(※)

かわうそ自然公園

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県高岡郡津野町・標高約52m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:葉山の郷
  • 地 面:芝地・草地のフリーサイト(河川敷・高台)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)10秒
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 河原からは高い場所にあるので雨の日でも安心
  • 芝地のフリーサイトで駐車場からも近い
  • 市街地に近いので買い出しにも便利
  • 入館無料のかわうそ学習館や遊具施設あり

※2019年 3月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

かわうそ自然公園

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は津野町の東部、新庄川の河川敷にあります。上流から見て右岸側。 国道197号線で南から向かう場合、春日橋を渡った後、右折して110mほど進むと住宅と公園との間に広場へ降りる細い坂道があります。 キャンプができる広場は「かわうそ自然公園」の一角にあります。 川沿いに整備された芝地ですが、川よりも少し高い位置にあるので、雨の日でも河川の増水を心配する必要はありません。 公園の周辺には保育園と民家が数軒ありますが、比較的に静かです。 ただ、津野町の中心街に近いので昼間は公園に子供たちがたくさんいます。

テントサイトは、芝地のフリーサイトで斜面になっている場所もあります。 対岸には国道が通っていますが、川の音が大きいのでそれほど気にならないでしょう。 駐車場と広場は隣接しているので、車両のすぐそばにテントを張ることも可能です。

かわうそ自然公園のサイト全景

【炊事場】

炊事場は少々遠く、公園の北側に隣接する「葉山の郷」の敷地内にあります。 駐車場の北側にある広場からは120メートルほど。

コンクリートブロックの台座に樹脂製のシンクが設置された洗い場です。 蛇口は2か所。蛇口の水は上水道だと思われます。

テントサイトから階段を登って行かなければならないので、洗い物は重労働ですね。

飲料水の補給は炊事場で行い、簡単な洗い物は、河原で済ませる方が楽でしょう。

かわうそ自然公園の炊事場

【葉山の郷】

炊事場のある「葉山の郷」は、そば打ち体験、こんにゃく作り、陶芸、絵付けなどの体験ができる農村体験学習館です。

会社や団体の研修施設として宿泊もできる場所です。一泊二食付きで5,650円(火曜日は利用不可)。

同じ敷地内にある「葉山の茶屋」で、うどんや蕎麦などの食事もできます。 自炊をしない場合は、ここで食事をしても良いですね。

かわうそ自然公園にある葉山の郷

【お手洗い】

トイレは「かわうそ自然公園」内にある公衆トイレを利用します。 サイトからは坂道を登って130メートルほどの距離。

石組の家のような外観のモダンな建物です。 内装の壁にはグレー色の角タイルが貼られ、床は土間コンの洗い出し仕上げです。 清潔感のある綺麗な水洗式のトイレです。

身体障害者用トイレも併設されており、予備のトイレットペーパーも完備されています。

ちなみに、このトイレでの洗い物は禁止されていますのでご注意ください。

かわうそ自然公園のトイレ

【キャンプ場への階段】

葉山の郷から駐車場の北側にある広場までは、この階段を下って行きます。

けっこうな急斜面なので、夜間は足元にご注意ください。

ちなみに北側の広場からは、葉山の郷の方へ登る階段とトイレの方へ登る階段があります。

かわうそ自然公園のキャンプ場への階段

【遊具】

かわうそ自然公園には子供が遊べる複合型遊具もあります。

遊具があるので、子供連れの方には楽しめると思います。

公園は全面芝地で、石の水車や石のシーソーなども設置されています。 石のモニュメントの近くには、かわいいニホンカワウソの石像が、あちこちに見え隠れしています。

ちなみに、この公園内はペットの持ち込み禁止です。

かわうそ自然公園の遊具

【かわうそ学習館】

かわうそ学習館は公園の南側にあります。

ニホンカワウソが発見された際の資料などや新荘川に生息する魚や昆虫などを紹介したものが展示されています。 カワウソ関連の書籍やビデオもあります。

入館は無料で開館時間は10:00~17:00まで。休館日は火曜日。

館内は無人で、のんびりと見学できます。

かわうそ自然公園のかわうそ学習館

【新荘川】

新荘川は、日本で最後にニホンカワウソの姿が確認された川として全国的に有名です。

新荘川では1986年10月に、ニホンカワウソの死体が発見されて以降は目撃情報はないそうです。

約24.1Kmの二級河川の短い川ですが、透明度が高くて水質がとても綺麗です。 浅瀬が多いので、小さな子供でも安心して水遊びができます。

駐車場から河原までは幅が広い石段が続いているので、アクセスも簡単。

かわうそ自然公園の前を流れる新荘川

【駐車場】

駐車場は細長いテントサイトの中央付近にあります。

広場には車両を乗り入れることは出来ませんが、広場のギリギリ近くに車両を停車して隣にテントを設営すればオートキャンプのように楽しむこともできます。 広場の奥でキャンプをしても60メートルほどの距離なので、荷物の搬入にはそれほど苦労はないでしょう。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから22kmほど離れた場所にある 四万十源流の里 で日帰り入浴ができます。

近場に格安で利用できる日帰り入浴はありませんが、山里温泉旅館などのいくつか温泉施設があります。

かわうそ自然公園の駐車場

【2019年 3月の情報】

土曜日の夕方近くに訪問しましたが、キャンプ利用者は誰もいませんでした。

家族連れが一組、河原で子供と遊んでいました。

公園では近所に住んでいると思われる小学生たちが十数人ほど遊んでおり、賑やかでした。

テントサイトへ降りる坂道にも子供達がいたので、車両で通行する際には用心してください。

2019年 3月のかわうそ自然公園

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

かわうそ自然公園
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。