四万十川キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県四万十市・標高約7m
  • 利用料:無料(要受付・電話で可)
  • 受 付:四万十市公園管理公社
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:芝地のフリーサイト(河川敷・市街地近く)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)10秒
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:なし
  • トイレ:仮設のぼっとんトイレ
  • 良く手入れされた綺麗な芝地のフリーサイト
  • 市街地に近いので買い出しに便利
  • 四万十川の上流側には木陰もあります
  • 河川敷への入口が少々分かりにくい

※2019年 3月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

四万十川キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は四万十市の中心街を流れる四万十川沿いにあります。上流から見て右岸側です。 四万十川橋(赤鉄橋)の右岸側から上流側に向かって川沿いの道を930mほど進むと土手に上る道への分岐があります。 そして、土手に上がるとUターンをするように河原へ降りる道があります。 春には隣接する入田ヤナギ林で約1,000万本の菜の花が咲き、菜の花まつりが開催されています。毎年、多くの観光客が訪れている。

テントサイトは駐車場のそばにある日当たりの良い芝地がフリーサイトとして利用できます。 広大な芝地の中でキャンプできるので気持ちが良い。 芝地のサイトには日陰になる場所はありませんが、駐車場から200mほど上流側へ行った所に木立があり、そこでは木陰で涼しくキャンプができます。 利用時は電話で必要事項を告げるのみでオッケーです。

四万十川キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

石製の柱に蛇口が付いた露天の炊事場が駐車場の近くにあります。

炊事場と言うよりは立水栓ですね。

水道の蛇口がバネ式の自閉式ホーム水栓になっているので、手を放すと水が止まってしまいます。 洗い物をする際は不便ですが、ちょっとした小技を使うと便利になります。

蛇口には飲用に関して何の表示もありませんでしたので、飲用は可能と思われます。

石の柱のてっぺんに洗い物を置くわずかなスペースがあります。

四万十川キャンプ場の炊事場

【ベンチ】

最初、これを見た時に何のオブジェだろうと考えてしまいました。

実はここに以前、テーブルがあったようです。

背の高い四本の石の柱がテーブルの脚部分で、この上に木製のテーブル天板があったようですね。 四つの低い石はベンチです。

水害で流されたか、風化してしまったのでしょう。

車でコンパネを運んできて、ここに載せればテーブルとして使えます。

四万十川キャンプ場のベンチ

【お手洗い】

トイレは移動式の仮設トイレです。

男女共用のボットン式のトイレで、内外装とも板張りになっています。床面は一般的な仮設トイレと同じく樹脂製。

予備のトイレットペーパーや洗い流し用の水が入ったペットボトルも用意されています。芳香剤も置いてありました。

少々老朽化していますが、清掃はされていました。

川が増水した際は、土手の上に移動するのでしょうね。

四万十川キャンプ場のトイレ

【下流側のサイト】

駐車場のそばにある広場は、良く手入れされたフカフカの芝地になっています。

ゴルフコースのように微妙に起伏がありますが、平坦地が多い。

河川敷なので強風が吹くことが予想されますが、ソロ用のタープならしっかりとペグダウンすれば問題ないでしょう。

駐車場に隣接しているので、車のすぐそばでテントを設営すればオートキャンプに近い状態で楽しめます。

四万十川キャンプ場の下流側のサイト

【上流側のサイト】

駐車場から200メートルほど上流側へ行った所に小さな森があります。

木陰が多いですが適度に日当たりが良く、草地の場所もあります。ここなら人目も気にならず、長期キャンプも快適にできそうです。

道沿いに駐車スペースがありますので、荷物の搬入も楽に行えます。

ただ、水場から少々遠いので洗い物をするときは不便かも。

四万十川キャンプ場の上流側のサイト

【河川敷の入口】

土手の上から河川敷へ降りる入口がありますが、案内看板がないので非常に分かりにくい。

河川敷からは400メートルほどダートが続きますので、オンロードバイクの方は走行に注意してください。

赤い橋の四万十川橋のたもとから80メートルほど川沿いに行ったところに土手上の道への入口があります。

入口には車止めのポールがあり、「この堤防上は道路ではありません。一般車両の通行はご遠慮ください」と書かれた看板が立っています。

チャリダーや徒歩ダーの方なら、こっちの道を通る方が近くて楽でしょう。

四万十川キャンプ場の河川敷の入口

【四万十川】

四国内で最長の川である四万十川もここが下流域です。

河川敷の芝地も広いですが、河原も広い。 サイトから川岸までは250メートルほどあるので、けっこう遠い。

清流四万十川でも下流域で泳ぐ人は、あまりいないでしょう。

でも川の眺めは素晴らしい。雄大な川の流れを眺めながら、のんびりと過ごすには最適です。

市街地にある割には周囲に民家があまりなく、土手上の道は自動車が通らないので夜も静かです。 そして、買い出しにも便利な環境です。

四万十川キャンプ場の前を流れる四万十川

【駐車場】

駐車場は芝地の広場に隣接しています。

72台分の駐車スペースがあるらしいですが、明確な区画はありませんでした。

車両を広場へ乗り入れることは出来ませんが、広場のそばまで車両を寄せれば、すぐ横にテントを設営することもできます。

上流側のサイトにも近くに駐車スペースがありますので、荷物の搬入に苦労することはないでしょう。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから3kmほど離れた場所にある銭湯 中村温泉 で日帰り入浴ができます。

四万十川キャンプ場の駐車場

【2019年 3月の情報】

毎年河川敷で行われている菜の花まつりのライトアップイベントは終わっていましたが、案内看板はまだ道路に出ていました。

その案内看板を辿っていくと簡単に河川敷へ行くことができましたが、看板がないと入口が非常に分かりづらい。

キャンプをしている人は誰もいませんでしたが、芝生にシートを広げてお弁当を食べている家族連れが大勢いました。

良く手入れされた芝が広がる気持ちの良い河川敷なので気持ちが良い。犬の散歩コースにも最適です。

2019年 3月の四万十川キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

四万十川キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。