樫葉オートキャンプ村(旧)

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:宮崎県東臼杵郡美郷町・標高約706m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:?
  • LINE Out Freeを使って無料電話(アプリが起動)
  • 地 面:砂利地・草地のフリーサイト(林間・山間)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根付き)
  • かまど:炊事棟に併設
  • トイレ:水洗式・男女共用
  • 道路が狭く陥没箇所が多いので走行には注意
  • 入口には猪鹿除け防護ネットがあるので安心
  • サイトは砂利地で水はけが良い
  • 木陰が多いですが入口近くのサイトは日当たり良好

※2018年 8月の情報

スポンサーリンク

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

樫葉オートキャンプ村(旧)

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

旧キャンプ場は美郷町の南西部を流れる小丸川支流の渡川上流にある白水滝の近くにあります。 周辺は樫葉原生林が生い茂る自然環境保全地域になっており、下界とは違うひんやりとした空気に包まれています。 県道39号線から向かう場合は沢沿いの狭い道路を通ります。極狭道路の割には交通量が多い。夕方は軽トラックが多かったので、おそらく林業に携わる方々ではないでしょうか。 落石や陥没箇所が多数あるので車の走行にはご注意ください。

テントサイトはオートサイトなので車の横付けが可能です。全体的にフラットな砂利地や草地ですが、入り口を入ってすぐのサイト以外は茂った木々の中なので少々暗い雰囲気です。 入口近くのサイトは車両の横付けが出来ませんが日当たりが良く開放的で、適度に木陰もあるのでお勧め。

樫葉オートキャンプ村(旧)のサイト全景

【炊事棟】

炊事棟は管理棟から坂道を少し下った場所にあります。

レンガ造りのお洒落な炊事棟ですが森の中にあるので昼間でも薄暗い。時間の止まった掛け時計が天井近くに掛けられていました。 キャンプ利用者が置いて行った物と思われるナイフなどの調理器具も少しあります。

シンクは清潔感のあるコンクリート製で蛇口の水は川からの引水のようです。しばらく蛇口の水を出していると赤茶色い泥水が出てきたので、ちょっと驚きました。 しばらくすると透明な水になったので洗い物は出来ますが、沸かしても飲用には適さないような気がします。 炊事棟の中央には木製の調理用テーブルがあります。大きなテーブルなので便利に使えそうです。 ただ、電気が来ていないので夜間に使用する時は各自で照明等が必要です。

樫葉オートキャンプ村(旧)の炊事棟

【かまど】

カマドは炊事棟に併設されています。

コンクリート製のカマドで二段式のグリルになっていますが、下段のグリルはありませんでした。

カマド用のレンガはありませんので、焚火で利用する際は石などを使って少し工夫が必要です。

公園内には木々が茂っていますので、たくさんの落ち木があります。薪集めには、それほど苦労はしないと思います。

樫葉オートキャンプ村(旧)のカマド

【お手洗い】

トイレは公園内の坂道を一番下まで降りた所にあります。

入口から真っ暗なので、入るのに多少の勇気が必要です。そして、トイレ内にはソーラー発電のスポットライトが便器を薄暗く照らしてくれるので更に怖い。

でも、慣れると意外と快適です。壁面や床面は綺麗なタイル貼りで枯れ葉や虫は多少いますが、利用者が少ない為か比較的に綺麗な水洗トイレです。 男女兼用のトイレでトイレットペーパーはありませんでした。

樫葉オートキャンプ村(旧)のトイレ

【旧シャワールーム】

旧シャワールームはトイレ棟に併設されています。

一見すると左のドアは女性用トイレで右のドアは男性用トイレと思ってしまいますが、左のドアを開けるとシャワールームになっていました。

ボイラー式の温水シャワーのようですが、現在は使用できません。

樫葉オートキャンプ村(旧)の旧シャワールーム

【管理棟】

管理棟は旧キャンプ場入口にあります。

樫葉オートキャンプ村は平成27年4月1日から自然公園として開放されているので、現在はキャンプ場として管理されていないようです。 看板に明確な管理者は書かれていませんでしたが、おそらくは役場が管理されているのだと思われます。 キャンプ適地として利用する際は、必要最低限のマナーは厳守ですね。

管理棟に管理人は常駐していないようですが、管理人さんがいる場合は指示に従ってくださいとの事です。

建物の裏には綺麗な薪が積まれていました。管理棟には煙突もあったので薪ストーブがあるのかも知れませんね。

樫葉オートキャンプ村(旧)の管理棟

【あずまやスペース】

管理棟北側の道路に面した場所には屋根付きの休憩スペースがあります。

テーブルとベンチが設置してあり、屋根は透明なポリカーボネート製なので明るく開放的な雰囲気です。

近くには立水栓と散水ホースもあります。ここも最初は泥水が出ましたので、しばらく水を出しておくと綺麗な水になります。 上のサイトを使う時は、ここの水場が近くて便利です。

樫葉オートキャンプ村(旧)の東屋スペース

【白水滝の入口】

夜間にテントの外から滝の流れる音が大きく聞こえてきます。

ここから300メートルほど離れた場所に白水の滝への入口があり、急流の沢川が流れています。 砂防堰堤の絶壁がある急流なので子供を遊ばせるには注意が必要ですが、大人が川で涼むには最適な場所です。

案内看板から20~30分ほど山道を歩いたところに落差約60mの白水滝があります。

樫葉オートキャンプ村(旧)の近く白水滝の入口

【猪鹿除け防護ネット】

旧キャンプ場の入口には猪鹿除け防護ネットが張られているので、害獣が入れないようになっています。

ネットの右側のポールを地面から引き抜くと簡単にネットが外れます。 このネットがあるおかげで、夜は安心して眠ることができます。

あと、540円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから21kmほど離れた場所にある 南郷温泉山霧 で日帰り入浴ができます。

樫葉オートキャンプ村(旧)の猪鹿除け防護ネット

【2018年 8月の情報】

ここは標高が高く、近くに大きな沢が流れているのでとても涼しく過ごせます。朝方は寒くて長袖を着用したほど。

日当たりの良い場所は雑草が多かったですが、砂利地なので簡単に雑草を引き抜くことができました。

ここへ来る途中に道路へ飛び出した鹿に遭遇しました。入口に猪鹿除け防護ネットがあるだけで、とても安心して眠ることができます。

暗くなってからも道路を通行する軽トラがいましたが、夜間はまったく人気がなくとても静かです。周辺には明かりが無いので星空もきれい。

2018年 8月の樫葉オートキャンプ村(旧)

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

樫葉オートキャンプ村(旧)
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。