(※)

星ヶ窪キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県吾川郡仁淀川町・標高約589m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:仁淀総合支所地域振興課
  • 地 面:芝地のフリーサイト(山間・湖畔)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根なし)・屋内にもあり
  • かまど:あり(屋根なし)
  • トイレ:汲取式
  • 星の宿というネーミングの避難小屋あり
  • 全面芝地の快適なフリーサイトです
  • 洗い物は星の宿でする方が快適
  • 隕石が落ちた跡にできた池があります

※2019年 3月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

星ヶ窪キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は仁淀川町の長者地区の南側に位置する山の頂上付近にあります。 県道18号線で南から行く場合は、棚田に入ってすぐくらいのところに案内看板が右側に出ています。 この「長者の棚田」は遠くから見ると、まるで城壁みたい。 急な斜面に石垣が積み上げられた風景はまさに圧巻。 山の頂上付近にある広場には、その昔に隕石が落ちてできたと言われる池があります。 周辺には民家や畑などはなく、夜はとても静かです。電気も通じていないので夜空の星も美しい。

基本的には池の南側にある芝地がテントサイトのようですが、公園内ならどこでもテントが張れるようです。 候補として、池の東側にある芝地、公園中央付近の東屋周辺、公園西側にある東屋周辺、公園入口の左側にある広い芝地などがテント設営に適しています。 正式なテントサイト以外は車両の横付けが可能です。

星ヶ窪キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

露天の炊事場がテントサイトにあります。

業務用のステンレスシンクが置かれていて、黒いパイプから水がドバドバと流れ出ています。 おそらく、山の湧き水だと思います。夜は水の出る音が少しうるさい。

テントサイトのすぐ上にある「星の宿」にも洗い場があります。 こちらには家庭用の普通の流し台が設置されています。テーブルスペースが広いので使いやすい。 何より、建物内なので暖かくて快適です。 蛇口を回して水を出し、しばらくすると赤茶色い水が大量に出ましたが、1分ほど経つと水は透明になりました。 水温が驚くほど冷たいので、洗い物をするには少し覚悟が必要。 蛇口の水は飲用が可能です。2日間ほど、この水でご飯を炊いたり、お茶を飲んで過ごしましたが問題はありませんでした。

星ヶ窪キャンプ場の炊事場

【かまど】

カマドはテントサイトにあります。

コンクリートブロックで作られた正方形のカマドです。

カマドと言っても火床やグリルがあるわけではないので、自分でブロックや石でカマドを組む必要があります。 焚き火サークルとしても使えますので、多目的に使えるファイヤースペースですね。

「星の宿」には、ドラム缶で作られた大小様々なバーベキュー台がありましたが、使用してよいのかどうかは不明。

広場の中には大きな立木はありませんが、周辺の森へ行けばいくらでも薪は手に入ります。

星ヶ窪キャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレは公園の入口と「星の宿」の奥にあります。

どちらのトイレも外観は、かなり古い。

床は土間コンで昔ながらの大穴タイプのボットン式トイレですが、公園入口にあるトイレには、洋式便座カバーがありました。 こちらのトイレは男女別。

シーズンオフだったせいか、トイレットペーパーは紙切れでした。

照明はありませんので、夜間はランタンが必須。

星ヶ窪キャンプ場のトイレ

【星の宿】

テントサイトのすぐ上には「星の宿」とネーミングされたロフト付きの建物があります。

看板には「誰でも使えます。次の人のためにも、きれいにしようね。星ヶ窪会」と書かれていました。 ガラス戸なので昼間はとても明るくて、暖かいです。 雨の日の自炊はとても快適でした。ここは悪天候時の避難場所には最適です。

建物の中には、大量のパイプイスやテーブル、バーベキュー台、ビールサーバー、ガスコンロなどが置かれています。 おそらく、ここでイベントをする際の設備の物置としても利用されているのでしょう。

ロフトには畳が重ねて積み上げられていました。シーズン中は畳が敷かれているのでしょうかね。

星ヶ窪キャンプ場にある星の家

【あずまや】

四阿は公園に入ってすぐの場所と公園の中央付近、公園南側の高台の3か所にあります。

公園に入ってすぐの場所にある四阿は周囲が綺麗な芝地になっています。 日当たりが良くてが広々としており、ここでキャンプしても快適でしょう。ここには立水栓(ビニールホース付き)もあります。

中央付近にある四阿も周囲に平坦地があるのでオートキャンプが可能です。

高台にある四阿には車両の乗り入れは出来ませんが、ここからの見晴らしはとても良い。 四阿の中にはテーブルとベンチが設置されていますが、ソロテントが入るくらいの空きスペースもあります。 周囲は平坦地になっているので、近くでテントを張っても気持ち良いでしょう。

星ヶ窪キャンプ場の四阿

【藤棚】

隕石が落ちた跡といわれる「星影の池」の東側には、藤棚があります。

藤棚の屋根にある葉は、よく茂っているので木陰で涼しいです。でも雨を防ぐことはできません。 周囲にはソロテントなら張れそうなスペースがあります。斜面が多い芝地ですが、所々にフラットな平坦地もあります。 藤棚にはテーブルとベンチが設置されているので、ここで星を眺めながら夜を過ごすのも良いですね。

ここは昭和34年まで草競馬のコースが池の周囲にあり、その頃はこの場所に一万人もの観客が集まっていたそうです。

現在は公園全体がきれいな芝地の広場として整備され、青少年の健全な野外学習の場として、県のモデルキャンプ場に指定されています。

星ヶ窪キャンプ場の藤棚

【テントサイト2】

公園に入ってすぐ左の場所に駐車場のような芝地の広場があります。

ここからは山の見晴らしも良い。広場の周囲には桜の木が植えられているので春にはお花見キャンプもできます。

広場の奥には円形のテーブルとベンチが設置されているので、近くにテントを設営すると便利に使えそうです。

車中泊をされる方は、こちらの方が快適そうな雰囲気です。水場はすぐ近くの四阿にあります。

星ヶ窪キャンプ場のテントサイト2

【駐車スペース】

「星の宿」の隣に駐車スペースがあります。

駐車スペースからテントサイトまでは30メートルほどの距離なので、それほど荷物の搬入には苦労しないでしょう。 テントサイトのすぐそばに車を横付けすることもできます。

テントサイト以外のキャンプ適地は、ほとんどの場所で車両のすぐそばにテントを張ることができるので便利です。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから32kmほど離れた場所にある 四万十源流の里 で日帰り入浴ができます。

近場に格安で利用できる日帰り入浴はありませんが、中津渓谷 ゆの森などのいくつか温泉施設があります。

星ヶ窪キャンプ場の駐車スペース

【2019年 3月の情報】

雨が降ったので二泊しました。

初日は誰もキャンプ利用者がおらず、貸し切り。雨は激しく降りましたが、「星の宿」で洗い物ができるので暖かくて快適でした。 山の上にあるキャンプ場ですが、坂道を下ると町があるので、何か非常時があった場合でも安心感はあります。

翌日、土曜日の夜からは自分以外に二組のキャンプ利用者がいました。みなさん、離れた場所でキャンプを楽しんでいたので、とても静かでした。 夜は、驚くほど多くの星が見え、満点の星空を楽しめました。流れ星も一つだけ見れました。

昼間は、それほど寒さは感じませんでしたが、夜は急激に気温が下がります。 水道の水もメッチャ冷たいので、手が凍えました。

2019年 3月の星ヶ窪キャンプ場

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

星ヶ窪キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。