広瀬キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県吾川郡いの町・標高約59m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:いの町役場吾北総合支所産業課
  • 地 面:裸地・砂利地のフリーサイト(河原・河川敷)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式
  • そばを流れる上八川川がとても綺麗です
  • 河原の広い砂利地がフリーサイト
  • 橋のそば下に炊事棟・トイレあり
  • 河川敷に車で進入する際はスタックに注意

※2019年 3月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になってしまう事もあります。 中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

広瀬キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は吾川郡いの町の南西部を流れる上八川川沿いにあります。上流から見て左岸側で、ちょうど小川川と合流する場所です。 国道439号線から向かう場合、広瀬橋の東側たもとから北へ60mほど行った場所に河川敷へ降りる車道があります。 案内看板等はありません。 ここはアマゴの冬季釣り場としても広く知られており、シーズン中には多くの釣り人で賑わっています。 仁淀川に注ぐ支流の上八川川は川底まで透き通って見えるほどの美しい水質です。夏の川遊びにも最適な場所です。

テントサイトは河原の砂利地です。河原に出てすぐの場所が目の細かい砂利の砂地になっているのでテント設営場所に適しています。 川に近づくほど大きな石が転がる砂利地になります。 テントの設営場所から炊事場やトイレが遠いのが難点ですが、目の前を流れる透き通った川を見ているだけで心が癒されます。

広瀬キャンプ場のサイト全景

【炊事棟】

炊事場は広瀬橋の下にあります。

河原から歩いて行けますが、季節によっては川の中を歩いて行かなければならないこともあるでしょう。 道路からも行くことができますが、重機車両が駐車しているそばを通らなければならないので、作業中は注意が必要です。

炊事棟にはカマドはなく、洗い場のみが設置されています。 両側の壁にステンレス製のシンクが取り付けられており、片面に蛇口は7か所。計14か所の蛇口。 蛇口の水は、おそらく上水道と思われます。

調理作業用のテーブルはありませんが、長いシンクの隅っこの方を利用すれば、まな板を置くことができそうです。 壁が高いので、風に弱いキャンプ用ストーブでも安心して調理ができます。

広瀬キャンプ場の炊事棟

【直火跡】

河原には直火跡が一か所だけ残っていました。

テントが張れそうな砂地には直火跡が残っていなかったので、ここは比較的に焚き火のマナーが良いようですね。

薪は河原の流木を拾ってくるか、周囲にある林の中を探すしかないですが、近場には大きな樹木がありません。 焚き火を楽しまれる方は、薪は各自で用意しておいた方が良いかもしれませんね。

広瀬キャンプ場の直火跡

【お手洗い】

トイレは炊事棟の反対側に併設されています。

内装の壁は板張りで、腰壁はコンクリートの打ちっぱなし、床は土間コンで、とても綺麗です。 和式便座の男女兼用水洗式トイレですが、とても清潔感があります。

そして、予備のトイレットペーパーも完備されています。

広瀬キャンプ場のトイレ

【広瀬橋の下】

写真のように炊事棟、トイレは橋の下にあります。

この設備が作られた当初は、テントが張れる場所から炊事棟まで、河原づたいに楽に歩いて行くことができたと思います。

訪問時は増水していませんでしたが大雨で地形が変わってきたせいか、途中で水たまりの場所があり、大きな石の上を飛び石にして行かなければ濡れてしまう状況でした。

車道からも歩いて行くことができますが、橋の下に駐車している大型重機車両のそばを通らなければなりません。 日中は重機で作業をされている可能性があるので、小さなお子さんがいる時は注意が必要です。

広瀬キャンプ場の広瀬橋の下

【テントサイト2】

河原へ出てから下流側へ少し行くと広い砂利地があります。

車の轍は深くなかったので、それほどスタックの危険は無さそうですが、重量のある車両はご注意ください。

ここは広いので、オートキャンプも可能です。

背後に国道が通っていますが、周囲に民家がないので比較的に静かな環境です。

川の対岸は森になっているのでロケーションも良い。

広瀬キャンプ場のテントサイト2

【河川敷の入口】

河原への入口は少々分かりにくい。

広瀬橋の左岸側から上八川川の上流へ向かって60メートルほど行った場所に河原へ降りる道の入口があります。 鋭角に曲がるようになりますので、普通車は進入する際には切り返しが必要かもしれません。

そこから広瀬橋の下をくぐって200メートルほど進むと河原へ行くことができます。

国道からの入口にダムの放流を知らせる説明看板があるので、それが目印。

広瀬キャンプ場のある河川敷への入口

【上八川川】

上八川川は仁淀川の支流になります。 ここは上八川川と小川川が合流する場所なのですが、川の文字が連続するのでちょっと違和感がありますね。

でも川の水はとても綺麗で透き通っています。こんなに透明度が高いと水中の魚もはっきりと見れるので川遊びも楽しいでしょう。 まさに「仁淀ブルー」の名にふさわしい水質です。

冬には、この川にたくさんのアマゴ(アメゴ)が放流され、冬季アメゴ釣り場が開設されます。 キャッチアンドリリースのみですが遊漁料を支払えば冬でもフライフィッシングが楽しめるとして、全国から多くの釣り人がやってくるようです。

あと、ここから3.9kmほど上流へ行った場所に分四取水ダムがあります。大雨の日にはダムから放流するらしいので、いつでも撤収できる準備が必要です。

広瀬キャンプ場の前を流れる上八川川

【駐車スペース】

駐車スペースは河原のすぐ手前の右側にあります。

河原へ進入するとスタックする心配がある方はここへ停車すると良いでしょう。 河原までは50メートルほどの距離なので、荷物の少ない方なら、それほど苦労はないと思います。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから33kmほど離れた場所にある銭湯 清水湯 で日帰り入浴ができます。

近場に格安で利用できる日帰り入浴はありませんが、上八川川の対岸に「吾北むささび温泉」があります。入浴料は600円。

広瀬キャンプ場の駐車スペース

【2019年 3月の情報】

日曜日でしたが、キャンプ利用者や釣り人は誰もいませんでした。

天気が良かったので、上八川川の川底まで透き通って見えて、とても綺麗でした。

河原づたいに炊事棟まで行ってみましたが、途中から川になっていたので、足元を濡らさずに行くのが大変でした。 夜間は足元が見えないので危険ですね。

でも、ロケーションは良い場所です。夏は川遊びにくる方も多いでしょうね。

2019年 3月の広瀬キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

広瀬キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。