(※)

神有キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県宿毛市・標高約28m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:宿毛市役所商工観光課
  • 地 面:裸地・草地のフリーサイト(川沿・田畑近く)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:あり(屋根なし)
  • トイレ:汲取式
  • 老朽化した四阿が撤去されて広くなってます
  • 田園風景ののどかなロケーション
  • 河原の砂浜で水遊びができます
  • 近くに民家がありますが行き止まりなので静か

※2019年 3月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

神有キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は宿毛市の中心街から松田川沿いを10kmほど上流に行ったところにあります。 南から県道4号線で向かう場合、分岐の左手に「キャンプ場入口 宿毛県立自然公園」という看板があります。 そこから800メートルほど進むとキャンプ場に着きます。 周辺には田んぼがあり、その先に小さな集落があります。 キャンプ場の裏には川がゆるやかに流れており、のどかで静かなロケーションです。

テントサイトは、所々が裸地になった芝地の広場。 細長い敷地で少々狭く、車を乗り入れるとあまりテントは張れない。 道を挟んだ向かい側にも空き地がありますが、こちらは地元の方の私有地だそうです。 近所にお住いの方が言うには、こちらでテントを張っている方も多いとの事です。 以前は河原でもキャンプができたそうですが、今はテントを張る場所がありません。

神有キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

キャンプ場奥の川沿いに炊事場があります。

露天のコンクリート製シンクです。 かなり古そうな感じのシンクですね。

蛇口は3か所。調理作業用のテーブルはなく、蛇口壁面の天板に洗い物を置くスペースがわずかにあるだけです。 飲用に関しては何の表示もなかったので蛇口の水は飲用が可能だと思われます。

他にもトイレ建物の外側に洗い場があります。 こちらの蛇口には長いビニールホースが取り付けられています。川遊びした後に足を洗ったり、夏なら頭から水を浴びたりできそうです。

神有キャンプ場の炊事場

【かまど】

U字溝でできた簡易的なカマドが洗い場の近くにあります。

利用する時は好きな場所にU字溝を移動させて使えそうです。 U字溝の中には利用者が置いて行ったと思われる焼き網がありました。

キャンプ場裏の河原で流木を拾ったり、近くにある林で落ち木を見つけたりして薪を集めることができます。

神有キャンプ場のかまど

【お手洗い】

トイレはキャンプ場の入口にあります。

昔ながらの大穴タイプのボットン式トイレです。

鉄筋コンクリート造りで、こちらも古そうな感じですが壁は綺麗でした。 内装の壁もペンキにシミ跡などは無く、床にはグレー色のミニタイルが貼られていて清掃もきれいにされていました。

トイレットペーパーではなく、箱ティッシュが用意されていました。

神有キャンプ場のトイレ

【テントサイト】

以前はキャンプ場に床が板張りの大きな四阿があったらしいですが、老朽化したために最近取り壊されたそうです。

その分、敷地が広くなったのでテントを張るスペースが増えています。

でも、四阿の跡地は地面がガレ地なのでゴツゴツしています。なので駐車スペースとして使う方が良いでしょう。 その隣の芝地にテント設営すれば快適なオートキャンプが可能です。

神有キャンプ場のテントサイト

【キャンプ場への道】

キャンプ場の入口から通ってきた道を見ると民家から少し離れていることが分かると思います。

この道はキャンプ場で行き止まりなので車の往来もありません。

のんびりとキャンプするには最適の環境ですね。

神有キャンプ場への道

【河原への道】

キャンプ場の入口から河原へ降りる道があります。

でも写真のように、とても車が走行できる状態ではありません。

ここは昔、車が駐車できないほど多くのキャンパーで賑わっていたらしい。 他県からキャンプする前日に河原の場所取りにやってくるほど人気のキャンプ場だったそうです。 その頃は、河原も車が乗り入れできてテントが張れる環境だったのでしょうね。

神有キャンプ場の河原への道

【松田川】

松田川は宿毛市の中心街を流れる二級河川の川です。

ここは海まで14kmほどの距離にある中流域ですが、意外と綺麗です。

キャンプ場のすぐ裏から河原の砂浜に降りて川遊びも楽しめます。 夏には川遊びに訪れる家族連れも多いのでしょうね。

あと、周辺に田んぼが多いので蛇には注意が必要です。

神有キャンプ場の前を流れる松田川

【駐車スペース】

このキャンプ場は車を乗り入れすることができるので明確な駐車場はありません。

利用者が多い時は道の向かい側にある空き地に停めさせていただきましょう。

地元の方がおっしゃるには、敷地の奥の方は資材置き場として使われていたらしく鉄くずが散乱しているかもしれないそうです。パンクさせないように要注意。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから23kmほど離れた場所にある銭湯 中村温泉 で日帰り入浴ができます。

神有キャンプ場の駐車スペース

【2019年 3月の情報】

平日でしたのでキャンプ利用者は誰もいませんでした。

近所にお住いのお婆ちゃんがキャンプ場で材木の整理をされていたので、お話を伺いました。

以前は遠方からここへキャンプを楽しみに来る家族連れが多く訪れていたそうですが、最近はほとんど見かけないそうです。

でも、ソロでキャンプをされる方はたまに来るようです。

老朽化した、あずまやが撤去されて広くなったので見晴らしが良くなってます。不人気なキャンプ場なので貸切キャンプ率は高そうです。

2019年 3月の神有キャンプ場

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

神有キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。