池川ふれあい公園オートキャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県吾川郡仁淀川町・標高約138m
  • 利用料:大人500円(18歳以上)
  • 問合せ:池川439交流館
  • 地 面:芝地のフリーサイト(川沿・高台)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗式
  • サイトが河原から高い場所にあるので雨でも安心
  • でも、豪雨の際は浸水することもあるようです
  • 産地直売所に近いので歩いて買い出しも可能
  • 春はお花見キャンプもできます

※2019年 3月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になってしまう事もあります。 中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

池川ふれあい公園オートキャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は仁淀川町の北部を流れる土居川沿いにあります。安居川との合流点より700mほど下流の左岸側。 国道439号線を通って行く場合、池川439交流館から500mほど川沿いに下った場所に案内看板が出ています。 トイレがある場所から坂道を下るとキャンプ場です。 春には川沿いに植えられている桜がとても綺麗です。休日には多くの花見客が訪れて賑わっています。

川沿いに設けられた細長い敷地が、フリーサイトとして利用できます。 ここは、オートサイトになっていますが、明確な区画はありません。 炊事棟に近い場所は斜面が多いですが、ソロテントなら張れそうな平坦地もあります。 炊事棟から奥へ行くと平坦地が多くなりますが、車の通行スペースがあるのでサイトスペースは限られます。 利用時は、ここを管理する池川439交流館で協力金500円を支払います。

池川ふれあい公園オートキャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事棟は木造の大きな建物です。

かなり広いので雨の日でも安心して炊事ができます。 テーブルやベンチも設置されているので、東屋として利用することもできます。 ここから見る川の眺めも良い。

シンクはコンクリート製で蛇口も多数あります。 全体的にきれいです。 蛇口の水は、おそらく上水道だと思います。

シンクの横や柱部分にテーブルがありますので、調理作業もしやすいでしょう。

足洗い場もあるので便利です。

池川ふれあい公園オートキャンプ場の炊事場

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

流線型に配置された耐火レンガ製の六連カマドで、グリルは二段式になっています。

利用者が置いて行ったと思われる焼き網が多数ありましたので、工夫すれば便利に使えそうです。

ここは桜並木がありますが、落ち木が少なく、河原も狭いので流木もない。 シーズン中は薪集めに苦労すると思いますので、焚き火をされる方は事前に薪を用意しておいた方が良いでしょう。

池川ふれあい公園オートキャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレはキャンプ場の入口とサイトの一番奥にあります。

入口のトイレは国道沿いにあるので、公衆トイレとしても利用されています。 炊事棟からは140メートルほどの距離。

内装は板張りで、床はグレー色のミニタイルが貼られています。 利用者が多い割には比較的にきれいな水洗式のトイレで、予備のトイレットペーパーも完備されています。

そして、サイトの一番奥にある小さなトイレは中穴タイプのボットン式でした。

サイトの一番奥から国道に上がって100メートルほど東へ行った場所にある公園にも水洗式のトイレがあります。

池川ふれあい公園オートキャンプ場のトイレ

【管理事務所】

キャンプ場から500メートルほど離れた場所に管理事務所の「池川439交流館」があります。

ここは地元で採れた四季折々の野菜を販売する産地直売所なので、キャンプで使う食材を買うことができます。 お弁当なども売っていて、レストランも併設されているので、ドライブの途中に立ち寄る観光客も多い。

キャンプ場の協力金500円は、ここで支払います。 営業時間は7:30~16:00までです。

池川ふれあい公園オートキャンプ場の管理事務所

【サイト2】

炊事場のすぐ隣にテントを張れると便利なのですが、かなり斜面になっています。

でも斜面の下は平坦地になっているのでソロテントでしたら設営は可能だと思います。

近くにはベンチもありますので、何かと便利に使えそうです。

あと、サイトは河原から高い場所にあるのですが、炊事棟に「豪雨の際は浸水の恐れがあるので、お気をつけて下さい」と注意看板がありました。 サイトがある場所から河原までは4~5メートルほどの高低差がありますが、それでも水が溢れるんですね。

池川ふれあい公園オートキャンプ場のサイト2

【遊具】

キャンプ場の一番奥から100メートルほど離れた場所に遊具のある広場があります。

木製のアスレチック遊具や複合遊具があるので、小さなお子さんから小学生まで楽しめると思います。

東屋もあるので、日陰でのんびりと過ごすこともできます。

桜の咲くシーズンには、お花見客も多い。

池川ふれあい公園オートキャンプ場の遊具

【土居川】

キャンプ場から見下ろせる場所に土居川が流れています。

土居川は仁淀川の支流です。

さすがに仁淀川の支流は、水が透き通っていて綺麗ですね。

サイトから川辺へ降りる階段がありますので、キャンプ場から容易に行く事ができます。

綺麗な川で水遊びは出来ますが、河原は砂地ではなく、岩場になっていますので、小さなお子さんと水遊びする際はご注意ください。

池川ふれあい公園オートキャンプ場の前を流れる土居川

【駐車スペース】

ここはオートキャンプ場ですので、テントの隣に駐車することができます。

ただ、敷地が狭く、目の前を他のキャンプ利用者の車両が頻繁に通行します。 子供連れの方やペットを連れている方は、飛び出しにご注意ください。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから30kmほど離れた場所にある 国民宿舎 古岩屋荘 で日帰り入浴ができます。

近場に格安で利用できる日帰り入浴はありませんが、吾北むささび温泉や中津渓谷 ゆの森などのいくつか温泉施設があります。

池川ふれあい公園オートキャンプ場の駐車スペース

【2019年 3月の情報】

キャンプ場に植えられている桜が満開で、とても綺麗でした。

日曜日という事もあって、隣の公園や「池川439交流館」も人でいっぱいでした。

宿泊キャンプをされているような方はいませんでしたが、バーベキューをされている日帰り利用者が多くいました。

周辺に無料のキャンプ場が多い中、ここは協力金が必要でもシーズン中は利用者が多いようですね。

ゴツゴツした河原のキャンプ場ではペグが効かないし、雨が降ると増水の危険があるので心配という方には、最適ですね。

2019年 3月の池川ふれあい公園オートキャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

池川ふれあい公園オートキャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。