新平ヶ原公園キャンプ場

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:山口県周南市・標高約289m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:周南市新南陽総合支所 地域政策課
  • 地 面:裸地・草地のフリーサイト(林間・河川敷)
  • 駐車場からサイトまで:車両の横付け可能
  • 炊事場:あり(屋根なし)
  • かまど:あり(屋根付き)
  • トイレ:水洗式・身体障害者用あり
  • きれいな川で泳げます(浅瀬あり)
  • 夏は利用者が多く、激混み
  • 春は桜がきれいです
  • 都市部から離れているのでとても静かです

※初回2013年 8月に訪問

スポンサーリンク


【施設について】

このページの情報は訪問当時のものになります。無料キャンプ場の中には炊事場やトイレが破損して、電灯が点かなかったり水が出なかったり、または施設自体が無くなっている場合もございます。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。

キャンピングカーやワゴン車での車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

新平ヶ原公園キャンプ場

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

グーグルマップを読み込み中…

目的地点を読み込み中…

このページの上部にある航空画像マップの右下にあるズームボタンを使って詳細を確認すると便利です。

2番目のマップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は周南市北西部に位置する高瀬湖北岸にあります。 周囲に民家はなく、とても静かな場所で携帯電話(au)も圏外。花見、川遊び、雪景色と一年を通して楽しめる自然豊かな場所です。 中国自動車道と平行に通っている県道9号線から入ると近い。「島地川ダム周辺の案内」の看板が目印。 公園のトイレの横に駐車場がありますがキャンプ場はその下にあります。そこから、ぐるっと回って小さな橋を渡ると車で進入が可能です。

テントサイトは公園内の舗装路の両サイドにある木立の中とその先にある一段下がった場所の日当たりの良い広い河川敷にあります。 裸地と草地のフリーサイトで、フラットな地面なので問題なくテント設営ができます。 夏は、この広いキャンプ場に所狭しとテントが立ち並んで大混雑しますが、それ以外の期間は利用者が少なくて静かにキャンプを楽しむことができます。

新平ヶ原公園キャンプ場のサイト全景

【炊事場】

炊事場はキャンプ場入口の橋を渡って、すぐ右手の高台にあります。

露天のコンクリート製シンクで、流し台の中央部分がテーブルスペースになっています。 蛇口の水は井戸水のようです。水質検査はしていないようなので飲用時には煮沸が必要です。

以前は手押し井戸のポンプから水が出ていましたが、2015年春に訪れた時は出ませんでした。

多目的トイレの横にも水道があります。こちらは屋根のひさしがあるので雨の日でも濡れずに済みますがサイトからは長い階段を登らなければなりません。 駐車場で車中泊をされる方なら使い勝手が良さそうです。

新平ヶ原公園キャンプ場の炊事場

【かまど】

洗い場の隣にはカマド棟があります。

囲炉裏のようなタイプのカマドで、両サイドに赤レンガで枠を組んだだけのシンプルな構造です。

幅広のカマドで棒状のグリルが設置されていますので、焚き火での調理もやりやすいです。屋根もあり、背面のブロック塀も高いので雨の日でも安心して焚き火が楽しめます。

周囲には薪になる木の枝もたくさん落ちています。川に行けば薪になりそうな流木が溜まっていることもあります。

新平ヶ原公園キャンプ場のカマド

【お手洗い】

テントサイトから長い階段を登ったところにある公園駐車場にトイレが設置されています。

比較的にきれいな男女別の水洗トイレです。夜間は照明も点灯するので安心。

一般トイレの隣には鉄筋コンクリート造りの身体障害者用のトイレも併設されています。 この多目的トイレには男子幼児用の小便器や折り畳み式のおむつ替えベッド、幼児用チェアーなどが備え付けられています。トイレ内はとても広い。 そして、電熱便座付きなので冬でも暖かくて快適。

なお、冬場は水が出ないこともありますので予備の水は用意しておいた方が良い。

新平ヶ原公園キャンプ場のトイレ

【島地川】

島地川の清流が島地川ダムで堰き止められた高瀬湖に流れ込んでいます。ここは上流なので水質もそこそこ綺麗。 水温がそれほど低くないので泳ぎやすく、夏は大勢の家族連れが来て水遊びを楽しんでいます。

飛び込みができるほどの深い場所はありませんが、堰き止められた河川プールのようになっているので、小さなお子さん連れの方は安心して子供を水遊びさせる事ができます。

新平ヶ原公園キャンプ場の前を流れる島地川

【雪のキャンプ場】

冬の雪景色も美しい場所です。

桜の枝に雪が降り積もり、とても綺麗でした。

オフシーズンは、キャンプ利用客が少ないので静かなキャンプが楽しめます。

ただ、道路には雪による倒木も多く、キャンプ場へ進入するにはそれなりの装備が必要。携帯電話も圏外ですし。

そして、キャンプ場施設の水は凍結しているので出ません。持参した予備の水の凍結防止対策も必要です。

新平ヶ原公園キャンプ場の雪景色

【奥のサイト】

木立の中にあるサイトを抜けると一段下がった場所に広いサイトスペースがあります。

こちらはとても日当たりが良いのでテントやタープの乾燥も早い。

水場とトイレがかなり遠くなるので、少々不便ですがシーズンオフは利用者が少なくて過ごしやすい。

でも夏のシーズン中はここも所狭しとテントが立ち並びます。

新平ヶ原公園キャンプ場の奥のサイト

【駐車場】

駐車場はトイレの横にあります。 県道9号線から脇道に反れてキャンプ場へ向かって行くと右手に公園の駐車場が現れます。 そこから10メートルほど階段を降りるとキャンプ場ですが、車で進入するには200メートルほどの距離があります。 車両で行くには駐車場の先にある島地川を一度渡り、ぐるっと右カーブして坂道を下り、もう一度小さな橋を渡って島地川を渡ります。

あと、キャンプ場から13kmほど離れた場所にあるロハス島地温泉で日帰り入浴が可能です。

新平ヶ原公園キャンプ場の駐車場

【2013年 8月の情報】

お盆の時期でしたので大変混雑していました。昼間は川遊びに訪れる方がとても多かったです。 サイトからトイレに行くには長い階段を登らなければならないのが少々難点ですが、ロケーションが良いので過ごしやすい。

沢沿いなので夏でも明け方は涼しくなります。

キャンプ場の入口にある橋の近くに熊の目撃情報を警告する看板がありました。食材やゴミの保管場所には注意が必要ですね。

2013年8月の新平ヶ原公園キャンプ場

【2015年 4月の情報】

標高の低い場所の桜はすっかり散っていましたが、島地川ダム貯水池の桜は見事に満開から散り始めの見ごろを迎えていました。

風が吹くとハラハラと雪のように桜がテントに降ってきます。

夏には多くのキャンパーが訪れていて木陰のテントサイトはテントを張るスペースが無いほどでしたが、今回は貸切状態でお花見キャンプを楽しめました。

あと、熊出没注意の看板は撤去されていましたね。

2015年4月の新平ヶ原公園キャンプ場

【2016年 8月の情報】

お盆の最終日に利用しましたがキャンプ利用客は、まばらで混み合ってはいませんでした。

ただ、団体さんのグループが近くで宴会キャンプをしており、夜の10時半ごろまで発電機がうなり続けていました。

昼間は気温が上がって暑くなったりしましたが、川で泳いだり突然の雷雨があったりして、涼しくキャンプを楽しめました。

2016年8月に訪問:新平ヶ原公園キャンプ場

【2017年 1月の情報】

標高の割には意外と雪が積もり、雪中キャンプを楽しむことができました。 夜のテント設営時に木の下に張ってしまったので、枝に積もった雪が一晩中ドサドサとタープに落ちてきて超うるさかったです…
でも翌日は天気が良く、青空の下で子供と一緒に雪遊びをして過ごしました。

県道9号線から分岐してキャンプ場へ続く道は細く、積雪で倒木や雪だまりがあります。除雪作業などはありませんのでドカ雪時には要注意です。

なお、水は炊事場もトイレも全く出ませんでした。

2017年1月に訪問:新平ヶ原公園キャンプ場

【2018年 2月の情報】

今回、キャンプ場へ訪れると、入口に「千石岳中継局工事に伴い荷上用のヘリポート設置」と書かれた看板がありました。

木陰のサイトには道の両側に沢山の杭が打たれており、テントを張るスペースがほとんどなくなっています。トイレもすべて閉鎖されていて、当面の間は公園の利用ができないようです。

一段下がった場所にある河川敷の広いサイトには荷上用の臨時ヘリポートが設置されています。

工事予定期間は平成30年1月上旬~3月上旬だそうです。

2018年2月の新平ヶ原公園キャンプ場

【2018年10月の情報】

キャンプ場は7月26日から利用が再開しました。

以前はキャンプ場の入口にある橋の手前までしか舗装されていませんでしたが、今回訪れるとキャンプ場の中央に舗装された公園内道路が敷かれていました。 この道路は奥にある日当たりの良いサイトの突き当りまで続いています。

少々自然の醍醐味が薄れましたが、車の走行による砂ぼこりや走行音も低減されるのではないでしょうか。

水道も復活したので炊事場もトイレも今まで通りに利用ができます。

2018年10月の新平ヶ原公園キャンプ場

【上空からの写真】

上空から見た衛星画像を表示しています。リアルタイムな写真ではないので現在の風景とは違う場合もあります。

撮影した季節によって、新緑、紅葉、雪景色など雰囲気が違って感じますが、ご参考までに。

衛星画像を読み込み中…

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

経路を読み込み中…

現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内をグーグルマップで表示しています。

androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本ではキャンプをしていても危ない目に遭遇することは少ないと思いますが、無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多いので防犯や災害には十分に注意をしてください。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
身の危険を感じたらすぐにスマホやラジオ等で天気予報、地震情報、ダムの放流情報で情報収集をなさってください。

最近は道の駅を利用して車中泊をされている方の情報がインターネットで手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
あと高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。