこいの森のキャンプファイヤー場

【管理棟】

キャンプファイヤー場のすぐ下にある敦賀市少年自然の家がキャンプ場の管理事務所になっています。

キャンプ場の利用の際には当日での受付もオッケーですが事前にサイトに空きがあるかどうかを電話で確認をしなければなりません。

そして空きがあれば17時までに管理事務所へ行き、必要書類に記入して手続きを行います。利用申込書はH.P.からでもダウンロードすることができます。

野坂いこいの森の管理棟

【駐車場】

駐車場はバンガローの立ち並ぶ斜面の上と下にあります。キャンプ場の利用者は下にある第二駐車場を利用します。

駐車場からテントサイトまでは最短で50メートルほどの距離ですが、斜面にある坂道を歩かなければなりません。

あと、キャンプ場から8kmほど離れた敦賀市街地に以下の3軒の銭湯があり日帰り入浴ができます。
敦賀市 千鳥湯
敦賀温泉
サフラン湯

野坂いこいの森の駐車場

【上空からの写真】

このページの情報は調査当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

衛星画像を読み込み中…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。