(※)

轟の滝キャンプ場(旧)

  • 座 標:中心座標を読み込み中…
  • 所在地:高知県香美市・標高約324m
  • 利用料:無料
  • 問合せ:香美市役所香北支所地域振興課
  • 地 面:草地のフリーサイト(山間・沢沿)
  • 駐車場からサイトまで:徒歩(約)1.5分
  • 炊事場:なし
  • かまど:なし
  • トイレ:汲取式(観光客用のトイレ)
  • サイトは川沿いにある日当たりの良い草地
  • キャンプ場入口は橋の東側にあります
  • オフ車ならばサイトまで進入できそうです
  • 日本の滝100選に選ばれた「轟の滝」は必見

※2018年 8月の情報

経路を読み込み中…

ブラウザが位置情報を認識している場合は現在地からこのページに掲載している野営地までの道順案内が表示されます。

Androidのスマホにグーグルナビがインストールされているされている場合は自動でアプリが立ち上がることがあります。

iPhoneの場合は別ページで表示されます。その時にgoogleマップアプリもしくは引き続きウェブ版を使うかを選択できます。

【施設について】

このページの情報はリサーチ時のものになります。 以前は無料で利用できたキャンプ場が自治体の方針で有料化されてしまったり、宿泊キャンプが禁止になっていたり。 そして、炊事場やトイレなどが破損している事も。または電灯・水が使用不可だったり、施設自体が無くなっている場合もあります。

休日などは団体さんのキャンプと鉢合わせすることもありますので、キャンプ場を利用する前に管理する自治体等に詳細を尋ねてみる事をおすすめします。 車中泊で炊事棟を利用する場合も利用申請をしないと水が出ない場合もありますのでご注意下さい。

スマホをお使いの方ならキャンプ場の予約や問い合わせはLINE Out Freeの無料電話を使うと経済的です。

轟の滝キャンプ場(旧)

野営地の地図

(野営地の中心地点を表示)

目的地点を読み込み中…

マップの中心に表示された赤いピンはテントサイトの場所を示しています。

【テントサイト全景】

キャンプ場は香美市の北部を流れる物部川支流の日比原川沿いにあります。周辺は「轟の滝」の観光名所として駐車場や売店などが整備されています。 日本の滝100選に選ばれている滝なので平日でも日中は観光客が多い。 轟の滝までは、つづら折りの狭い道路が続くので走行にはご注意ください。

テントサイトは駐車場から橋を渡ってすぐ左へ曲がった場所にあります。 川沿いにある開けた場所で見晴らしの良い広場です。フラットな平坦地でテントを張るには問題ありません。 ただ、ここはもうキャンプ場としては手入れされていないようで炊事場も閉鎖されています。 定期的に草刈りはされているようですが、かなり雑草が茂っていました。 キャンプ場のそばを流れる沢へ降りれば水は手に入りますが、夏は雑草が生い茂っているので川へ降りる道がどこにあるのかわからない状態です。

轟の滝キャンプ場(旧)のサイト全景

【手洗い場】

川へ降りれば水は確保できますが、トイレの前に手洗い用の水道があります。

上水道がどうか分かりませんので、飲用が可能かどうかは不明。

手洗い用の石鹸も備え付けられています。

轟の滝キャンプ場(旧)の手洗い場

【炊事場跡】

キャンプ場に設置されている洗い場は水道の蛇口がすべて撤去されているので使用できません。

なので、飲料水等は事前に用意しておく必要があります。

轟の滝キャンプ場(旧)の炊事場跡

【お手洗い】

以前はキャンプ場にトイレがあったようですが、現在は何もありません。

川を挟んだ向かい側に観光客用のトイレがありますので、そこを利用させてもらいます。

昔ながらのボットン式トイレですが、床はタイル貼り、壁は板張りで清掃管理の行き届いた綺麗なトイレでした。

トイレットペーパーも完備されています。

轟の滝キャンプ場(旧)のトイレ

【テントサイト入口】

キャンプ場の入口は橋の東側にあります。

そこから上流沿いに60メートルほど歩いて行くとテントサイトがあります。

オフ車ならば入っていけそうな道ですが、駐車場からでも100メートルほどの距離なのでそれほど遠くはありません。

周辺を案内する観光地図や標識にキャンプ場の事は一切表示されていないので、現在はキャンプ場としては管理はしていないものと思われます。

轟の滝キャンプ場(旧)のテントサイト入口

【竹藪】

キャンプ場の奥には竹藪があります。

イノシシが出てきそうな雰囲気です。沢沿いなのでマムシなどもいると思われますので注意が必要ですね。

轟の滝キャンプ場(旧)の奥にある竹藪

【日比原川】

キャンプ場の前には綺麗な沢が流れています。

草刈り作業の時には川へ降りる道も綺麗にされているのだと思いますが、夏は雑草が茂っていて道がどこにあるのかわからない状態でした。

川へ降りる道さえ確保できていれば快適にキャンプが出来そうなのですが。

轟の滝キャンプ場(旧)の前を流れる日比原川

【滝の茶屋】

駐車場の向かい側には売店があります。

田舎そばや田舎こんにゃく、柚子饅頭などがここで買えるようです。ジュースの自動販売機もあります。

ここから「轟の滝」の展望所入口までは300メートルほどの距離があります。 舗装路をしばらく歩くと屋根付きの展望台があり、そこからは落差82mの三段になって流れ落ちる見事な滝つぼを見ることができます。 「日本の滝100選」に選ばれているだけはあり、滝好きでなくても一見の価値はあります。

桜や紅葉の時期には、ここへ訪れる観光客も多いようです。

轟の滝キャンプ場(旧)の滝の茶屋

【駐車場】

駐車場は日比原川の西側沿いにあります。他にもいくつか駐車場がありますがキャンプ場からはこの駐車場が一番近い。

あと、550円以下で利用できるお風呂の紹介として、ここから45kmほど離れた場所にある銭湯 潮湯、 もしくは40kmほど離れた場所にある銭湯 高砂湯 で日帰り入浴ができます。

でも、遠すぎるのでお風呂は事前に済ませておくのがベスト。 同じ香美市にある甫喜ヶ峰森林公園キャンプ場には冷水シャワーがあるので、そちらを利用する方が便利かも。

轟の滝キャンプ場(旧)の駐車場

【2018年 8月の情報】

木曜日の15時半ごろに訪問しましたが、駐車場にある売店はすでに閉まっていました。

テントサイトに続く道は人が頻繁に通っているような形跡があり、それほど雑草に覆われていませんでした。 草刈りは一か月前くらいには、されていたような感じの雑草の生え具合でした。

玉織姫にまつわる平家伝説のある「轟の滝」は見ごたえがあります。青く澄んだ水が流れ込む滝つぼは、とても神秘的です。

2018年 8月の轟の滝キャンプ場(旧)

野営地の詳細については、施設の使用に関しての問い合わせ、野営地の様子、洗い場、火気の使用場所、トイレ、駐車場からサイトまでの状態などに関して掲載しています。

施設の使用方法が変更になっていたり、掲載している情報が間違っている場合もありますが何卒ご了承願います。

関連記事

轟の滝キャンプ場(旧)
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

無料のキャンプ場には管理人が不在の場所が多く、災害に直面した際に身を守れるのは自分自身になります。

急な天候の変化による洪水、土砂崩れ、雪崩。地震による津波、崩落、海面水位の上昇など…
天気予報、地震情報、ダムの放流情報には常にご注意して防災対策をしてください。

最近はインターネットで道の駅を利用して車中泊をされている方の情報が手軽に調べることができるようになりましたので、ここではあえて道の駅の情報は掲載しておりません。
高速道路のサービスエリアやパーキングを利用するのも便利です。