(※)

月見山こどもの森キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県香南市香我美町・標高約70m
  • 利用料:無料(要予約・要受付)
  • 受 付:月見山こどもの森 こどもの森ハウス
  • 地 面:芝地のフリーサイト(林間・山間)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1分
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:なし
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • 見晴らしは今一つだが強風時でも安心なサイト
  • 荷物搬入時はサイト下まで車を横付け可能
  • サイトが狭いので繁忙期は必ず要予約
  • 駐車場から太平洋が一望できます

※2018年 8月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

月見山こどもの森キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は香南市の南部、海まで続いている丘陵地帯先端部の月見山にあります。 月見山の頂上部には国際児童年を記念して1979年に開園した「こどもの森」があり、その一角にキャンプ場が整備されています。 テントサイトからの見晴らしは今ひとつですが、駐車場や展望台からの海の眺望は素晴らしい。周辺には民家もないので静かな環境です。 国道55号線の一本北側にある車道からアクセスするとわかりやすい。

テントサイトは車道から少し階段を登ったところにあります。 階段の周囲以外は木々に囲まれているので見晴らしはあまりよくありませんが、強風が吹いている時でも安心してキャンプができそうです。 日当たりが良く、全面芝地のフラットなフリーサイトですが少々狭い。 利用客が多いとテントを張れない場合があるので、事前に予約をする必要があります。

月見山こどもの森キャンプ場のテントサイト全景

【炊事場】

テントサイトの東側に水道施設があります。ここが洗い場になります。

水道施設は一か所しかありませんが、そもそもこのサイトの広さでは3~5張りのソロテントしか設営できないので、混み合うこともないかと思います。 なのでこれで充分。

なお、この立水栓の蛇口の水は上水道と思われます。

立水栓の横には用途不明のコンクリートブロックが置いてありました。このキャンプ場では直火は禁止なので、直火でカマドを組むことはできません。

月見山こどもの森キャンプ場の炊事場

【テントサイト入口】

テントサイト入口には写真のように階段があります。

荷物の搬入の際には、入り口に車両を横付けして荷物の搬入ができます。それほど長い階段ではないので苦にはならないレベル。

テントサイトからトイレまでは100メートルほど離れていますので、夜間の階段の歩行やマムシの出没には注意が必要です。

月見山こどもの森キャンプ場のテントサイト入口

【お手洗い】

トイレは公園駐車場にあります。

内装は木調ですが、腰壁・床面は爽やかな色合いのタイル貼りで落ち着いた雰囲気。 清掃管理の行き届いた水洗式トイレでとても清潔感があります。

身体障害者用トイレも併設しており、予備のトイレットペーパーも完備されています。 トイレの照明はセンサー式で自動点灯します。

そして、トイレの横にはジュースの自動販売機もあります。

月見山こどもの森キャンプ場のトイレ

【管理棟】

管理棟は駐車場から西へ60メートルほどの距離にあります。

キャンプ場を利用するには予約が必要で、受付時間は9:00~17:00までだそうです。 予約後に現地へ行き、こどもの森ハウスの1階で申請書に記入します。 もし到着が遅くなりそうな場合は事前に連絡を入れていれば、受付は翌日でも可能なようです。

G.W.や夏休み中は、利用者が多いそうなので予約をしないと利用できません。

月見山こどもの森キャンプ場の管理棟

【フリースペース】

月見山こどもの森の2階には子供が遊べる「こどもの森ハウス」があります。

ここでは定期的に木工教室や竹とんぼ教室などの子供向けのイベントが開催されています。

フリースペース内には森の木々で作ったおもちゃもたくさんあるので、開館時間内なら自由に遊ぶことができます。

雨の日で屋外にあるアスレチック遊具で遊べない時は、子供たちはここで楽しめそうです。

月見山こどもの森キャンプ場のフリースペース

【駐車スペース】

荷物の搬入時には階段のそばに臨時駐車することができますが、車道が狭いので、なるべく邪魔にならないように駐車しなければなりません。

昼間の時間帯は見晴らしの良い駐車場で休憩をする人が多く、車の通行が多くなります。

そして、荷物の搬入後は駐車場へ。

月見山こどもの森キャンプ場の駐車スペース

【駐車場からの景色】

駐車場からは太平洋が一望できます。晴れていると気持ちの良い風景です。

テントサイトから続く遊歩道を登って行くと展望台があり、そこからは太平洋、三宝山、四国山地のパノラマ風景も楽しむことができます。

すぐ近くには芝すべりが楽しめる芝生の斜面や木製のアスレチック遊具もありますので家族連れの方は楽しめると思います。

月見山こどもの森キャンプ場の駐車場からの景色

【駐車場】

駐車場は車道の両サイドに設けられています。細長く広いスペースの大駐車場です。

テントサイトから駐車場までの最短距離は60メートルほどなので、それほど遠くはありません。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから21kmほど離れた場所にある銭湯 潮湯、 もしくは22kmほど離れた場所にある銭湯 高砂湯 で日帰り入浴ができます。

月見山こどもの森キャンプ場の駐車場

【2018年 8月の情報】

ここは天気が良いと見晴らしの良い場所です。

頂上の展望台からも抜群の展望で、周辺にはアスレチック遊具も設置されています。

毒蛇に注意を促す看板が設置されていました。 テントサイトは綺麗に芝刈りがされていますので、茂みに入らなければ問題ないと思います。 なお、テントサイトには外灯がありませんので夜間に出歩くときはヘッドランプやランタン等で足元を照らしておく必要がありますね。

2018年 8月の月見山こどもの森キャンプ場

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

月見山こどもの森キャンプ場
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。