(※)

日平公園

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県宿毛市・標高約98m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:宿毛市役所商工観光課
  • 地 面:芝地の区画オートサイト(河川敷・山間)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:なし・水道施設あり(飲用不可)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • オートキャンプが可能です
  • 広い芝地のフリーサイトもあります
  • 目の前の川で水遊びも可能
  • キャンプ場へ降りる道が少し分かりづらい

※2019年 3月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

日平公園

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は宿毛市の北西部を流れる松田川の上流にあります。坂本ダムからは川沿いの県道4号線を7kmほど上流へ行った場所です。 県道から日平湖面橋を渡って右折するとすぐ右手に河原へ降りる分岐の道があります。坂道を下り、赤い日平湖面橋を頭上に見ながら進むと着きます。 公園には桜やツツジなどが植樹されており、春にはお花見に訪れる家族連れも多い。

テントサイトは芝地のオートサイトが11か所。オートサイトは区画されていますが大型テントでも十分張れるスペースがあります。 地面が平坦地なので居心地も良い。 他にも人工的に造られた池の周りにも芝地の広場があります。 この広場もテントの設営場所に適しています。こちらには木陰が多いので涼しくて快適なフリーサイトとして利用できます。 川が近いので夏は水遊びも楽しめます。

日平公園のサイト全景

【炊事場】

炊事場はトイレ建物の西側の壁面にあります。

足洗い場のような水道施設ですが、洗い物でも使いやすいように蛇口に長いビニールホースが取り付けられています。 蛇口は2か所。蛇口の水は飲用に適していないようなので飲料水は各自で用意が必要です。

洗い場の頭上には屋根の張り出し部分があるので、少しの雨くらいなら濡れずに済みそうですが、強風が吹いていると濡れてしまうかも。

日平公園の炊事場

【焚火跡】

このキャンプ場にはカマドはありませんが、バーベキューコンロや焚き火台を置くベース台と思われるものがあります。

芝地の区画サイトの中央付近の地面にレンガで組まれた防炎スペースがあります。

ここでなら石でカマドを組んで焚火を楽しんでも芝を焦がすことはなさそうですね。

このレンガスペースがサイトの中央に設置されているのは、日帰りデイキャンプでバーベキューを大勢で囲んで使用することを想定して作られたのでしょう。 でも、宿泊キャンプをする場合はサイトの中央ではなく、もっと川側の端に寄せて設置してあると便利に使えそうなのですが…

日平公園の焚火跡

【お手洗い】

トイレは公園の入り口付近にあります。

外観が板張りで立派な建物です。 トイレ入口のドアは金属メッシュになっているので、大きな虫や小動物は侵入できないようになっています。

内装の壁には白色の大判タイル、床には淡いグレー色の大判タイルが貼られていて明るく清潔な印象です。

洋式便座が設置された綺麗な水洗式のトイレで、予備のトイレットペーパーも完備されています。

身体障害者用トイレも併設されており、夜間はセンサー式のスイッチで照明が自動点灯するので安心して使えます。

日平公園のトイレ

【藤棚】

池のそばには藤棚のパーゴラがあります。

通常、一般的な公園にある藤棚にはベンチやテーブルが設置されていますが、この藤棚には何もありません。

なので、グランドシートを広げたり、イスやテーブルを持ち込んだりして自由に使う事ができます。

夏場は屋根の葉も茂ると思うので、ソロキャンパーの避難場所としても使えそうですね。

日平公園の藤棚

【滝のある池】

公園内には人工的に造られたと思われる池があります。

池には滝も流れていて、なかなか良いロケーションです。

池の周囲にはベンチもあり、小さな子供が水遊びをできるようになっています。

日平公園の滝のある池

【フリーサイト】

池の周りは広い芝地になっています。

特に池の奥側が広く、大型のテントでも設営が可能です。

夏の暑い日は川沿いのオートサイトではなく、木陰が多いこちらの広場でキャンプする方がて涼しく過ごせそうです。

広場の北側に駐車スペースがあるので、北側にテントを設営すれば移動距離も少ないでしょう。

日平公園のフリーサイト

【松田川】

松田川は坂本ダムを経て宿毛湾まで流れる二級河川の川です。

キャンプ場の前を流れる松田川はダム貯水池の上流にあるので水質が綺麗です。

アユ釣りのスポットとして知られているほど水が澄んでいます。

夏は川遊びも楽しめます。

日平公園の前を流れる松田川

【駐車スペース】

このキャンプ場はオートキャンプ場なのでサイトに車両を横付けすることが可能です。

駐車スペースは地面がコンクリートで固められているので雨の日でもぬかるむことはありません。

池の周囲にある広場でキャンプをする際は、南側のトイレの前にある駐車スペースか北側にある通路脇に停めると通行の邪魔にはならないでしょう。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから11kmほど離れた場所にある 祓川温泉 で日帰り入浴ができます。

日平公園の駐車スペース

【2019年 3月の情報】

天気の良い平日でしたが利用者は誰もいませんでした。

桜は五分咲きというところ。満開になる頃の休日にはお花見客が大勢訪れるのでしょうね。

トイレ横の広場に木陰のスペースがあったので、そこで涼しくランチタイム。

正面の川を挟んだ対岸の高台には県道が通っているので、車両の往来は見えますが遠いのでエンジンの騒音はほとんど気になりません。

川沿いは湿気が多いイメージがありますが、ここは日当たりや風通しが良いので気持ちが良い。

2019年 3月の日平公園

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

日平公園
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。