(※)

唐人駄場公園

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県土佐清水市・標高約226m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:土佐清水市役所商工観光課観光係
  • 地 面:芝地のフリーサイト(山間・遺跡内)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)30秒
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:汲取式
  • 巨石群遺跡が点在するパワースポット内にあります
  • 広大な芝地がフリーサイトとして利用できます
  • 風が強い場所なので、タープ設営時は要注意
  • 炊事棟の設備は整っています

※2019年 3月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

唐人駄場公園

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は足摺半島の尾根沿い中間付近より、やや西側にあります。 県道348号線の足摺スカイラインで北から向かう場合、分岐右側に公園やホテルの案内看板があります。そこから2kmほど坂道を下った場所です。 唐人駄場公園の周辺は花崗岩の巨石が山肌から露出する、不思議な光景が広がっています。 ストーンサークルのあった広場が芝地のキャンプ場として整備されていて、人気のパワースポットとして知られています。

テントサイトは公園の芝地広場がフリーサイトとして利用できます。 あまりに広いので、どこでテント設営をしようかと迷うほど。 ただ、若干斜面が多く、完全な平坦地は少ない。 ペグの刺さりは良く、水はけも良いので雨の日でも問題なし。 ここは半島の丘の上にあるので、風が強く吹き抜ける事がある。その際は広場の周囲にある防風林の近くでテント設営すると良いでしょう。

唐人駄場公園のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は駐車場の隣にあります。

太いコンクリート柱に支えられた屋根は広く、壁も高いので少々の風雨でも安心して使用ができまます。

シンクはコンクリート製で対面側にも洗い場があります。一つのシンクに蛇口は2か所、計8か所の蛇口。 蛇口の水は井戸水と思われますが飲用は可能なようです。念の為、煮沸はした方がよいでしょう。

シンクの両サイドはテーブルスペースになっているので、調理作業も楽にできます。 内側にあるの洗い場は、壁で囲まれた空間なので風の弱いキャンプストーブでも調理ができそうです。

天井照明は点灯しますが、夜遅くには自動消灯します。

唐人駄場公園の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

耐火レンガで組まれた縦長のカマドです。 グリルは二段式になっていて良く燃え、火力はかなり上がります。

グリルが無くなっていたり、破損しているカマドもありますが、充分に使えます。 利用者が置いて行ったと思われる焼き網がいくつかありましたので、火床に利用しても良いでしょう。

公園の周辺には防風林や桜の木が植えられているので、薪は容易に集めることが可能です。

唐人駄場公園のカマド

【お手洗い】

トイレは炊事棟から駐車場を挟んだ反対側にあります。

鉄筋コンクリート製の古い外観で、中穴タイプのボットン式のトイレです。

内装はコンクリート壁のペンキ仕上げで、床はグリーン色に塗られています。

予備のトイレットペーパーも完備されていましたので、定期的に清掃はされているようです。

唐人駄場公園のトイレ

【あずまや】

あずまやは公園広場の南側にあります。

六角屋根のログハウスになっていて、居心地が良い。 あずまやは少し高台に設置されているので、そこから公園を見渡すこともできます。

中央の柱と壁の内側にベンチが設置されています。

あずまやの外には木製の丸テーブルと丸太ベンチもあります。

駐車場から少々遠いですが、荒天時の避難場所としても利用できそうです。

唐人駄場公園の四阿

【藤棚】

藤棚の休憩所が炊事棟の近くにあります。

屋根の下には朽ちかけた木製テーブルと丸太ベンチが設置されています。

藤棚にはツタが絡んでいないので、夏場でもあまり木陰はできないでしょう。 でも近くに桜の木が植えられているので、春はお花見キャンプが楽しめます。

藤棚のある周辺は平坦地になっているのでテントの設営には適した場所です。 そばに木製のベンチもありますので、撤収や設営時には便利に使えます。

唐人駄場公園の藤棚

【立水栓】

駐車場から広場へ降りて20メートほどの距離に立水栓があります。

広場にある立木の周辺でキャンプをする際は、炊事棟まで遠いのでこの水道施設を使うと便利でしょう。

一般的な公園でよく見かける水飲み場タイプの立水栓です。

丸太風にした子供の用のコンクリート製の足踏み台が、ちょうど洗い物置き場やテーブル代わりとして使えますね。

唐人駄場公園の立水栓

【唐人駄場遺跡】

唐人駄場とは外国人がいた山頂の平坦地という意味らしい。

山の周辺には5~7mほどの大きな巨石がポツリポツリと点在していて、ストーンサークルもある。 人工的に造ったとも思えるような巨石が数多くあります。 山の巨石群からはキャンプ場が一望でき、その向こうに広がる太平洋も見渡せます。 ひょっとして、宇宙人か知的古代人が何かの目的で作ったかのようなこの光景に昔の人は「唐人駄場」と名付けられたのでしょうね。

今では穴場のパワースポットとして知られています。

キャンプ場のある公園広場には巨大なストーンサークルがあったようです。 ここは、高知県が1977年にアウトドア活動ができる公園としてキャンプ場を整備したそうです。

唐人駄場公園の全景

【駐車場】

駐車場は車道沿いと、そこから森の中を抜けた炊事場の隣にあります。

車道沿いの駐車場の向かい側には小さな牧場があり、人懐こいポニーがいます。

キャンプ利用者は炊事棟横の駐車場に停める方が便利です。 駐車場からすぐ近くにテント設営をすればそれほど、移動距離はありませんが、あずまや周辺でキャンプをする場合は120メートルほどの距離があります。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから12kmほど離れた場所にある銭湯 旭湯 で日帰り入浴ができます。

唐人駄場公園の駐車場

【2019年 3月の情報】

キャンプ利用者は誰もおらず、広いキャンプ場を貸し切りで楽しめました。

天気は良かったのですが、風がとても強かったです。 ここは足摺岬の尾根にあるので、風が吹き抜けます。 でも、見晴らしが抜群なので、とても気持ちの良い場所です。

夜中になっても強風は収まらず、時折、轟音ともに突風が吹き付けてきました。 でも、夜中過ぎには風は止み、雨が降り出しました。 ここの芝地は水はけが良いので、雨が降っても問題ありません。

朝になると桜並木の裏側にある民家のニワトリの声が聞こえてくるので、目覚まし要らずです。

2019年 3月の唐人駄場公園

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

唐人駄場公園
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。