四万十ひろばキャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県四万十市西土佐・標高約42m
  • 利用料:大人350円(小学生は210円、小学生未満は無料)
  • 問合せ:カヌー館
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:芝地のフリーサイト(川沿・高台)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)20秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:あり(屋根なし)
  • トイレ:水洗式
  • ふかふかのフラットな芝地のフリーサイト
  • 川沿いですが少し高台にあるので安心
  • お花見キャンプも可能
  • コイン式の温水シャワーあり

※2019年 3月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

四万十ひろばキャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は四万十市の中心街から34kmほど上流へ行った左岸側です。 すぐ上流には四万十川で最も大きな支流である広見川との合流点があります。 国道441号線から行く場合、西土佐大橋を渡ってすぐ右側。橋の下もキャンプ場の敷地です。 小・中学校に隣接しているので平日の昼間は賑やかですが、夜は比較的に静か。 桜の木が多く植えられているので、お花見キャンプも可能です。 対岸には道の駅やスーパーなどもあり買い物にも便利。

テントサイトは全面フラットな芝地です。良く手入れされたフカフカの芝地なので居心地が良い。 フリーサイトなのでテントの設営場所は自由ですが、ステージのある広場の奥が木陰があって過ごしやすそう。 バイクやチャリダーなら橋の下あたりが車が進入がないので静かに過ごせるでしょう。 利用料は一人350円なので格安。管理棟にはコイン式の温水シャワーもあります。

四万十ひろばキャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事棟は西土佐大橋の下にあります。

カーポートのような屋根が取り付けられた洗い場です。

コンクリートの擁壁が壁代わりになっているので、風雨が強い日でもそれほど濡れずに済みそうです。

シンクはコンクリート製でL字型をしています。蛇口は5か所。 蛇口の水は飲用が可能なようです。

調理作業用のテーブルはありませんが、シンクが広いので両サイドの端を利用すれば調理作業はできるでしょう。

そして、蛇口のある壁の上面が広いので洗い物を楽に仮置きすることができます。

四万十ひろばキャンプ場の炊事場

【かまど】

露天のカマドがキャンプ場の敷地内に数多く点在しています。

炊事場のそばに5連カマドがありますが、他は独立したカマドです。 カマドは耐火レンガで組まれており、グリルが取り付けできる出っ張りがあります。 ただ、5連カマドに一つだけグリルがありましたが、他のカマドにはグリルがありませんでした。 カマドを使用する際には何かしらの工夫が必要ですね。

他にも有料ですが5~6人用の屋根付バーベキューサイトもあります。 事前に予約が必要で料金は1サイトで1,620円(3時間)。網、トング、火バサミがセットになってるようです。 炭や薪はカヌー館で販売しています。

なお、露天のカマドを使って日帰りデイキャンプをする際は受付の必要はなく、利用料金は無料です。

四万十ひろばキャンプ場のカマド

【お手洗い】

トイレはサイトから少し階段を登ったところにあります。

外観は石垣の壁をイメージしたお城風の木造の建物です。 内装の壁にはブルー色の大判タイル、床にはブラウン色の石調タイルが貼られています。

少々古そうな感じですが良く清掃されており、トイレットペーパーも完備された綺麗な水洗式のトイレでした。

照明はセンサー式で自動で点灯します。

四万十ひろばキャンプ場のトイレ

【管理棟】

管理棟は4階建てですが、車道に面した4階が入口になっています。

キャンプ場の事前予約は出来ず、当日の先着順で受付が可能です。 利用の際はカヌー館の開館時刻8:30~17:30の間に受付をします。 お盆やG.W.は混み合うようなので、早めに到着する方が良さそうです。 到着が閉館時刻に間に合いそうにない場合は事前に連絡を入れておけば、受付は翌朝でも可能なようです。

館内には温水シャワー(200円:3分)やコインランドリー(200円)もあります。 あと、ペットは他の利用者に迷惑にならなければ持ち込みが可能です。

四万十ひろばキャンプ場の管理棟

【サイト2】

テントサイトは一つの大きな広場でなく、4か所の大きな広場と川沿いの広場に分かれています。

大きな広場の脇には道路と駐車スペースがあるので、車をテントの近くに駐車することもできます。

木陰のある場所、カマドの近く、屋根付きベンチのそば、お花見ができる場所、四万十川を眺める事ができる場所、などなど。 様々なサイトロケーションを楽しむことができるのも魅力です。

有料ですが、キャンプ場には2~6人用のバンガローもあります。 利用料金はバンガローを1人で利用する場合は3,250円、2人以上で利用する場合は3,000円、幼児は1,600円。 バンガローには布団、冷蔵庫、空調完備(エアコン・灯油ファンヒーター)も完備されています。

四万十ひろばキャンプ場のサイト2

【ゴミ捨て場】

ゴミ捨て場は西土佐大橋の真下にあります。

受付場所のカヌー館4階でゴミ袋を購入すれば、ゴミを捨てる事が可能です。

ゴミ袋の料金は、ゴミ袋大(45L)1枚150円、ゴミ袋中(30L)1枚100円。

長期旅の場合は、ここで溜まったゴミを処分することもできるのでありがたいですね。

四万十ひろばキャンプ場のゴミ捨て場

【四万十川】

このキャンプ場は、河原にある周辺のキャンプ場と違って少し高台にあるので雨が降っても増水の心配がなく、安心してキャンプをすることができます。

西土佐大橋の少し上流には四万十川の支流の中で最大、延長50kmの広見川が合流するポイントがあります。

川沿いの芝地にテントを設営すれば、川のせせらぎを聞きながら、雄大に流れる四万十川見下ろせるロケーションでキャンプを楽しむことができます。

四万十ひろばキャンプ場の前を流れる四万十川

【駐車場】

大駐車場はキャンプ場の南側、テニスコートの近くにあります。

他にも場内の道路沿いには駐車スペースがいくつかありますので、荷物の搬入に苦労することはないと思われます。

バイクやチャリダーの方なら、西土佐大橋の奥にある芝地のサイトがおすすめ。 ここは、車が進入することができない場所なので静かにキャンプを楽しめると思います。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから31kmほど離れた場所にある銭湯 松乃湯 で日帰り入浴ができます。

少々遠いので、館内のコイン式温水シャワーを利用する方が良いでしょう。

四万十ひろばキャンプ場の駐車場

【2019年 3月の情報】

平日の夕方に訪れましたがキャンプ利用者は誰もいませんでした。

カヌー館の職員らしき方達が駐車場に大勢集まって、お祭りの準備をされていました。 たくさん植えられているキャンプ場内の桜が八分咲きでしたので「さくらまつり」のイベントでもするのでしょうか?

ここは桜が満開になると綺麗でしょうね。お花見の時期にはたくさんのキャンパーが訪れるのではないでしょうかね。

旧西土佐村の中心街に近いので地元の方の利用者も多いでしょう。夕方のお散歩に訪れている家族連れやお年寄りもいました。

2019年 3月の四万十ひろばキャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

四万十ひろばキャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。